【2022年最新】ゾンビ映画名作おすすめ50選!コメディから怖い作品まで!

映画や海外ドラマのなかでも、地味に?!人気があるジャンルと言えば「ゾンビ」ではないかと個人的に思います。

日本でも、海外ドラマの「ウォーキング・デッド」や、ゲーム「バイオハザードシリーズ」も人気が高いです。

また、「ウォーキング・デッド」や「バイオハザードシリーズ」がきっかけで、ゾンビ映画に興味を持った方もおられるのではないかと思います。

そこで、この記事ではゾンビ映画について、名作から話題作まで選りすぐりの作品をランキング形式でご案内していきます!

この記事をお読みいただくことで、どのゾンビ映画がおすすめなのかがわかるようになりますので、最後までお付き合い頂けると嬉しいです!

 

 

目次

ゾンビ映画おススメ50選!【2022最新】

 

ここからは、ゾンビ映画をランキング形式でご案内していきます。選りすぐりの50選となっているので、お気に入りの1作が見つかるかもしれませんね?!

注意

※作品によっては、動画配信サービスにて視聴できるものもありますが、情報は2022年7月11日時点のものとなりますので、最新の情報は各サービスの公式サイトにてご確認ください。

 

 

第51位 バイオハザード ウェルカムトゥ ラクーンシティ

 

 

制作国 アメリカ
製作年 2022年
上映時間 107分
評価(filmarks) 3.2

 

40代男性

結論から言うと、ミラジョボビッチ版のほうが華やかさがあって楽しめたかなという感じ。基本的にはゲームに忠実なストーリーなのかと思いきや、なぜかリサ・トレヴァーとクレアが仲良しという設定や、「コレジャナイ!」と感じさせるキャスティングによくカプコンがOK出したな~という感じがしました。

バイオハザードという世界観を抜きにしたら、B級感は否めませんがそこそこ楽しめるんじゃないでしょうか?派手なアクションを観たい方は、ミラジョボビッチをおススメします。

 

※2022年7月10日時点では399円かかりますが、初回登録時に貰える600ポイントで視聴できます!

 

 

第50位 インド・オブ・ザ・デッド

 

 

恐怖と爆笑の痛快エンタテインメント作品が日本へ上陸!失職したハルディク、失恋したラヴ、そして彼らに巻き込まれた憐れなバニーは、ムンバイから「ヒッピーの聖地」として知られるビーチリゾート、ゴアを訪れる。3人は離島を会場としたロシア人マフィア主催のレイヴパーティーに忍び込むが、そこでお披露目された新型ドラッグは、食べた者がゾンビ化するという、とんでもない代物だった…!

 

制作国 アメリカ、アナダ
製作年 2009年
上映時間 90分
評価(filmarks) 2.9

 

 

20代女性

クオリティはB級ですが、最後まで勢いがあるので楽しめました。全体的に明るくコメディ要素もあるので、クスッと笑いながら見れます。低予算なので粗い部分もありますが、それも魅力ですね。インド映画としても、ゾンビ映画としても楽しめる作品ではないでしょうか。グロ描写はありますが、痛々しい映像ではありません。テンポが良いのでとても見やすかったです。

 

 

 

第49位 サバイバル・オブ・ザ・デッド

 

 

巨匠、ジョージ・A・ロメロが手掛けた『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』の後日談的作品。ゾンビが人間を襲う衝撃的ニュースから4週間、世界は死者が跋扈する地獄と化していた。そんな中、元州兵のサージたちは“安全な島”の噂を聞き…。

 

制作国 アメリカ、アナダ
製作年 2009年
上映時間 90分
評価(filmarks) 2.9

 

30代女性

B級ゾンビ映画という感じです。その強いイメージの中でも、人間とゾンビの戦いは、しっかりあり、今のゾンビたちは、足がはやかったりしますが、この映画のゾンビは、走りも遅いです。でも私の中では遅いイメージなので、これがゾンビ映画だと思います。しかし、バイオハザードみたいな映画とは、違うので物足りなさも多少あります。内容も本当にシンプルです。ゾンビの、特殊メイクはイマイチでした。シンプルに見るという感覚で視聴するといい映画です。

 

 

 

第48位 ゾンビの中心で、愛をさけぶ

 

created by Rinker
¥3,344 (2022/12/07 04:33:50時点 楽天市場調べ-詳細)

 

倦怠期の夫婦に突如世界の終わりが訪れるサバイバルラブストーリー。カレンとジョンの結婚生活は崩壊寸前。そんなある日、ゾンビ化する伝染病が発生し、感染は拡大していく。ふたりは感染しないようマンションに閉じこもり、救助を待つが…。

 

制作国 スウェーデン、デンマーク
製作年 2019年
上映時間 95分
評価(filmarks) 3.4

 

20代男性

ゾンビ映画にも関わらず基本的には恋愛要素が強いのが特徴的でそれが新しいなと思いました。夫婦の倦怠期の時にゾンビのパニックが起こってしまうのですが、ある部屋で閉じこもることによってお互いに好きが再燃するという映画でずっといることによっての愛情というのはあり得るのかなと思いました。この映画で付き合っている人にさらに尽くそうと思えました。

 

 

第47位 ゾンビ・ハイスクール

 

 

アメリカ屈指の名門リンカーン高校。いじめられっ子のエディは、いじめっ子のブラッド、学校一の美女でチアリーダーのジャネット、アメフト部のジミー、ゾンビ映画オタクのパンク少女ウィローらと一緒に補習授業に参加していた。すると突然、生徒の一人がうめき声を上げ苦しみ出す。そして保健室に連れて行こうとした先生に噛み付き、教室内は大騒ぎに。エディたちが外に逃げ出すと学校中の先生、生徒がゾンビと化していた!

 

制作国 アメリカ
製作年 2012年
上映時間 87分
評価(filmarks) 2.9

 

20代男性

ゾンビというものの怖さを感じるほかにも、学校でのパニック映画になっていてそのパニックさがリアルで良かったです。また、小学生たちがゾンビになっているのですが、小さいながらもゾンビなのでそこそこな戦闘力があるのでその怖さがありました。また、主人公の勇気と身体能力の案外ある感じがすごくびっくりしました。また、ストーリー的にもハラハラする展開が多くて良かったです。

 

 

第46位 最終感染 アンチ・ソーシャル

 

 

20XX年、大ヒット・ソーシャルメディア「レッドルーム」で突然発生した、SNSを媒介として人体に寄生するウイルスにより、「レッドルーム」に繋がった世界中の人間がゾンビ化。数少ない生存者たちは荒廃した世界を逃げまどっていた…。

 

制作国 カナダ
製作年 2016年
上映時間 92分
評価(filmarks) 2.6

 

20代男性

パンデミックサイトの続編で、感染の仕方がsnsという新しさがあってそこにまずびっくりしました。感染の仕方自体はウイルスの詳しいことは映画の中では特に描かれていなかったのでそこでの不満はありますが発想の新しさが良かったです。そこでどんどん感染が広がっていくのですが、その後はよくあるパニック映画でした。しかしながら、主演の男性の子供を思う気持ちが描かれていてよかったです。

 

 

 

第45位  フリークス・シティ

 

created by Rinker
¥3,591 (2022/12/07 04:33:50時点 楽天市場調べ-詳細)

 

『ソーセージ・パーティー』のジョナ・ヒルが製作総指揮を務めたSFホラーコメディ。アメリカの片田舎にあるとされる街・ディルフォードではヴァンパイアと人間、ゾンビが平和に暮らしていた。そんな街にUFOに乗ったエイリアンが襲来し…。

 

制作国 アメリカ
製作年 2017年
上映時間 92分
評価(filmarks) 3.4

 

30代女性

ファンタジーちっくな、ゾンビ映画だなと思います。また、ゾンビと人間と吸血鬼がでてくる映画になっているのですが、なかなかこいう映画は、ないなと思います。ましては、エイリアンもでてきますが、いろいろありな映画で、見ているうちに、怖いというか、笑えてきます。ついつい最後まで見てしまう、ゾンビ映画です。見る価値はあると思います。イケメン吸血鬼もでてきますし、不思議な世界観でおもしろさもあり、ハラハラもありました。

 

 

第44位 RE-KILL 対ゾンビ特殊部隊

 

 

人類の80%がゾンビ化した世界で、ゾンビ抹殺の使命を負った精鋭部隊の活躍を描いたアクションホラー。人をゾンビ化させるウイルスの感染を免れたN.Y.に、ゾンビが運び込まれていると知った精鋭部隊・R師団。真相を知るべくN.Y.に向かうが…。

 

制作国 アメリカ
製作年 2015年
上映時間 87分
評価(filmarks) 2.8

 

30代女性

ゾンビになった町に特殊部隊を送り込まれるのですが、若干画面は暗くなる部分があって見にくい場面もあります。また、ゾンビがかなり速いです。ゾンビが速いので銃でガンガン襲つところは、迫力があります。噛まれたらすぐ感染します。展開は、かなり速いので目が離せません。何千人ものゾンビが追いかけてくるシーンなんか、ドキドキが止まりませんでした。あんなの、絶対に無理と思いながら妄想しながら、見ていましたが、とにかく迫力はあるので面白かったです。

 

 

第43位 アイ・アム・レジェンド

 

 

ロバート・ネビルは、優れた科学者だが、彼でさえその恐ろしいウイルスを食い止めるすべを知らなかった。それは誰にも封じることができず、治すこともかなわず、しかも、人間が作り出したウイルスだった。なぜか免疫があったネビルは、荒れ果てたニューヨークでただ1人生き残っていた。3年間、彼は毎日無線で必死に他の生存者を捜してきたが…。

 

制作国 アメリカ
製作年 2007年
上映時間 100分
評価(filmarks) 3.4

 

40代男性

この映画では、ウィルスを感染していない人は主人公だけであとはナイトシーカーというゾンビ感染者しかいない世界でした。

今までの映画はゾンビ感染者が大量発生してたくさんの人を襲うパターンでしたが、この映画ではほぼ終わった世界の中でたった1人で生き抜きさらにワクチンを作ろうとする姿がとても痛々しくも僅かな希望を感じさせてくれます。

 

 

 

第42位 スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間

 

 

美しい女性があるきっかけからゾンビになっていく3日間を描くサスペンス・ホラー。女しか愛せない美女・サマンサは、恋人の冷たい態度に悩み、勢いで見知らぬ男性と関係を持ってしまう。だがその翌朝から彼女の身体に異変が起き始め…。

 

制作国 アメリカ
製作年 2014年
上映時間 84分
評価(filmarks) 3.2

 

20代男性

自分自身がゾンビになってしまうというような恐怖があるような映画でそれが見ていて飽きないです。新鮮さがあります。また、ゾンビに自分がなっていく過程でこの人はなんとか症状を抑えようと努力したり、恐怖に怯えたりするのですがその姿が本当に切なかったです。ゾンビになるというのはリアルに怖いなと思いました。

 

 

 

第41位 パンデミック・サイト

 

 

SNSを通じて感染する新型ウイルスの恐怖を描いたパンデミックスリラー。全世界で流行中のSNS・レッドルーム。誰もがサイトに動画や写真を投稿して繋がっていたが、大晦日の日、突然利用者が凶暴化。そのウイルスがレッドルームを通して蔓延していく。

 

制作国 カナダ
製作年 2014年
上映時間 90分
評価(filmarks) 2.9

 

 

 

 

 

 

第40位 ゾンビワールドヘようこそ

 

 

モテないボーイスカウト3人組がゾンビに立ち向かうエンタテインメントホラー。幼馴染みのボーイスカウト3人組と美人ウエイトレスが、人類を救うべくゾンビと激闘を繰り広げる。

 

制作国 アメリカ
製作年 2015年
上映時間 93分
評価(filmarks) 3.7

 

20代男性

主人公たちの勇敢さと生きたい、救いたいという強い気持ちが凄まじくてすごく良かったしかっこよかったです。ここまで自分のためと人のために活躍できるのはすごいなと思いました。ゾンビに立ち向かうとなると自分の身も危なくなってくるし逃げた方がいいのに立ち向かうという選択肢はなかなかできない行為なのでその行為に対して憧れすら覚えました。

 

 

 

 

第39位 高慢と偏見とゾンビ

 

 

名著「高慢と偏見」をゾンビアクションに改編したベストセラー小説を映画化。ゾンビウイルスが蔓延する18世紀のイギリス。ベネット家の5人姉妹は、裕福な人との結婚を夢見ていたが…。

 

制作国 アメリカ
製作年 2016年
上映時間 108分
評価(filmarks) 3.4

 

 

30代女性

五人の女性がでてくるのですが、とにかくかっこいいです。最初から迫力もあり、カンフーでゾンビを次々と倒していきますが、もー最高に気持ちがいいですし、鳥肌が立ちました。また、五人とも個性があり、一人一人のキャラクターもよく、美男美女で、見応えはありました。ただのゾンビ映画ではなく、恋愛も含まれており、グロいのが苦手な女の方々でも、見れる映画になっています。しっかり高慢と偏見の世界感も上手く取り込んでいますし、内容も深くて、もう一回見たい映画です。

 

 

 

第38位 ゾンビ・コップ

 

 

ゾンビ化した刑事と犯人の戦いを描いたホラーアクション。宝石店強盗と銃撃戦を繰り広げた刑事・ロジャーとダグは、犯人たちが既に死んでいたことを知る。遺体から検出された薬品を手掛かりに製薬会社に乗り込んだ彼らの前に、異形の怪物が現れ…。

 

制作国 アメリカ
製作年 1988年
上映時間 96分
評価(filmarks) 3.5

 

20代女性

人間とゾンビが相棒となった刑事のお話です。ツッコミどころは沢山ありますが、次から次へと新展開が繰り広げられるので、考える時間を与えてくれません。テンポがとても良く、ジェットコースターのような映画でした。刑事モノなので、派手な銃撃戦もあって見ごたえは抜群でした。死なないゾンビ同士が殺し合おうとしているシーンは面白かったです。人間以外のゾンビも出てきました。

 

 

第37位 DAWN OF THE DEAD(2004)

 

【中古】ドーンオブザデッド ディレクターズカット プレミアムED 【DVD】/サラ・ポーリーDVD/洋画ホラー

 

制作国 アメリカ
製作年 2004年
上映時間 98分
評価(filmarks) 3.6

 

 

20代男性

ゾンビ映画の名作「ゾンビ」のリメイク版です。平穏な暮らしから、いきなりゾンビ化した人間に襲われたらびっくりするはず。

本作のゾンビは、とにかく走るので、ゆったり歩くイメージを抱いていたので、衝撃を受けました!走ってこられたら本当に逃げ場がなくなってしまうという意味で、もし本当に襲われたら真っ先に◯されてしまうんだろうなと思うほどの恐怖を味わいました・・・

もし、劇場で観たらビビっていたかもです・・・

 

 

 

 

第36位 バタリアン2

 

 

ゾンビ化させるガスを運送中の軍トラックが、誤ってドラム缶を1つ落として走り去った。それを見つけたジェシーら3人の少年がドラム缶を叩いているうちにガスが噴出し、ジェシー以外の少年たちはガスを吸い込んでしまう。そしてガスは雨によって地中へと流れ込み、墓場の死体が蘇った

 

制作国 アメリカ
製作年 1987年
上映時間 91分
評価(filmarks) 3.2

 

20代女性

一作目の「バタリアン」よりもホラー要素が少ないので、ホラーが苦手だったり怖がりな方でも安心して見る事が出来るのではないでしょうか。

コメディ色が強いので、気軽に見れます。映像の粗さとチープなグロさは相変わらずですが、この古き良き雰囲気こそが、この作品の大きな魅力だと思います。

B級感が拭えませんが、ゾンビ映画好きにとってバタリアンは金字塔のような存在ですからね。

 

 

 

 

第35位 ゾンビ・ファイト・クラブ

 

 

服用者をゾンビ化するドラッグが蔓延し、世界は1年ばかりで壊滅状態に。そんななか、ゾンビを飼いならす狂気の科学者が奴隷として捕らえた人間とゾンビを戦わせる余興を開く。元特殊部隊員の奴隷アンデイは、圧倒的戦闘能力を発揮してゾンビを倒していくが。

 

制作国 台湾
製作年 2014年
上映時間 95分
評価(filmarks) 2.3

 

30代女性

この映画は、結構グロかったです。アパートの中で次々とゾンビが増殖していきます。軍隊の人がくるのですが、その一人の男性が強くてかっこいいです。女の人を守る姿には、うっとりします。内容も、単純では、ありますが、その中でもも、深さもあります。とにかく打ちまくり脱出するシーン迫力満点です。また場面では、感動する部分もありました。また、人間対ゾンビを地下で戦うシーンでは、銃も使わないで素手でいくシーンは、凄さを感じました。

 

 

 

 

第34位 ゾンビハーレム

 

 

離婚した友人を元気づけるための傷心旅行で出かけた先は、女の人口が男の4倍という魅惑の町。オイシイ思いをするはずだったが、町の女はあられもない異形と化していた!UK発の痛快エンターテイメント・ホラー!!

 

制作国 アメリカ
製作年 2015年
上映時間 90分
評価(filmarks) 3.2

 

20代男性

笑いどころがきちんとありつつもシリアスなシーンもすごくあって次どうなるのかさっぱりわからない展開もすごく面白いです。女だらけの街でみんなゾンビになっているというストーリー設定も斬新です。その街で憔悴した男たちが向かうという面白さもありながらもみんなの命が次どうなっていくのかわからない感じが笑いどころとの差があって良かったです。それぞれのキャラも個性があって良かったです。

 

 

 

第33位 ゾンビ・ガール

 

 

シッチェス映画祭2015にて上映された、ジョー・ダンテ監督によるホラーコメディ。恋人・エヴリンの死から立ち直り、新たな恋に進むホラーマニアの青年・マックス。同じ趣味のオリヴィアと意気投合するが、何とエヴリンがゾンビとして甦り…。

 

制作国 アメリカ
製作年 2015年
上映時間 90分
評価(filmarks) 3.2

 

20代女性

グロ描写や痛々しい表現が少ないので、リラックスして見れる作品です。ストーリーは雑ですが、とても分かりやすいので頭使わずに楽しめました。90分という時間に上手くまとまっているので、コンパクトで良かったです。明るくてコメディ色もあるので、気軽に見れるのは良いですね。束縛の強い彼女と付き合うと大変なんだな、と思わされる映画でもありました。友達同士で見たら盛り上がりそうですね。

 

 

 

第32位 マギー

 

 

感染するとゾンビ化してしまうウイルスが蔓延する近未来。ある日、アメリカの田舎町に暮らす16歳のマギーも感染してしまい、感染者を隔離する特別病棟に収容される。しかし父のウェイドはマギーを捜し出し、我が家へと連れ帰る。マギーのゾンビ化がゆっくりと進行する中、彼女を隔離しようとやって来た地元警察とも激しく衝突するウェイドだったが…。

 

制作国 アメリカ
製作年 2016年
上映時間 95分
評価(filmarks) 2.9

 

30代女性

「戦わないゾンビ映画」と言う珍作になります。肉体派俳優のアーノルドシュワルネッガーを持ってして戦わないとは?と言う疑問点が出てくるのですが、

ストーリー自体も「人間らしく」というテーマが見え隠れしていて、シュワルツネッガーの演技もそうですが、色々な意味で見応えがあります。

そこまで重い映画ではないので(見終わった後「そう言う解釈もあるか」とは考えられさせられますが)サラっと見れるというポイントもお勧めです。

 

 

第31位 プラネット・テラー in グラインドハウス

 

 

ロバート・ロドリゲス監督によるSFホラーアクション。人間のゾンビ化実験を行う米軍の悪徳部隊長に、片脚にマシンガンを装着したダンサーが立ち向かう。ブルース・ウィリスが悪役で出演。

 

制作国 アメリカ
製作年 2007年
上映時間 105分
評価(filmarks) 3.6

 

 

 

 

 

 

第30位 ライフ・アフター・ベス

 

 

デイン・デハーン主演、青春ゾンビラブコメディ。ザックは恋人・ベスを事故で亡くし、悲嘆に暮れていた。しかしある時、ベスが墓穴から這い出して、家に戻って来る。ザックは2度とないチャンスと、恋のやり直しを誓うが…。

 

制作国 アメリカ
製作年 2015年
上映時間 89分
評価(filmarks) 3.2

 

20代男性

この作品と言えば、人気の高い俳優を採用しており洋画ファンであれば楽しめる作品だと言えます。

マーベル作品であるスパイダーマンのグリーン役を演じたデインデハーンが主人公を努めています。

唐突に始まる恋人の葬式から物語は始まっていき、死因など不可解な点がたびたび見受けられるので最初は分かりづらいかもしれません。

全体的に謎を残したまま終わる展開なので後味としてはあまりいいものではなく、物足りなさを感じるかもしれません。

 

 

 

 

 

第29位 処刑山 デッド・スノウ

 

 

ゾンビと化したナチスの残党の恐怖を描いた、ノルウェー発のスプラッターホラー。バカンスのためにノルウェーにやって来た医学生の若者たち。しかしそこは、第2次大戦末期にレジスタンスの反撃に遭い、命を落としたナチス兵団が眠る禁断の土地で…。

 

制作国 ノルウェー
製作年 2007年
上映時間 91分
評価(filmarks) 3.3

 

30代女性

この映画は、ノルウェー産のB級映画です。メインのゾンビ達はナチス軍のゾンビで隠したお宝を探すために死んでもなおゾンビとして生き返り登場します。

本当のホラー系ゾンビ物とは違い突っ込み所満載でギャグかな?と思うシーンも多々ありゾンビ物が怖いという方でも楽しんで観れるかもしれません。

突っ込み所満載な映画ですがグロさは凄く力を入れておりギャグとしてみてもグロいゾンビ物と楽しめる一本です。そういうのがウケルのかこの続編も出てるので要チェックです!

 

 

 

第28位 ゾンビ3

 

 

考古学者が古文書を解読したために、地獄の門が開き、そこからゾンビが溢れ出す…。アンドレア・ビアンキ監督が贈る、ホラー作品。

 

制作国 イタリア
製作年 1979年
上映時間 93分
評価(filmarks) 3.3

 

 

 

第27位 バタリアン3

 

 

軍施設で働く父親を持つカートは、恋人であるジュリーと共に軍施設に忍び込み、そこで父の指揮下で行われている特殊ガス“トライオキシン”によって死者を蘇らせ最強の兵士を作り出す実験を目撃する。その晩、カールはバイク事故を起こしジュリーを亡くしてしまう。そこで実験の事を思い出し、ジュリーを蘇生させる事を思いつく。

 

制作国 アメリカ
製作年 1993年
上映時間 97分
評価(filmarks) 3.2

 

30代女性

グロかったり痛々しい映像が多いので、苦手は人にはオススメ出来ません。ただ人間ドラマだけでも楽しめるので、ゾンビ要素を除いても見ごたえは十分にあります。

人間とゾンビはどちらが怖いのか、考えさせられますね。人間の欲とエゴが上手に表現されている作品でした。

閉鎖的な場所で裏切ったり仲違いするというのが、一番恐ろしい事ですね。何度でも見たくなるような映画です。

 

 

 

 

 

第26位 ナイト・オブ・ザ・コメット

 

ゾンビサバイバルを“戦う女子視点”でポップに描いたSFホラー。クリスマスを控えた冬の夜。突如飛来した謎の彗星から注いだ怪光線で世界は死滅し、人類はゾンビに変わり果てる。偶然助かった姉妹はゾンビと戦いながら、生存者を探す冒険の旅に出る。

 

制作国 アメリカ
製作年 1984年
上映時間 95分
評価(filmarks) 3.4

 

20代女性

クリスマスというハッピーな日に彗星が近づき、人間が滅びるというお話です。

そんな絶望的な始まりなのに、ポップな雰囲気だったのが面白かったです。ゾンビ映画ではありますが、ゾンビ主体ではありません。

人間ドラマもあり、SFの世界観もあり、ストーリー性もしっかりしている映画でした。

とはいっても、特殊メイクの技術力がとても高く、ゾンビの一体一体がハイクオリティでしたね。

 

 

 

 

第25位 ゾンビーノ

 

【バーゲンセール】【中古】DVD▼ゾンビーノ▽レンタル落ち ホラー

 

ゾンビ映画の常識を根底から覆すゾンビ・コメディ!過酷なゾンビ戦争に勝利した人間たちは、調教首輪でゾンビをペットにしていた。少年ティミーの家でもママの希望でゾンビを飼うことになり、ゾンビに「ファイド」と名付けて友達になったティミーだったが、ファイドが隣人のお婆さんを食べてしまったことからとんでもない事件へと発展していく…。

 

制作国 カナダ
製作年 2006年
上映時間 93分
評価(filmarks) 3.4

 

20代女性

カナダが舞台になっていて、街並みやファッションが見慣れない感じで目新しいです。カラフルでポップな色使いが、非現実的な世界観で可愛いです。

人間がゾンビをペットのように扱う話ですが、友情や絆を描いたようなヒューマンドラマではありません。

皮肉たっぷりなブラックコメディでした。不謹慎な事が多いので、真面目な方は冷めてしまうかもしれませんね。ただ、ゾンビは可愛いです。

 

 

 

 

第24位 ランド オブ ザ デッド

 

 

鬼才ジョージ・A・ロメロ監督が放つホラー・アクション。一人の黒人ゾンビにより、武器を使い始めるなどの進化を見せるゾンビたちと、人間たちの壮絶なサバイバル・バトルを描く。

 

制作国 アメリカ
製作年 2005年
上映時間 93分
評価(filmarks) 3.3

 

30代女性

主役の俳優がどこかで見たことあるなと思ったら、海外ドラマ「メンタリスト」のサイモン・ベイカーでした。

どこに出ててもカッコいいですね。ゾンビ史上初めてゾンビのリーダーが爆誕したのが本作です。

ガソリンスタンドの親父ゾンビは、死霊のえじきのバブの次に印象深いゾンビです。本作を見るとお腹にピアスできなくなる人が続出するかもです・・・

 

 

第23位 ゾンビランド・ダブルタップ

 

【エントリーでポイント10倍!(9月11日01:59まで!)】【中古】洋画 レンタルアップDVD ゾンビランド ダブルタップ

 

ウディ・ハレルソンら『ゾンビランド』のキャストが再集結したホラーコメディ。人類がゾンビ化し始めてから10年後。コロンバスは“生き残るための32のルール”をパワーアップさせ、仲間たちとゾンビ社会を生き抜く。

 

制作国 アメリカ
製作年 2019年
上映時間 99分
評価(filmarks) 3.8

30代女性

小ネタが満載で秀逸な部分が多いです。クスッと笑えるシーンが多いので、最後まで飽きる事なく楽しめました。

ジェットコースターのようにテンポが良いので、見終わった後は「もっと見たい!」と思いましたね。

怖くて緊張感のあるシーンもありますが、全体的に明るくてポップなので、リラックスしながら見れるタイプのゾンビ映画です。愛に溢れていて素敵な作品でした。

 

 

 

 

 

第22位 ペット・セメタリー

 

 

アメリカ・メイン州を舞台に、死者を蘇らせるといわれる墓場“ペット・セメタリー”で起こる惨劇を描く、スティーヴン・キング原作のホラー小説を映画化!小さな街ルドローに引っ越してきたルイス一家。数日後、ペットの猫が轢死。近くにあるペット・セメタリーに埋めると、翌日猫は生き返った。日を置かずして息子ゲイジがトラックにはねられ死亡する。こっそり遺体を例の場所に埋葬するが…。

 

制作国 アメリカ
製作年 1989年
上映時間 103分
評価(filmarks) 3.4

 

20代女性

ゾンビ映画といえばペット・セメタリーですね。この作品は、登場人物の驚いたり怯える演技が大げさではなく、とてもリアルでした。

中盤からは絶望的な展開が次々と訪れるので、目が離せませんでした。私は都会育ちですが、田舎に引っ越すのは怖いなーと思います。

ゾンビ映画にしては、目を覆いたくなるような痛々しいシーンやグロい描写は少ないと思いますが、耐性が無い人にはキツいかもしれません。スティーヴン・キングの世界観はやっぱり良いですね。

 

 

 

 

 

第21位 ワールド・ウォーZ

 

 

マックス・ブルックスの小説をマーク・フォスター監督が映画化したパニックアクション。人類を凶暴化させる謎のウイルスが世界中で蔓延し始めた。事態を収束させるべく、元国連捜査官・ジェリーは調査に赴く。

 

制作国 アメリカ
製作年 2013年
上映時間 116分
評価(filmarks) 3.4

 

30代男性

ゾンビ映画の中で一番好きな作品です。僕はゾンビ系の映画に恐怖を感じない性格なので、恐怖以外で僕を楽しませてくれる映画を探してました。その結果、この作品に辿り着きました。

現代が舞台で元国連に属していた主人公が研究家や軍人たちと協力しながらゾンビ化するウイルスの正体を探る様子など、

現実でも起こりそうだと思わせてくれるストーリーでドキドキしながら観る事が出来ました。そしてアクション要素が強い作品なので、迫力のあるシーンが多く面白かったです。

 

 

 

第20位 悪魔の墓場

 

 

ジョージ・A・ロメロの古典的名作『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』を、スプラッター大国・イタリアがスペインと共同でカラーリメイク。顧客に商品を届けるため、ロンドン郊外へと向かっていた骨董商の青年・ジョージは、道中で事故に遭遇し…。

 

制作国 イタリア、スペイン
製作年 1974年
上映時間 94分
評価(filmarks) 3.6

 

20代女性

イギリスが舞台になっているので、景色やファッションが魅力的だったりするゾンビ映画です。

テンポがそこまで良くないですが、他のゾンビ映画やホラー映画よりはリラックスして見れると思います。

設定がSFっぽいのが面白いですね。またゾンビが出現する時のBGMがテンション上がるので個人的に好きです。

昔の映画なので映像は古いですが、それもまた雰囲気が出て良いですね。また見たくなります。

 

 

第19位 シーバーズ

 

 

 

理性が崩壊した世界。人間に潜む性と暴力。鬼才デヴィッド・クローネンバーグ初期作品「Shivers」のDVD化。人間の病気を治すために研究開発された寄生虫。しかし、それは人間の理性を破壊し、欲望のなすがままに行動してしまうという恐ろしい生物だった。寄生虫は人から人へと渡り歩き、舞台となるマンションの住人たちは次々と狂人化してしまう…。

 

制作国 カナダ
製作年 1975年
上映時間 94分
評価(filmarks) 3.5

 

20代女性

ホラー映画というよりはパニック映画でした。人間が理性を壊すと、こういう姿になるんだろうなって思いました。

映画やドラマを見ていて息が詰まるような感覚になった事が無いのですが、この作品は見ていて情緒不安定になりましたね。

芸術的な映像や衝撃的な展開など、工夫されているのはよく分かります。いつまでも記憶に残りそうな映画でした。出てくるゾンビもどこかリアルでした。

 

第18位 死霊のはらわた

 

 

「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ監督が手掛けた伝説的スプラッターホラー。休暇を郊外で過ごそうと山荘を訪れた男女5人が、悪戯で復活させてしまった邪悪な死霊に次々と血祭りに上げられていく。

 

制作国 アメリカ
製作年 1981年
上映時間 86分
評価(filmarks) 3.5

 

50代男性

この作品は、まさしくホラー映画だと感じさせる作品だなと思いました。ホラー映画特有の「なにかが起こる前兆」から「起こる」までの間にある緊張感が凄まじいです。作品自体は約40年前と、昔の作品ですが、今観ても怖いなと感じます。残虐なシーンもあるため、心臓が悪い方は観ないほうが良いかもしれませんね・・・

 

 

 

 

第17位 バイオハザード

 

 

カプコン製作によるTVゲームシリーズをポール・アンダーソン監督が主演にミラ・ジョヴォヴィッチを迎え映画化した作品。人類を脅かす新型ウィルスとの戦いを描いたサバイバル・アクション・ムービー。

 

制作国 アメリカ
製作年 2002年
上映時間 101分
評価(filmarks) 3.5

 

20代女性

『バイオハザード』のみどころは、とにかくアクションシーンが格好いいところです。あんなきれいな女優さんが激しいアクションをできるのがすごいなと思いました。

またテーマパークでもコラボしているのですが、ゾンビが本当に気持ち悪くて、怖いところも見どころだと思います。

謎を解いていきながら、生きるために戦っていく姿にとても感動します。シリーズで何個か出ているので、続編も観てみたいと思いました。

 

 

 

映画「バイオハザード」シリーズについては、別の記事でも取り上げています。宜しければご覧ください。

映画バイオハザードシリーズの観る順番と時系列について

 

 

第16位 デモンズ

 

 

“メトロポール”という映画館の試写に招待された人々が、モンスターに襲われ悪魔と化していく恐怖を描いたアクションホラー。

 

制作国 イタリア
製作年 1985年
上映時間 88分
評価(filmarks) 3.5

40代女性

劇中の観客が見ているホラー映画と、その観客に起きる惨劇がリンクして同時進行して行く映画を、

現実の映画館にいる自分たちに見させるという今までにない演出が、自分たちもこの映画にリンクしてどこからか現れたデモンズに襲われるのではという恐怖心を掻き立てられ、もうメチャメチャ怖かったです

(当時は学生だったので余計に妄想膨らみまくりでした)。随分前の作品なので今のようなCG技術はありませんが、

特殊メイクの職人技とちょっと雑な感じが逆に怖いと言うか今の美しい映像では感じられない良さがあって、映画館というシチュエーションじゃなくても十分怖さを楽しめる映画だと思います。

 

 

第15位 ゾンビスクール!

 

 

夢を諦めて故郷に戻ったクリントは、母校の小学校で臨時職員として勤め始める。ある午後の時間、いじめっ子のペイトリオットはツインテールの少女・シェリーにちょっかいを出していた。だがだんだんとシェリーの様子がおかしくなり、ペイトリオットが髪を引っ張ると、毛束が皮膚ごと剥がれ落ちてしまい…。史上最少のゾンビ軍団とイカれた教師たちの闘いを描くコメディ・ホラー。

 

制作国 アメリカ
製作年 2016年
上映時間 88分
評価(filmarks) 3.2

 

20代男性

キッズゾンビというのが大きなテーマなのですが、ある給食の時間の中である子がゾンビになってどんどん感染者がひどくなってきてそれに対峙すると言うのがストーリーなのですが、

その斬新なストーリーとハラハラする展開はすごく面白かったです。また、主人公はすごく勇気があってキッズのゾンビに向かっていろんな人を助けるための心意気は本当に素敵でみているだけで面白かったです。

 

 

 

第14位 アイアムアヒーロー

 

 

漫画家アシスタントの鈴木英雄は、ある日、徹夜仕事から帰宅した際に“ZQN(ゾキュン)”と呼ばれる異形の姿に変貌した恋人に襲われかける。日本中で起きている謎の感染が原因であると知った英雄は、感染を避けるべく富士山を目指すことに。そして、その道中で女子高生の比呂美と行動を共にすることになるが…。

 

制作国 日本
製作年 2016年
上映時間 126分
評価(filmarks) 3.5

 

20代女性

ゾンビのグロさ、アクションのクオリティ、ストーリーの展開、キャストなど全てに面において素晴らしいと思った映画です。

とくに大泉洋、有村架純、長澤まさみの演技は格別レベルが高くて、見始めるとすぐにストーリーに入り込んでしまいました。

やはりゾンビとアクションと言えば車は必須なんだなと思いました。邦画なのにここまでレベルの高いゾンビものの映画が見られるとは思ってもみませんでした。最初から最後まで楽しめた作品です。

 

 

 

 

第13位 霊幻道士

 

 

中国版ゾンビ“キョンシー”と霊幻道士の死闘を描いたホラーコメディ第1弾。ある富豪一族の墓を掘り起こした道士が、弟子のミスで死体をキョンシーにしてしまう。そのまま逃げ出してしまったキョンシーは、町中で大暴れを始め大混乱に落とし入れる。

 

制作国 香港
製作年 1985年
上映時間 97分
評価(filmarks) 3.6

 

30代女性

この映画の見どころの1つは、キョンシーと戦う時のカンフーアクション。主人公、ガウ道士役のラム・チェンインと、セン役のチン・シウホウのキレの良いカンフーは見応えがあります。素早く、かっこいい、たまに笑いもありです。

ガウ道士は妖術のようなものも操れ、念じるとお札から火が出たり、月の光を剣にためると飛ばせたりします。

これがこの映画のもう一つの見どころで、ありえないのに、なぜかごく自然で、元々その世界があったのかと感じるほどです。カンフーと術の融合は、キョンシー映画の醍醐味です。

カンフーだけでなく、ハラハラ、ゾクゾクを存分に楽しめるので、ゾンビ好きの人には一度見てほしい作品です。

 

 

 

 

 

第12位 28日後

 

 

たった1滴の血液で感染し、人間の精神を数秒で破壊する新種のウィルスが発生した。感染者の血管は純粋な激しい怒りで溢れ、人間の声を聞いただけで相手を殺そうと襲いかかる……。28日後、ジムは病院の集中治療室で昏睡状態から目覚める。世界から何もかも消滅してしまったような静寂の中、ジムは生き残った4人の非感染者たちと共に1台のタクシーで旅立つ。未来を救えるわずかな可能性を信じて。しかし、死のウィルスより恐ろしい存在に彼らはまだ気づいていなかった……。

 

制作国 アメリカ、イギリス、オランダ
製作年 2003年
上映時間 114分
評価(filmarks) 3.4

 

 

30代男性

ゾンビ映画はゾンビと戦いながら生き残ったりある場所から脱出するような展開が多いですが、この映画はアクション演出よりは、

得体の知れないウイルスの感染が瞬く間に広がっていくようなパンデミックの恐怖を純粋に描いていると感じました。

主人公のように目覚めたら周り一人もいない状況で病院に拘束されていたら気がおかしくなりそうですね。

誰もいないデパートの中で自由に食料品を漁って確保していくシーンは哀愁を感じました。

終盤主人公達は謎の軍事施設に連れられていくが施設の軍人たちが次々とパンデミックに感染していくシーンは怖かった。

 

40代女性

戦闘力とスピード感が今までのゾンビ映画とは全く違います。ストーリーの展開も早く、こんなことが実際に起こったら映画の主人公と同じように、

何かのドッキリなのでは、と思ってしまうでしょう。そんなリアルな表現が恐ろしく、引き込まれてしまいました。

そして主人公であるジムの父親としての成長も見どころで、理想の父親像を探し続けるストーリー良かったです。ただ驚かすだけのゾンビ映画ではなく、内容の面白い映画です。

 

 

 

第11位 バタリアン

 

 

1969年、軍人病院の薬品事故が原因でこともあろうに死体が次々に蘇生してしまった。そのゾンビはケンタッキー州のとある医療品倉庫に長年ミイラ状態で極秘保管されていた。ある日そこで働くフランクとバイトのフレディが恐る恐る中を覗いてその箱を叩いてみると…。火葬されたゾンビの灰や煙が雨となって降り注ぎ、次々と死者が蘇る!

 

制作国 アメリカ
製作年 1985年
上映時間 91分
評価(filmarks) 3.6

 

20代女性

80年代の古き良き雰囲気を味わえます。映像やファッションなど、時代を感じる作品は良いですね。ゾンビはとてもグロいですが、爽快なコメディとして作られているので笑える部分も多いです。

幼少期に見た時は恐怖でトラウマになりましたが、大人になってから改めて見るとあまりにもくだらなくて呆然とするレベルでした。

全体的に明るい作品ではありますが、人の死をしっかり悲しむ様子も描かれていて色々と刺激の強い映画ですよね。

 

 

 

 

第10位 ゾンビランド

 

 

ウイルスにより人類の大半がゾンビと化した世界を舞台にしたホラーコメディ。偶然知り合った4人の男女が、ゾンビがいないと噂される遊園地を目指して決死のサバイバルを繰り広げる。“6月カタログキャンペーン”。

 

制作国 アメリカ
製作年 2009年
上映時間 87分
評価(filmarks) 3.7

 

30代女性

色んなゾンビ映画を見ましたが、怖いというより笑えるコメディ映画になっているのは初めてで、驚きました。

主人公がすごく弱いのに、ゾンビの世界で生き残るためのルールを作って生き抜いていくのが面白かったです。

しかも、そのルールがゾンビあるあるみたいでゾンビ映画好きには共感できる内容でした。

メインのキャラクター達は正確も立場が違うので、一緒に行動していく間におきるハプニングや人間模様が面白かったです

 

 

 

第9位 REC/レック

 

 

主観撮影を用いたリアルパニックホラームービー。女性記者・アンヘラは消防隊の密着取材をしていた。叫び声を聞いたという通報を受けて現場に急行すると、そこでは謎の病原菌が広まっていて…。“スマイルBEST”。

 

制作国 スペイン
上映時間 77分
評価(filmarks) 3.5

 

 

20代女性

POV作品なので、大画面で見ると酔ってしまいます。常に緊張感があったので、見終わった瞬間の安心感と疲弊がすごかったです。

ダッシュで追いかけてくるゾンビは思い出すだけでゾッとしますし、夜道や一人の時間が怖くなりました。

噛まれた人がゾンビになっていく、というストーリー展開はありきたりではありますが、出てくる家や会話がとてもリアルでした。

リポーターの女が発狂していて落ち着かなかったのはウンザリしました。

 

 

 

第8位 死霊のえじき

 

 

『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド~』『ゾンビ』に続く、ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ3部作の最終章がノーカット完全版で登場。生者と死者の数が逆転しゾンビたちの世界となった地球上で、生き残った科学者たちが最後の攻防を繰り広げる。

 

制作国 アメリカ
上映時間 102分
評価(filmarks) 3.7

 

30代男性

グロかったり痛々しい映像が多いので、苦手は人にはオススメ出来ません。ただ人間ドラマだけでも楽しめるので、ゾンビ要素を除いても見ごたえは十分にあります。

人間とゾンビはどちらが怖いのか、考えさせられますね。人間の欲とエゴが上手に表現されている作品でした。

閉鎖的な場所で裏切ったり仲違いするというのが、一番恐ろしい事ですね。何度でも見たくなるような映画です。

 

 

第7位 ウオーム・ボディーズ

 

 

ゾンビとニンゲンが敵対する近未来―。ゾンビ男子Rは、ある日、襲撃するはずのニンゲン女子ジュリーにひと目ぼれし、助けてしまう。最初は恐れをなし、徹底的に拒絶していたジュリーも、Rの不器用全開な純粋さや優しさに次第に心を開きはじめる。出会ってはいけなかった、けれど、うっかり出会ってしまった二人の恋…。世界が感染した世紀末ゾンビ・ラブコメ!

 

制作国 アメリカ
上映時間 98分
評価(filmarks) 3.6

 

20代女性

ゾンビ映画ながらも、立派な恋愛映画です。とある事情で心を取り戻した主人公のRが、生き残りであるヒロインに恋をします。

最初はヒロインも怖がるのですが、主人公に悪意がないのをヒロインも察していき、だんだんと恋愛に発展していきます。

ゾンビとの純愛というかなり独特な映画なのですが、見ているとかなりキュンときます。コメディチックにできており、ゾンビ映画が苦手という人も楽しめる作品だと思います。

 

20代女性

ゾンビ映画が観たいけど少し怖い、苦手という人でも見やすい映画だと思います。

ゾンビになってしまった少年が人間の少女に恋をするというストーリーですが、最初はどんな結末になるのか想像がまったく出来ませんでした。

今までの映画にない、そして幸せな結末が想像しずらい設定ですが、2人のやり取りを見続けるとゾンビ映画なのに心が温まってきます。

そしてゾンビなのに徐々に少年がゾンビに見えなくなってきて、応援したくもなります。ただのゾンビ映画ではなく恋愛映画でもあるので、恋人と一緒に見るのにもおすすめな作品です。

 

 

 

 

 

 

第6位 カメラを止めるな!

 

 

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に本物のゾンビが襲いかかる! 大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。“37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル! “―――を撮ったヤツらの話。

 

制作国 日本
上映時間 96分
評価(filmarks) 3.9

 

 

30代女性

「カメラを止めるな!」は今までのゾンビ映画とはちがったおもしろさがあります。何度もみたくなるしかけが作品のなかにくみこまれています。

恐ろしい人間をたべてしまうゾンビの映画とは一味違った作品です。最小限に予算を押さえて作成した少し素人っぽさが見栄隠れするのも味があってこの作品のおもしろさをひきたたせています。

カメラアングルも途中で地面で固定のときもあったり追いかけるシーンも迫力があります。ゾンビ映画苦手なひとでもみて楽しめる作品です。

 

 

 

 

第5位 ナイト オブ ザ リビングデッド

 

 

墓参りにやってきた兄妹ジョージとバーバラ。そんなふたりに、甦った死体が襲いかかる。ジョージは格闘の末に死亡し、近くの家に逃げ込んだバーバラは他の避難者たちと合流する。しかし一行は死者の襲撃を前にしながら対立。ゾンビの群れは容赦なく押し寄せてくるが…。

 

制作国 アメリカ
上映時間 90分
評価(filmarks) 3.5

 

30代男性

ゾンビ映画界の第一人者であるジョージ・A・ロメロ監督が手がけた名作。
ゾンビといわれるイメージは、のそのそ歩く、人を食べる、意思疎通は出来ないという概念は、この映画からできました。

正直、いきなりゾンビ映画見たいといって、この作品から手をつけるのはお勧めしません。

しかし、昔のゾンビってどんなのかな?最近のグロくて走るゾンビは見飽きた。と言う意識高い系の方は、今作を是非鑑賞してもらいたいです。

古臭いと感じるかも知れませんが、現在の映画に多大な影響を与えた1本です。

 

 

 

 

第4位 新感染 ファイナル・エクスプレス/新感染半島

 

 

韓国の高速鉄道・KTXを舞台にしたサバイバル・アクションホラー。ソウル発プサン行きのKTX内部で謎のパンデミックが発生。時速300kmで走る密室と化した列車内で感染者たちが凶暴化し、生存者は決死のサバイバルを強いられる。

 

制作国 韓国
上映時間 118分
評価(filmarks) 3.9

 

40代女性

子供に無関心で頼りない父親とその娘との親子の絆が上手く描かれていて、そんな二人の変化も見どころです。

新幹線という狭い空間の中で繰り広げられる、ゾンビとの頭脳戦にハラハラドキドキしっぱなしでした。登場人物一人一人が素晴らしい役者で好感が持てます。

邦題を見て、どうせB級映画だろうと思い鑑賞しましたが、実際はとてもクオリティーの高い、見ごたえのある映画でした。

 

 

 

 

制作国 韓国
上映時間 118分
評価(filmarks) 3.9

 

 

 

第3位 ショーン・オブ・ザ・デッド

 

 

ロンドンの家電量販店の店員で29歳のショーンは、親友のエドとパブに入り浸るだらしない毎日を送っていた。長年の恋人リズにも愛想を尽かされたショーンは、このままではいけないと生活を変える決意をするが、その時、街にはゾンビが溢れ、人々を襲い始める。ショーンは母親とリズを守るため、エドと協力して行動を起こす。

 

制作国 イギリス
上映時間 100分
評価(filmarks) 3.8

 

 

30代女性

私が見たゾンビ映画の中でベスト3に入る傑作です。コメディー要素が強めでありながら本格的なゾンビ映画で、内容もテンポも素晴らしく面白いです。

ゾンビ集団から身を隠すために、自分たちがゾンビの真似をして集団の中に紛れ込んでしまう場面は、なぜか全く気付かないゾンビたちに笑いが止まりませんでした。

オチも納得の面白さで最後まで楽しめました。ゾンビ映画初挑戦の方に見ていただきたいオススメの映画です。

 

 

第2位 ブレインデッド

 

アフリカ奥地で発見された未知の生物ラット・モンキーに噛まれたためにゾンビ化してしまった母親。息子のマザコン青年はなんとか事態の収拾を図るが、その間にも犠牲者の数は増えていく……

 

制作国 ニュージーランド
上映時間 104分
評価(filmarks) 4.1

 

40代男性

ゾンビを草刈り機で切り刻んでズタズタにしたり、はちゃめちゃなストーリーで驚きと笑いと変な怖さで溢れていました。

俳優陣の演技力は文句なしで、とくにティモシー・バルムの演技には必見です。グロすぎるくらいグロいので、食事中の観賞は絶対にオススメしませんが、

ゾンビ系作品が好きな人には絶対一度は見てほしいと思う映画です。全体的に濃すぎるくらいの内容で、見終わると変な感情に包まれますが演出から音楽まで大満足でした。

 

20代女性

容赦ないグロ描写の中にも、笑ってしまうようなシーンもあって面白かったです。豪快すぎて開いた口が塞がりませんでした。

ここまでやりすぎな映画があっても良いでしょう。映像で楽しませてくれるのでストーリー性はそこまで厚くないですが、人を襲う猿という設定は良かったです。

CGを使ったハイクオリティな映像より、粗い画質で時代を感じさせる雰囲気も最高でしたね。また見たいです。

 

 

第1位 ゾンビ(1978年)

 

 

原因不明のまま死者がよみがえり、人間を襲って生肉を貪り始めた。パニックに陥った人々は無意味な殺し合いを始める。修羅場と化した街から離れたスティーブンたちは、巨大なショッピングセンターに立てこもっていた。しかし日ごとにゾンビが建物の周辺に集まり、侵入を始めてきた…。

 

制作国 イタリア
上映時間 127分
評価(filmarks) 3.9

 

30代男性

ナイト・オブ・ザ・リビングデッドに続き、ジョージ・A・ロメロ監督の代表作です。

リメイク版では生存者の人数が多く、アクション要素も多かったのですが、初代ドーン・オブ・ザ・デッドは違います。モール内で生き残るのはわずかに3名。ド派手なアクションは少ないです。

しかし、閉鎖空間でこの少人数、あげくに武器も頼りない。絶望的な状況さでは初代の方が高いのです。

そして何より、資本主義・大量生産・大量消費を揶揄するメッセージ性もこちらの方が上です。

より社会派なメッセージと、あえて牧歌的な世界観のミスマッチ性が見どころだと感じました。

 

 

 

 

 

 

さいごに

 

ゾンビ映画というと、「食事中には観たくない」「気持ち悪い」というイメージが先行すると思いますが、実際に観てみると結構はまってしまうかもしれません。

海外ドラマのウォーキングデッドも、かなり生々しい描写があるので、最初は「気持ち悪い」という気持ちから挫折しましたが、意外とはまってしまったので、

「危機的状況」から生き残るというストーリー性に、どこか惹きつけるものがあるのかもしれませんね?!

この記事をお読み頂いたことで、あなたにとっての「お気に入りの1作」を見つける事が出来たら嬉しく思います^^

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!