【紅の豚】フル動画配信は観れる?無料視聴する方法を解説!

【紅の豚】フル動画配信は観れる?無料視聴する方法を解説!

この記事では、ジブリ作品「紅の豚」が、動画配信サービスを利用して視聴することができるのか、そしてそれ以外の方法だとどんなサービスがあって無料視聴ができるのかについて解説していきます。

 

「紅の豚」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ TSUTAYA DISCASは動画配信で取り扱いのない作品も観れる!/

>>無料期間中の解約で0円!<<

 

【紅の豚】動画配信で観れる?無料視聴する方法を解説!

 

「紅の豚」を観られる動画配信サービスの配信状況を下記の表にまとめました。残念ながら動画配信サービスでの取り扱いはありません。代替サービスとして、DVDレンタルができるTSUTAYA DISCASをおススメします。

30日の無料体験期間があり、期間内に解約することで料金は発生しませんが、個人的には、「紅の豚」以外にも人気ジブリ作品やその他動画配信をしていない作品なども豊富に観られるので暫くの間(2~3か月程度)は契約更新をされることをおススメします。

 

※各動画配信サービスの無料期間は、初回登録時のみ適用となりますのでご注意ください。

※この情報は、2022年1月12日時点の情報です。現時点では配信が終了している可能性もあるので、最新の情報は各動画配信サービスのウェブサイトにてご確認ください。

 

サービス名 配信状況 無料期間と
料金(税込)
TSUTAYA DISCAS DVDレンタル可 30日間無料
月額2,052円
TSUTAYA DISCASで
レンタルする
配信なし 31日間無料
月額2,189円
配信なし 2週間無料
月額1,026円
配信なし 2週間無料
月額976円
配信なし 初回お試し無料
月額550円
配信なし 2週間無料
月額960円
配信なし 31日間無料
月額440円
配信なし 30日間無料
月額500円
配信なし トライアルなし
月額990円~

 

動画配信サービスではありませんが、宅配レンタルのTSUTAYA DISCASであれば、30日間の無料期間もありますので、期間内に解約をすることで実質無料でdvdをレンタルすることができます。

以下、TSUTAYA DISCASについて解説しているので、参考までにお読みください。

【TSUTAYA TV】登録方法、料金&無料期間~解約までを解説!【TSUTAYA TV】登録方法、料金&無料期間~解約までを解説!

TSUTAYA DISCASには、定額レンタル8というプランがあり、30日間の無料期間があります。無料期間内に解約することで料金は発生しませんので実質無料でdvdをレンタルすることができます。

ただし、会員登録してから30日を過ぎると、月額料金2,052円(税込み)が発生しますのでご注意ください。

 

「紅の豚」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ TSUTAYA DISCASは動画配信で取り扱いのない作品も観れる!/

>>無料期間中の解約で0円!<<

 

【注意事項】違法動画はダメ!絶対!

 

「紅の豚」に限った話ではなく、数ある違法サイトでも作品によっては視聴することができます。

しかし、それらのサイトを利用することは、

  • 画質が荒い
  • 怪しい広告が多く、ウイルスに感染するリスクが高い

といったリスクにさらされます。

加えて、電子書籍の海賊版サイトでもあったように、現在では違法サイトを厳しく罰する風潮も強いですし、罰金刑や懲役刑を課される恐れがあります。

「映画館に行こう!」実行委員会日本民間放送連盟という団体が、映画館を中心に違法にアップロードされている動画は観ないようにという警告もしています。

特に、下の動画の「NO MORE 映画泥棒」のCMはご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか?

「映画館に行こう!」実行委員会:「NO MORE映画泥棒」劇場用CM動画

 

引用元「映画館に行こう!」実行委員会 公式YouTube

ですから、個人的にも違法サイト経由で動画視聴することはおススメできません。ですから、この記事にてご案内する動画配信サービスをご利用頂くことが最も安全でおススメできる方法となります!

 

詳しい内容につきましては、各団体のウェブサイトをご覧ください。下記のリンクからアクセスできます。

 

 

 

 

【紅の豚】感想

 

20代男性

ファシスト政権というものを一つのテーマとして掲げているような映画になっています。軍というものを捉えて平和というものをしっかりと伝えているような映画になっていて家族で見て欲しい映画だなと思いました。

主人公自体が真っ直ぐで信念があるような心を持っていて素敵だなと思いました。また、たまに別れが突然訪れることがあってそこが物語としてすごくキーになっていて面白さがさらに増しました。見た目も可愛らしくて素敵でした。

 

 

 

空を飛ぶ高揚感、種類が違うもの同士が交わるワクワク感、恋愛の切なさなど、いろいろな感情を体験できる作品だと思います。

空を飛ぶシーンが多いのですが、風になびく毛やプロペラや翼の細かい動きなどが驚くほどリアルに表現されていて、本当にこれは絵なのだろうかと目を疑うシーンが多々ありました。

ジーナとポルコの関係性はただの男女の関係ではないけれど、恋人同士でもない。この絶妙な関係性を最後まで崩さないところが大人っぽくて好きです。

20代男性

 

 

 

40代男性

主人公のポルコの生きるスタイルやセリフが渋くていいです。また、ポルコの声優役の森山周一郎さんの声も役にあっていて渋くて良かったです。

アニメーションもアドリア海のきれいな海にポルコの愛機の赤い飛行艇がマッチしていて、きれいです。

また、若い飛行艇制作女性技師のフィオとのやり取りや、ポルコの戦争での悲しい思い出を語るシーン、飛行艇での賭け勝負なのに最後に殴りあって決着という展開も軽快で面白いです。何度見ても飽きない作品です。

 

 

 

小さい頃は格好いい映画。大人になった気分を味わえるのが魅力な映画。そんなイメージを持っていました。多分その良さがイマイチわかっていなかったんだと思います。

でも、大人になった今見ると少しだけ気付ける部分が多くなった気がして、自分自身の変化を作品を通して実感できる。そこに、「紅の豚」の魅力が詰まっていると思います。

その思いから、年を重ねるたびに何度も見直したくなるスルメイカのような魅力のある作品。この先もずっと見続けると思います。

30代女性

 

 

 

30代女性

飛行艇はもちろん、空が好きな方にもおすすめのジブリ映画です。主人公のポルコは人間ではなく豚という驚きから始まりますが、序盤の飛行艇を見事に乗りこなすシーンを見ると一気に物語に引き込まれてしまいます。

舞台は大戦間期のイタリアですが戦いを描いたものではなく、ひとりの飛行艇乗りのストーリーを描いており、見る年代によって違った心情を抱くであろう、シンプルだけど味のある作品です。空を飛ぶシーンがたくさん出てくるので、自分も同じように飛べたらなぁと思ってしまいます。

 

 

紅の豚という映画はもともと短編映画として企画されたためか出だしからテンポの良い展開で勢いがあると思いました。原作は宮崎駿監督が模型雑誌で連載していた漫画が物語のベースのため、ややマニアックな描写があると思います。

とくにメカの描写が細かくて機械好きにはたまらない細かな描写がこの映画の魅力で一番の見せ所であると思います。時代背景が大きな大戦に向かっていくような雰囲気があり、少し暗い部分がありますが、当時の時代背景が細かく描写された映画だと思いました。

40代男性

 

 

 

30代男性

豚なのにダンディでカッコいい。そして男として憧れられる立ち居振る舞い、喋り方、言葉の選び方、どれをとっても秀逸としか言えない映画です。

豚をあれだけカッコよく描くことができるのは、さすがジブリ、宮崎駿監督と声を大にして言いたいです。ただ豚がかっこいいだけの話でもなく、時代考察がきちんとされていて、リアリティのあるキャラクター設定がされていることが根強い人気を保っていると感じます。

アニメーションの技術も優れていて、エンジンにつけたプロペラが高回転になると逆回りに見える人間の目の錯覚まで表現されていたシーンは何度見てもすごいと思います。

 

 

 

フィオの明るい性格がとても好きです。また女の子なのに飛行機に関してはかなりの情熱を持っているところが好きです。

またポルコに対しての気持ちも大きな愛情を持っているのもいいです。恋をしているのですが、それをポルコが豚でも何でもいいという気持ちをしっかり持っているところもしっかり者だなと思います。

また飛行機で最後に戦っているところは、男らしくてカッコいいです。本気の戦いってこれのことなんだなと思いました。

40代女性

 

 

40代男性

『紅の豚』はスタジオジブリ作品の中でも異例ともいえるファンタジー要素が皆無と言ってもよい映画です。

かつては人間だったと思われる主人公が豚の姿をしているという1点以外は、ストーリーやその他のキャラクター、舞台となっているイタリアに至るまですべてが現実の世界のできごとと言ってもおかしくない内容で、ストーリー展開もとてもシンプルで無駄がなく、淡々と物語は進んでいきます。

主人公が豚の姿になってしまった理由も最後まで明かされることはなく、結末についても、主人公はヒロインと結ばれたのかどうかハッキリと描かれていないので、観た人それぞれで印象や余韻が異なる、大人向きと言ってもよいジブリ作品です。

 

 

過ぎし日のヨーロッパ映画の匂いが充満。それが紅の豚です。中でも一番強い芳香が男のダンディズム。古き良き時代のそれ。

主人公ポルコのセリフ、「飛ばねぇ豚はただの豚だ」は秀逸です。小難しい理屈は傍らに置いて、雰囲気だけでもカッコイイじゃありませんか。

「夕べは何処にいたの?」「今夜会える?」と女に尋ねられ、「そんな昔の事は覚えていない」「そんな先の事はわからない」、と答えるハンフリーボガードの名セリフに匹敵するほどセクシー。

そして赤い飛行艇が飛ぶ煌めくアドリア海の遠景の美しさは、アニメの域を遥かに超えています。

50代男性

 

「紅の豚」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ TSUTAYA DISCASは動画配信で取り扱いのない作品も観れる!/

>>無料期間中の解約で0円!<<

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!