【鬼滅の刃遊郭編】7話ネタバレと感想、見逃し配信動画まとめ!

この記事では、アニメ「鬼滅の刃」遊郭編第7話のネタバレと感想、見逃し配信動画に関する情報をまとめていきます。

アニメ「鬼滅の刃」遊郭編を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 25万本の動画を配信中!(2022年1月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 

アニメ「鬼滅の刃」を無料視聴する方法

下記リンク先の記事にて、アニメ「鬼滅の刃」第1期と第2期を無料視聴する方法を解説しています。宜しければご覧ください。

【鬼滅の刃第2期遊郭編動画】NETFLIXの更新日、見逃し配信を無料視聴する方法を解説!【鬼滅の刃遊郭編動画】NETFLIXの更新日、見逃し配信を無料視聴する方法を解説!

 

スポンサーリンク

 

【鬼滅の刃遊郭編】7話ネタバレを含むあらすじ

 

堕姫と戦う中、竈門禰豆子は驚異的な力を見せる。切り落としたはずの足はすぐさま回復し、堕姫は自分よりも再生能力が早い事に驚きを見せる。

そして、再生しないように禰豆子の体をバラバラに切り刻もうとするが、血鬼術で大きなダメージをくらってしまう。堕姫の姿を探す中、禰豆子は、怪我をしている人間の姿が目に入る。

滴る血の匂いに耐えきれず、襲い掛かろうとする中、竈門炭治郎が姿を現して妹を取り押さえる。すると、堕姫が姿を現し、2人に襲い掛かろうとする。しかし、そこへ宇髄天元が現れ、あっという間に堕姫の首を切り落としてしまう。

堕姫は自分の身に何が起きたかわからずに呆然としていた。一方、炭治郎は必死に暴れる妹を押さえつけていたが、あまりの力の強さに負けそうになる。自分の声が禰豆子に届かず、どうすれば良いのか悩む中、宇髄から子守唄でも聞かせるように言われる。

炭治郎は、ハッとして昔母がよく歌っていた子守唄を口ずさみ始める。すると、禰豆子の脳裏に母親の姿が浮かび上がり、かつての記憶が蘇るのだった。禰豆子の目からは涙がこぼれ落ち、鬼の角は消えていき、普段の禰豆子の姿へと戻るのだった。

ようやく禰豆子が眠りついた事に、炭治郎は安堵した表情を浮かべる。宇髄が去ろうとする中、堕姫はどこに行くのかと話しかけて来る。負けた事に対して悔し涙を流し、首を切り落とされても話し続ける堕姫の姿を見て、宇髄は困惑する。

堕姫が兄に助けを求めると、堕姫背中から何者かが現れる。危険を察知した宇髄は、すぐさま首を切り落としにかかるが、首を落としたはずなのに死んでおらず、宇髄は背中から出てきた一体の反射速度が、今までの鬼の比じゃないと感じるのだった。

鬼は堕姫の頭をくっつけて、なぐさめ始める。鬼に触れられ堕姫の負傷部分は、あっという間に完治するのだった。そして、宇髄は鬼に攻撃を仕掛けようとするが、逆に反撃に遭い、額を切られてしまうのだった。

自身の攻撃を間一髪のところで食い止めた事に対して鬼は感心し、宇髄の事を気にいるのだった。そして、鬼は宇髄が自分に持っていないものを持っている事から、妬ましく感じ、苦しい死に方で殺してやる事を伝える。

この鬼は堕姫の兄の妓夫太郎だった。炭治郎は宇髄の血の匂いを感じ取り、加勢に行かなければと考える。するとそこへ嘴平伊之助と我妻善逸が到着する。炭治郎は、禰豆子を箱に戻して来る事を伝え、宇髄の加勢して欲しい事を伝える。

一方、宇髄は人間を守りながら戦っていた。その行動が妓夫太郎を苛立たせ、更には宇髄に女房が3人いる事を知り、怒りを露わにする。そして、血鬼術を使い、襲いかかって来る。薄い刃の様な血の斬撃を前にして、人間を守りながらさばくのは不可能だとして、宇髄は爆薬を使って1階へと落ちる。

その隙に人間達に逃げる様に伝え、妓夫太郎との対決に備える。妹の方は首を切っても死なず、兄の首を切れば諸共死ぬのかと宇髄は悩み始める。どっちみちやるしかないと、宇髄は妓夫太郎に立ち向かっていくのだった。

 

【鬼滅の刃遊郭編】7話感想

 

後ほど追記します。

 

 

アニメ「鬼滅の刃」遊郭編を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 25万本の動画を配信中!(2022年1月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 

アニメ「鬼滅の刃」を無料視聴する方法

下記リンク先の記事にて、アニメ「鬼滅の刃」第1期と第2期を無料視聴する方法を解説しています。宜しければご覧ください。

【鬼滅の刃第2期遊郭編動画】NETFLIXの更新日、見逃し配信を無料視聴する方法を解説!【鬼滅の刃遊郭編動画】NETFLIXの更新日、見逃し配信を無料視聴する方法を解説!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!