【Amazonプライムビデオ】視聴履歴の削除方法を解説!

動画配信のAmazonプライムビデオでは、
複数の端末で同時視聴をすることが
できるものの、

残念ながらアカウントはひとつしか
使うことができないため、

アカウントを使いまわしにせざるを
得ないので、

たとえば家族や友人などに視聴履歴を
観られてしまうリスクがあります。

そこでこの記事では、Amazonプライムビデオの
視聴履歴を削除する方法について、
各デバイスごとにご案内をしていきます!

 

 

 

視聴履歴と削除方法(パソコン)

 

Amazonプライムビデオで視聴を始めると、
視聴した作品の履歴をもとに「おすすめ作品表示」
などにデータが反映されます。

また、気になる作品の詳細をチェックするために
作品をクリックしたときにも「表示履歴」が
残ってしまい、

作品を視聴した履歴が残ってしまうので、
もし自分以外の第三者と使いまわしで
利用していた場合は、

作品を観た履歴があるために、どの作品を
観たのかがわかってしまいます。

ここでは、どのようなかたちで履歴が
残ってしまうのかについて、
履歴の種類をまとめていきます。

 

 

➀「視聴履歴に基づくおすすめ」

 

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

Amazonプライムビデオで動画作品を観ると、
上の画像のように「視聴履歴に基づくおすすめ」
というコーナーのようなものが表示され、

上の画像ではおすすめのあとに
「コンフィデンスマンJP」と作品名が
書かれていますが、

「コンフィデンスマンJP」に類似した作品が
一覧として表示されているわけです。

この履歴については、次に解説している
「次に観る」の方法で削除することが
できます。

 

②「次に観る」

 


引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

ドラマやアニメなどのように複数の話がある作品を
観たり、ウォッチリストに追加した場合に
表示されます。

これは、途中でストップした話の続きから、
もしくは次のエピソードから観られるという
仕組みになっています。

この履歴の消し方は、上の画像のように、

  1. 「編集」をクリック
  2. 作品の真ん中に表示される✖マークをクリック

という流れで個別に削除する、

または視聴履歴を削除することで、
「次に観る」からは表示されなくなります。

 

 

 

③ウォッチリスト

 

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

ウォッチリストとは、上の画像のように、
Prime Video内の項目にある「マイアイテム」
をクリックすると表示されます。

また、ウォッチリスト内では、
これまで視聴した作品が確認できます。

なお、このリスト内にある作品は、
個別に削除することができます。

「ウオッチリスト」内にある
削除したい作品を選び、選択すると、

右下のほうに「削除する」という
ボタンが表示されるので、
そのボタンをクリックするか、

削除したい作品をクリックして、
下の画像のように作品のページに進み、

「ウオッチリストからシーズンを削除する」
をクリックします。

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

すると、「視聴履歴に基づくおすすめ」には
表示されなくなります。

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

 

 

④「表示履歴」

 

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

Amazonプライムビデオ内の作品をクリックして
内容を見ると、自動的に「マイストア」内にある
「表示履歴」に作品名が表示されます。

アクセスの方法は、

  1. アカウント&リスト
  2. アカウントサービス
  3. アカウントサービスの下のほうにある、
    閲覧履歴
  4. 閲覧履歴を表示するをクリック

という流れでアクセスできます。

仮に➀~③の方法で視聴履歴を消したとしても、
この表示履歴は残っているため、別物として
とらえる必要があります。

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

この表示履歴の削除方法ですが、
削除したい作品の右下にある、

「表示から削除」をクリックすると
「閲覧した商品」から履歴を消すことが
できます。

これによって、「視聴履歴に基づくおすすめ」も
表示されなくなります。

 

 

視聴履歴と削除方法(スマホ)

 

まず、お持ちのスマホに既にAmazonの
アプリをダウンロード済の方に
ご注意頂きたい点から解説を。

アプリを既にダウンロードしていると、
検索結果からウェブサイトにアクセス
しても、

アプリ版の画面へのアクセスと
なってしまいます。

そこで、まずは検索結果のページで
Amazonのウェブサイトを長押しして
タップします。

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

すると、上の画像のように、Yahoo!の場合は
「Chromeで開く」という表示が出るので、
これをタップすると、

アプリではなくブラウザのサイトに
アクセスすることができます。

Googleの場合は「新しいタブで開く」
という表示をタップします。

 

 

 

Amazonのモバイルサイトに
アクセスをして、
表示をPC版に切り替えます。

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

すると、画面の表示がパソコン版と同じに
なります。履歴の削除方法は、パソコンの
方法と同じになるので割愛いたします。

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

 

また、PC表示からモバイル表示に戻す場合は、
画面下にある「Amazon.co.jp モバイルサイト」の
文字をタップすると元に戻すことができます。

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

 

アプリ版での削除方法

 

アプリ版では、アプリ上に表示される
視聴履歴のみを削除することができます。

「次に観る」「視聴履歴に基づくおすすめ」に
表示されている作品の中から、

削除したい視聴履歴の作品を選択して
長押しすると、

メニューが出てくるので、
メニューの下のほうにある「リストから削除」
をタップすると削除することができます。

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

 

これによって、「次に観る」「視聴履歴に基づくおすすめ」
からは履歴を削除することができます。

 

 

 

Amazonプライムビデオの閲覧履歴をオフにする設定

 

Amazonプライムビデオで作品を視聴するには、
「視聴履歴」を残さずにはできず、

どうしても視聴履歴が気になる場合には、
視聴した後にひとつずつ履歴を消す以外の
方法のみしかありません。

しかし、ここから解説をする「閲覧履歴」を
オフにする設定であれば、

履歴をひとつずつ消す作業をせずとも、
閲覧履歴を表示させないようにできます。

閲覧履歴のアクセスですが、

  1. アカウント&リスト
  2. アカウントサービス
  3. アカウントサービスの下のほうにある、
    閲覧履歴
  4. 閲覧履歴を表示するをクリック

という流れでアクセスできます。

閲覧履歴のページにアクセスできたら、
下の画像のように、画面右上にある
「履歴を管理」をクリックします。

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

すると、下の画像のように
「閲覧履歴のオン/オフ」という表示が
現れるので、

クリックしてオフにすると閲覧履歴の
表示そのものがされなくなります。

 

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

 

 

実は子アカウントを作れた!

 

以前は、一つのアカウントを使いまわしする
ことでしか第三者との共用はできません
でしたが、

2020年8月時点では、ひとつのアカウントで
最大6つのユーザープロフィールを
作成することができます!

つまり、ひとつのアカウントで、
最大5つの子アカウントが運用できる
ということです!

手順ですが、まずトップ画面右上のほうに
ある「人」に似たアイコンをクリックします。

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

その後、ドロップダウンが表示されるので
「新規追加」をクリックします。

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

その後、追加アカウント作成の画面に
切り替わります。

追加アカウントの対象の方が12歳未満の
場合は、

「お子様のプロフィールですか?」
の右側にあるボタンをクリックして、
フィルタリングをかける設定ができます。

ここでは、「お子様のプロフィールですか?」
には該当しないので、チェックを入れず、
名前を入力したら「変更を保存」をクリックします。

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

これで、アカウントの追加は完了です!

ちなみに、追加したアカウントは、
トップ画面の「人」のアイコンを
クリックすると確認できます。

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

また、追加したアカウントを削除したい
場合は、「プロフィールを編集」を
クリックして、

削除したいアカウントを選んで
クリックすると削除できます。

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

このように、子アカウントを運用させる
ことで、親アカウントをのぞかれる
心配は少なくなりますが、

それでも万が一親アカウントを
のぞかれてしまう可能性がない
わけではないので、

上記の方法で、履歴はこまめに削除
しておくことをおススメします。

 

 

 

さいごに

 

この記事では、Amazonプライムビデオの
視聴履歴を削除する方法や、

子アカウントの使い方についての
解説をしてきました。

U-NEXTのように、完全に親アカウントの
視聴履歴を表示させなくするといった
機能はありませんが、

それでも以前はなかったものの、
現在では最大6アカウントまで
運用できるようになったのは嬉しいですね!

たった月額500円という安さを考えたら、
なかなかコスパが良いのではないでしょうか?

登録は、下のリンクからできますので、
これを機にご利用になってみては
いかがでしょうか?

↓       ↓       ↓

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!