【NETFLIXバブル】ネタバレと感想!映画版との違いとは?

この記事では、NETFLIX映画の「バブル」のネタバレを含むあらすじと感想、映画版との違いについてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

【NETFLIXバブル】ネタバレを含むあらすじ

 

首都東京。かつては人口密集地として栄え、賑わっていたが、今ではその見る影もない。もはや廃れてしまっている。しかし、こうなったのには訳があった。

事の発端は5年前のある日、突如として世界に泡が降り注ぎ、今までにないこの現象によって世界中が混乱した。特に東京は被害が深刻で、泡によって巨体なドームが形成、それにより外部との接触が遮断されてしまう。

この結果、必然的に隔離状態に陥ってしまったため、みるみるうちに衰退の一途を辿った。更に追い打ちをかけるように、東京の中心部では原因不明の大爆発が起こり、各地では降り止んだ泡も継続、そのうえ重力異常が発生してしまったことも大きな痛手となる。

全世界から多くの科学者たちが集結し、原因究明を試みたが、その謎を解き明かすことは出来ず、やがて世界から見捨てられてしまう。それが今の東京の姿へと繋がっていった。

そして、東京は居住禁止区域に指定されたが、そこに不当滞在する少年たちが現れる。彼らは家族を亡くしていて、他に行く宛もない。そこでコミュニティを形成することが、その代わりのようなものだった。

ここは泡がドーム内の重力を操るため、彼らはその低重力、無重力を利用して廃墟内を飛び回っている。やがて「パルクール」と呼ばれるゲームを編み出し、それに興じるようになっていった。パルクールはフラッグを先に奪い取れば勝ちというバトルゲームになっていて、5対5のチーム戦で行われる。お互いに生活必需品を賭けていて、勝てば賞品として得ることができるし、負ければ逆に必要物資を失うため、そこでは真剣勝負が繰り広げられていた。

そんな彼ら若者たちを支援して、バトルのジャッジも行っていたのがシン。泡の現象研究をしながら、彼らと生活を共にしていたのがマコトだった。

そして今日は、「ブルーブレイズ」VS「電気ニンジャ」のバトルが行われている。ここにはアリジゴク(=赤い渦)と呼ばれる危険エリアがあった。これは重力異常によって発生したもので、水上に見られる。

それぞれのメンバーが軽快に飛び回っていたが、小柄だったウサギが危うくそこに落ちそうになってしまう。それを助けたのがブルーブレイズのヒビキだった。

彼は驚異的な身体能力の持ち主で、普段は決して仲間とは連るまず群れない。いつもヘッドホンをしていて、距離を置いている。それを人一倍心配していたのがマコトで、「あまり無茶をするようなら本部へ忠告する」と釘を刺していた。

そんなヒビキにはどうしても気になっていることがあった。夜になると怪しく光り、声が聞こえてくる東京タワー。その謎を解き明かすため、彼は一人でボートに乗り込み、その声のする方へと向かっていった。それを巡回中に知ったシンも、彼の後を急いで追いかける。

タワーは降泡現象の中心となったエリアであり、複雑な重力場がある。そのため多くの人々が挑んだが、全て跳ね返されていた。ヒビキもある程度は進んでいったが、「イケる!」と思った次の瞬間、体勢を崩してしまい水中へ落下。瓦礫に埋もれ溺れてしまいそうになる。

しかしそんな時、突如泡が少女の姿へと変わり、ヒビキのもとへ寄り添い、呼吸のための口づけを交わしたのだった。
薄れゆく意識の中で、目の前に突然現れた謎の少女を、まるで人魚のように感じるヒビキ。気が付くと陸の瓦礫の上に横たわっていて、その少女がこちらを見つめている。彼女は、ふとヒビキの唇に指で触れたが、その瞬間に指が泡となってしまった。そこへヒビキを探しに行ったシンが合流し、仲間のいる船へ少女共々戻ったのだった。

スポンサーリンク

この少女は特徴的な点が幾つかあり、まず動きが異常にすばしっこかった。その様子はまるで猫のようで、それを見た周囲を驚かせる。何でもかんでも興味津々で、取り敢えずここに住ませることが決まった。

そして彼女の名前を知らなかったため、ハミングしていたことを思い出したヒビキが、「ウタ」と名付ける。それを身振り手振りでジェスチャーしながら伝えると、彼女は本当に嬉しそうに喜んだのだった。そして、皆に懐くようにどんどん打ち解けていったため、その姿にシンも安心する。

ある日、マコトがウタに本の読み聞かせをしようと思い、選んでいると、ウタはアンデルセン童話の「人魚姫」を手に取ったのだった。マコトは「王子を助けたのに、泡になってしまう人魚の恋が残酷だ」と話す。しかし、ウタはそれに惹かれ、読んでもらうことを決める。

そしてその物語に自らを重ね、ヒビキに「王子様、ウタ、人魚姫」と話しかける。そんな様子に、ヒビキは水中での出来事を思い出してドキドキが止まらない。。ウタが言葉を発したことにも驚いたのだった。

ヒビキは東京タワーの爆発で被災した少年であり、それに心傷めながらも、みんなには内緒で、廃ビルの屋上を使ってガーデニングをしていた。そんな彼の後を追いかけて来たウタは、その花園を知ることになる。ヒビキがウタに「秘密だ!」と言うと、二人だけの秘密が出来たことに、ウタは心躍らせてワクワクする。

ガーデンはヒビキにとって特別な場所だった。穏やかな静寂で気持ちを和らげ、安らかな感覚を与えてくれる。彼がいつもヘッドフォンをしているのは、子供の頃から聴覚過敏症を持っていたからで、それによって母親とも上手くいかなくなってしまった。病院で検査しても原因は不明で、精神的に疲弊し、憔悴した母親は、ヒビキの施設送りを決める。

そして、その施設の東京タワー遠足の日に彼は被災し、大爆発に巻き込まれながらも、奇跡的に命を取り留めたのだった。その時の記憶は一切無くしてしまったが、聞こえてきた「歌」のことだけは何故か覚えているヒビキ。それをウタに話すのだった。彼女の前では不思議と心を開いていることを感じるヒビキ。そんな彼に対し、
ウタは屋上の端へと走り、「ララ〜ララ~」と歌い出す。そのまま二人は見事にシンクロし、歌声を合わせ、響かせたのだった。

そしてフィニッシュの後に、ヒビキがウタにハイタッチを求めたが、彼女は悲しい顔をしてそれを拒んだ。ウタは彼と触れたくても、彼とだけは触れられないのが辛い。まるで人魚姫のように泡と化してしまう。

この時ヒビキは、「あの歌の主がウタなのではないか?」と思い始めていた。二人を巡ってストーリーは進んでいく。

スポンサーリンク

 

【NETFLIXバブル】感想

 

 

 

【NETFLIXバブル】映画版との違いは?

 

(映画版公開前の意見となります)

映画版とNETFLIX版での違いは、特にないんじゃないでしょうか?ジブリの某CG作品も映画公開前にNHKでテレビ放送されましたが、それとニュアンスが近いんじゃないでしょうかね?

強いて言うなら自宅で観る場合と、映画館の迫力ある映像や音響との違いくらいでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!