【映画バイオハザード】サイコロステーキ先輩とは?特殊部隊のメンバー全員を暴露!

アニメや漫画「鬼滅の刃」で読者や視聴者の注目をかっさらったサイコロステーキ先輩には、実は先駆者がいたのです!

それは、映画「バイオハザード」の序盤に登場するレーザートラップの餌食となってしまった、アンブレラ社より派遣された部隊の隊長さんが先駆者にあたります。

鬼滅の刃でのサイコロステーキ先輩は、イケイケな感じでしたが、映画バイオハザードでのサイコロステーキ先輩は、部下想いの面倒見の良い感じだっただけにちょっとかわいそうな感じもします・・・

この記事では、映画「バイオハザード」に登場したサイコロステーキ先輩について、特殊部隊のメンバーとレーザートラップなども踏まえて解説していきます!

 

スポンサーリンク

 

【映画バイオハザード】サイコロステーキ先輩が登場したレーザートラップとは?

 

 

映画やゲームのバイオハザードではおなじみのトラップのひとつである「レーザートラップ」は、侵入者を足止めするためのものだと思われますが、

上下左右、それに加えて網目のような形状にも変化することができるうえに、侵入者をいとも簡単に切断してしまうという恐ろしいものなんです・・・

映画版では、1作目のみならず3作目・5作目・ファイナルにも登場していますし、ゲーム版でも4と6、アンブレラ・クロニクルにも登場しているほど、出現頻度の高い罠でもあります。

恐らくは、映画版の1作目(2002年)に登場したものが最初となるはずなので、ゲーム版は4が初登場(2005年)なので、逆輸入のような形になっています。

しかし、あのシーンを観るたびに残酷な描写ではあるんだけど、サイコロチャーシューを思い出してしまうのは僕だけでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

【映画バイオハザード】サイコロステーキ先輩率いる特殊部隊のメンバーまとめ

 

 

アンブレラ社特殊部隊とは?

 

まず、アンブレラ社による独自の部隊のひとつであり、表には出せないような任務を遂行するために編成されています。

映画版に登場した部隊もS.T.A.R.S.を名乗っていましたが、ゲーム版と同様ではなく、飽くまでも地下組織”ハイブ”を調査するために編成された部隊となります。

ちなみに、映画版「バイオハザードⅡ アポカリプス」には、ゲーム版と同様に警察署に併設されたS.T.A.R.S.が登場しています。

 

 

アンブレラ社特殊部隊メンバー

 

 

ジェームス・P・シェイド(One@初代サイコロステーキ先輩):コリン・サーモン

 


引用元 Wikipedia

演じていたのはイギリスの俳優:コリン・サーモン。俳優業を志す前は、なんとパンクバンドに在籍していた。(ドラマーとして)

生年月日は1962年12月6日で、2021年3月時点では59歳。映画「バイオハザードシリーズ」以外には、007やAVP(エイリアンVSプレデター)、パニッシャー:ウォー・ゾーン、ドラマ「ARROW」などアクションよりの作品に多数出演歴がある。

映画バイオハザードで演じた役柄は、アンブレラ社らしからぬ?!情に厚いところがあり、リーダーシップにも優れていそうな人物だった。

レーザートラップにかかった時も、優れた身体能力でレーザーの攻撃をかわしていたが、部下のカプランがあと少しのところで解除できそうだったところで網目のようなレーザーによってサイコロステーキのような姿にされてしまう・・・

ちなみに、映画:バイオハザードV リトリビューションにはクローンとして再登場して、バリー・バートンと銃撃戦を繰り広げた後に戦死している。

 

 

レイン・オカンポ(Rain):ミシェル・ロドリゲス

 

引用元 Wikipedia

レインを演じていたのは、女優のミシェル・ロドリゲス。生年月日は1978年7月12日。プライベートでは破天荒なところがあり、バイオハザードで演じていた男勝りなキャラと大差はない印象か?!

バイオハザードシリーズ以外には、ワイルドスピードやアバターなどの大作にも出演歴がある。

レインは気が強くて男勝りな性格ではあるものの、劇中ではアリスと意気投合して共に脱出を目指していた。しかし、アンデッドに噛まれた結果T-ウィルスに感染してしまった為、終盤ではゾンビ化してアリスに襲い掛かった。

バイオハザード4:アフターライフでは、クローンとして再登場。2人の役を演じていて、ひとりは気弱な一般市民と、もうひとりはレインのような男勝りなタイプだった。

4作目のラストでは、プラーガを投自らの身体に投入してドーピング的な強さを誇り、アリス達を苦しめたが彼女の機転によって氷上下に落ちてしまい、水中にいたアンデッドたちに引き込まれてしまう最期を遂げた。

 

 

 

チャド・カプラン(Kaplan)

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!