【実写映画ザファブル】フル動画配信はnetflixで観れる?無料視聴する方法を解説!

任侠漫画のザ・ファブルが2019年に実写映画化され、2021年には続編が公開予定となっています。続編を観る前に予習されるのは如何でしょうか?

キャストに岡田准一さん、木村文乃さん、山本美月さんをはじめとする旬な俳優さんが出演していたのも記憶に新しいところです。

この記事では、映画「ファブル」について、

 

  • 配信中の動画配信サービス
  • あらすじ
  • 感想

をまとめていきたいと思います!

 

 

「実写映画ザファブル」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ U-NEXTでは初回登録時に600ポイント貰えて、有料作品の視聴に使えます/

>>無料期間中(2週間)の解約は0円です<<

 

 

実写映画「ザファブル」を配信中の動画配信サービスまとめ!NETFLIX、Amazonプライム、U-NEXTでは観れる?

 

実写映画「ザファブル」を配信中の動画配信サービスを、表にしてまとめました。配信中のサービスはU-NEXT、hulu、dTV、Amazonプライムビデオの4種類となります。

しかし、dTVとU-NEXTは要課金で見放題ではありませんが、U-NEXTでは登録時にもらえる600ポイントを使う事で実質無料で視聴することができるうえに、原作漫画も有料ではあるものの読む事ができるのでおススメです!

※下の表の情報は、2020年12月20日時点のものです。現時点では配信が終了している場合もあるので、最新の情報は各種動画配信サービスのウェブサイトをご確認ください。

サービス名 配信の有無 無料期間と
料金(税込)
有リ:440ポイント 31日間無料
月額2,189円
U-NEXTで観る
2週間無料
月額1,026円
huluで観る
配信なし 2週間無料
月額976円
標準:330円
HD:440円
31日間無料
月額550円
dTVで観る
配信なし 2週間無料
月額960円
配信なし 無料期間なし
月額990円~
30日間無料
月額500円
Amazonプライム
ビデオで観る

 

そこで、ザファブルの動画を観るにあたって、用途別の方法をまとめました。

  • 原作漫画と映画版をまとめて観たい場合→U-NEXT
  • 見放題で観る場合→hulu、amazonプライムビデオ

 

 

U-NEXTについて

 

無料期間 31日間
月額料金 2189円(税込)
追加料金
  • 見放題作品の場合は無し
  • 対象の作品は有料
配信作品数 23万本を配信、内21万本が見放題
(2021年7月1日時点)

 

 

日本国内のメジャーな動画配信サービスといえば、「U-NEXT」と名前が挙げられますが、知名度や動画配信数の豊富さ(2021年7月1日時点で23万本を配信中)からも裏付けられると言えるでしょう。

また、動画配信のみならず、(有料ですが)電子書籍の取り扱いもあり、原作漫画も読む事ができます。

これは、FOD PREMIUMを除く他の動画配信サービスにはない特徴なので、アニメと共に原作を読んでみたいという方にはおすすめなサービスです!

月額料金が2,189円と他のサービスと比べると高めですが、有料コンテンツに使えるポイントが毎月1200ポイント貰えるので、実質は989円という価値になります。(初月は600ポイント)

また、別のの記事にてU-NEXTの登録方法などについて解説していますので、参考までにご覧ください。

【U-NEXT】登録方法や無料トライアル期間~解約までを全解説!【U-NEXT】登録方法や無料トライアル期間~解約までを全解説! U-NEXTの料金体系やポイントの仕組み【U-NEXT】月額料金の仕組みと注意点を解説! U-NEXTポイントの使い方U-NEXTポイントの使い方と、交換可能なサービスをまとめて解説!

※ご案内している内容は、2021年7月1日時点の情報です。最新の情報はU-NEXTウェブサイトにてご確認ください。

 

 

 

huluについて

 

無料期間 2週間
月額料金 1,026円(税込)
追加料金
  • なし(すべて見放題)
  • 有料プランのhuluストアは、課金有り。
配信作品数 約70000本(2020年9月5日時点)

 

国内ドラマや海外ドラマの取り扱いが豊富で、しかも見放題であることが強みなので、連続ドラマやアニメ作品を一気見したい方にはとてもおススメです!

 

huluの登録方法や解約方法などについて、別の記事でも取り上げているので、ぜひご覧ください。

huluの月額料金と支払い方法huluの月額料金と支払い方法を解説!他社比較でコスパの良さに納得?! huluの登録方法、無料トライアル期間~解約までの流れを解説! huluの評判、評価、口コミhuluの口コミ・評判・評価を、ユーザー目線で徹底解説!

※ご案内している内容は、2021年7月1日時点の情報です。現時点では配信が終了している場合もありますので、最新の情報はhuluウェブサイトにてご確認ください。

 

 

Amazonプライムビデオの特徴

 

 

無料期間 30日間
月額料金 500円(税込み)
追加料金 有料作品が対象
配信作品数 約3~4万

 

動画作品の視聴のみならず、ネット通販や音楽視聴など、幅広いサービスがたった毎月500円(税込み)で利用できるのが主な特徴です。詳しい内容については、別の記事にて取り上げていますので、そちらをご覧ください。

※ご案内している内容は、2021年7月1日時点の情報です。最新の情報はAmazonプライムビデオのウェブサイトにてご確認ください。

 

 

実写映画「ザファブル」の見どころ

 

岡田准一のパフォーマンス

 

岡田准一さんはかつてテレビ番組でも、その運動神経の高さを披露してくれていましたが、本作でも壁と壁の間を登って行くときに、蹴りながら登っていくシーンがありますが、簡単なことではないので、運動神経の高さがわかる描写となっています。

オリラジ藤森がゲスト

 

冒頭のシーンで、オリエンタルラジオの藤森さんと木村文乃さんがバーで飲んでいるシーンがあります。藤森さんはチャラい役で出ていて、ネタなのかなと錯覚する感じの役柄だったので、結構笑えました!

 

 

お笑い要素もある!

 

アドリブ演技が定評の佐藤二郎さんや、原作で人気のジャッカル富岡を宮川大輔さんが演じています。ジャッカルは、裸の某芸人に似ていて笑えました!

意外な事ですが、出演キャストが個性的なので、本作での佐藤二郎さんは普通に感じてしまうほどでした(笑)

また、岡田准一さん演じる主人公が、仕事をしているときはプロなのに、自宅にいるときは何故か裸一貫でいたり、猫舌だったり、コミカルな絵を描くなどギャップを感じる設定にどこかほっこりさせられます!

 

 

 

実写映画「ザファブル」あらすじ

 

あらすじ・起

料亭で日本のヤクザと外国のマフィアの組織が宴会を開いていました。しかし、見張り役は一瞬のうちに銃で撃たれてしまいます。

そのことに全く気付かないヤクザはマフィアのリーダーに日本刀をプレゼントし、リーダーは得意げに日本刀を振り回してみせます。その時、突然、銃がマフィアのリーダーの胸に命中し、宴会は騒然として混乱します。

黒い服に黒いニット帽のファブルが無駄のない動きで、次々にヤクザとマフィアをしとめていきます。

6秒で人を◯すことができるという伝説をもったファブルが実際に存在することを知ったフードは、ファブルを追って戦おうと決意します。

ファブルは、ボスからサバイバルな生活で育成され、おそるべき身体能力と◯人の能力を得るようになったのですが、そのボスから相棒と兄妹として暮らし、1年間人を◯さずに一般社会に溶け込むようにという指令を受けるのです。

 

 

あらすじの続きはコチラ

 

あらすじ・承

ファブルはアキラと名乗り、相棒はヨウコとして鳥のインコと共に大阪での生活をスタートさせます。これまでヤクザの世界で人を◯すことしかしてこなかったファブルは、普通の生活にとまどいを覚えます。

チンピラに襲われた時も、相手の戦闘能力を見抜きながら、痛いふりをしたりわざと負けるように倒れたりします。そんな時、鼻血を出したアキラにハンカチを差し出したミサキに対しても、素直に受け取ることができず断ってしまうのでした。

しかし仕事を探しているアキラは、ミサキから印刷会社の雑用係を紹介され働くことができるようになります。

少しずつ会社にも馴染み、食事会ににも行くようになりますが、スイカや魚をまるごと食べることに周囲が驚くのを見て普通の生活から自分がかけ離れていることへの気づきを深めます。

また、大阪での住居を支援してくれていた海老原が入院することになってしまい、海老原の弟分の小島は◯人を犯してしまいます。

 

 

あらすじ・転

海老原は、小島と連絡がとれないことを心配し、アキラに探すことを依頼します。海老原の報酬は、お気に入りの車のハコスカでした。

アキラは、ミサキも巻き込まれたことを知ります。助けてもらったお礼をすることが普通とバイト先で教えてもらったことから、ミサキを救出しようとします。

普通という言葉がアキラの胸をうったのです。小島とミサキを拉致していたのは、海老原と敵対していた砂川でした。

砂川は、フードを雇っていました。アキラは、ボスとの「人を殺さない」という約束を守りながら、たくさんの人数を相手に戦いを挑み、なんとか二人を救出しようとします。

やみくもに銃をうってくるフードから体をかわしながら何とか危機一髪で相棒のヨウコの助けも得て、ミサキを助け出すのでした。

 

 

あらすじ・結

小島はせっかくファブルに助けてもらったのですが、海老原はけじめとして小島を◯します。ミサキは何が起きたのか理解できず恐怖のなかで朦朧としていました。

何が何だか分からないまま、送り届けられアキラの家に行きますが、アキラは何事もなかったようにヨウコと酒盛りをしていることにもびっくりします。

三人で飲んでいるとアキラから自分のイラストをプレゼントされ、素朴なアキラの絵にミサキは感動します。アキラは普通にバイトを続け、給料がでたらミサキにおごるという約束を果たします。

二人で居酒屋さんに行き、普通の生活をエンジョイしていきます。普通の生活ができるようになったアキラの成長ぶりが伺えます。真面目なアキラの普通の生活は続いていきます。

 

 

 

 

 

実写映画「ザファブル」感想

 

30代男性

アクション俳優としても日本トップクラスの実力を持つV6の岡田くん主演作。アクション監督にフランスの特殊部隊経験者のアラン・フィグラルツを招聘しているだけあって、とにかくアクションのレベルが高い作品です。

また岡田くん自身もアクションの振り付けに参加しており、能力がフルに活用されているのが印象的。

相当難易度が高いと思われる壁と壁の間をひょいひょい上っていくシーンもワンカットで、しかもロングで撮影しておりさりげないながら本人が実際に行なっているのが分かる作りとなっており、そこかしこにとてつもないアクションをやっているのがわかり震えます。続編も楽しみです。

 

 

 

漫画の大ファンでしたが、映画は期待以上に面白かったです。まず、主人公のキャラが少々無理な設定なのですが、岡田くんが見事に演じ切っています。

最強で最凶、でもどこか人間くさくて、可愛らしい面もある。そのようなキャラをうまく演じ切っています。

ストーリーとしては、そこまで特別な話ではなく、よくあるアクションもの+αという感じなのですが、アクションはかなり本格的です。主人公の圧倒的な強さがウソらしく見えない点が特に好印象でした。

また、全体を通して、登場人物の心情だったり、思いだったりがとても丁寧に描かれていたと思います、、表情や仕草からそこをうまく表現できていると感じました。

30代女性

 

 

 

20代女性

主人から一緒に見ようと提案され視聴しました。事前情報は岡田くんが出る程度しかなかったため、視聴し始めてからしばらくはただの任侠映画だとたかを括っていました。ところがそんな薄っぺらい映画ではありませんでした。

とにかく面白い!強い!そして主人公の成長過程、過去の出来事を知れば知るほど世界観にどっぷりとハマってしまいました。

そして主人公は強い。清々しいほどに強い。キャストは豪華で眼福ですしヒロインは健気で可愛い。見て後悔はしない映画です。

 

 

 

アクション映画としてもコメディ映画としても楽しめる作品でした。原作の漫画が好きで読んでいたので、

実写としてどう再現出来ているか期待していましたが、キャストもハマり役でしたし、雰囲気やテンポも良く、実写としては上手く再現出来ていたと感じます。

また、アクションシーンはとにかくカッコいいですし、主人公の成長や感動出来るシーンもあり完成度は高かったです。爽快感もあり笑え、そして感動もでき、沢山楽しませてもらえました。

30代男性

 

 

40代男性

実写映画「ファブル」を見て、原作を読んでいたので主人公役を誰がやるのかなと思ったらV6の岡田准一さんだったので意外でした。

実際に映画を見てみたらアクションシーンなどの動きの切れもよく、ちょっとしたボケも面白く岡田さんだからこその雰囲気が出ているなと思いました。

凄腕の◯し屋という役だったので岡田さん程度の運動神経の持ち主でないと演じられないから監督が選んだのかなと、岡田さんの演技を見ていて思いました。さすが日本を代表するアクション俳優だと思います。

 

 

 

伝説の◯し屋とその殺し屋を狙う別の◯し屋との戦いとだけあって、アクションシーンはとても速く、そして迫力があります。

見ごたえがあり、この作品のみどころのひとつだと思います。ですが、個人的にはアクション作品なのに、所々にちりばめられているシュールな笑いが大好きです。

◯し屋として育てられてきたファブルこと佐藤明の妙な行動や笑いのツボ、彼の周りにいるキャラの濃い人たち。

お腹を抱えるほどの爆笑とまではいきませんが、くすりとなんだか癖になる笑いにすごくハマりました。

30代女性

 

 

 

40代男性

凄腕の◯し屋なのに日常生活に不慣れで世間知らず、というコミカルな設定。この様にギャップのある設定人物は非常に興味深いし、楽しい展開が予想されます。実際、その想像通りの良さが出ていた作品です。

また、作品の手法として、心の声(思考)を入れつつもスローモーションで殴られゆがむ顔)をとらえる映像がとても面白いと思いました。

登場人物でも、福士蒼汰も大きな体躯を駆使して、好敵手ぶりを発揮していた。但し、共演陣もそれなりに知名度があり豪華に思えたのですが、顔見世程度で終わってしまう人が多く、ちょっともったいない気もしました。

 

 

 

原作漫画とは別物と考えてみれば、十二分に楽しめるエンターテイメント作品です。原作漫画におけるファブルは圧倒的な強さを誇りますが、映画版だと若干追い詰められる場面も存在します。

ですが、それを補って余りある俳優陣の演技が秀逸です。主演の岡田准一さんもさることながら、大阪のヤクザ役の柳楽優弥さんとその兄貴分であり、ファブルを受け入れる組幹部の安田顕さんの演技が素晴らしいです。

ラストのシーンにおける柳楽優弥さんと安田顕さんの演技、二人の悲しくも熱い絆を見事に表現していて、見てて思わず涙が流れそうになりました。お勧めの一作です。

40代男性

 

 

 

30代女性

◯し屋という職業が成立するのだろうか?という思いを抱きつつ視聴をはじめ、終わる頃にはすっかり主人公の魅力に引き込まれた映画でした。

朴訥で天才的な殺人のセンスを持ちつつも、どこか寂し気で孤独、“普通”に生きることの意味や方法を見失っている主人公を支える周囲の人々も個性的なキャラクターばかりでコミカルとシリアスのどちらも堪能できました。

人情と殺人、それらが不思議と交錯しながらも前に進む主人公や周囲の人々の強さのようなものも感じました。

映画を見終えてからは、漫画の方も読んでみたい!と思うほど、スリリングで楽しい内容でした。

 

 

原作を上手く再現できているというのが最初の感想です。ちょっと変わった◯し屋とそのコンビを組んでいる女性が関西で◯し屋という素性を隠して関西で身を潜めるのですが、普通の生活はできません。

当然たぐいまれ無い◯しのテクニックで刺客を倒すのですが、そのアクションシーンが岡田准一さんのピッタリでアクションシーンは本当に見ごたえがありました。

又、相棒役の木村文乃さんが今までのイメージと違い、一瞬誰だろうこの人と思わせる見事な演技が最高でした。原作ファンが納得する映画の出来だったと思います。

30代男性

 

 

 

 

さいごに

 

2019年公開の1作目がかなり面白かったですし、漫画の実写版での成功例は正直あまり多くないので、2作目にも期待したいところ。

2021年2月に公開予定の2作目に備えて、huluまたはAmazonプライムビデオでは見放題なので、これを機に登録されてみては如何でしょうか?

 

 

 

「実写映画ザファブル」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ U-NEXTでは初回登録時に600ポイント貰えて、有料作品の視聴に使えます/

>>無料期間中(2週間)の解約は0円です<<

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!