【青天を衝け動画】最終回見逃し配信&再放送情報を徹底解説!

【青天を衝け動画】最終回見逃し配信&再放送情報を徹底解説!

この記事では、ドラマ「青天を衝け」最終回の見逃し配信動画に関する情報をまとめていきます!

「青天を衝け」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 25万本の動画を配信中!(2022年1月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 

【青天を衝け】最終回再放送情報について

 

ドラマ「青天を衝け」最終回の再放送ですが、土曜日の13時5分に予定していますが、もしかするとうっかりして忘れる可能性もないとは言えません。

ですが、下記にてご案内をする方法であれば、確実に視聴することができるのでおススメです!

 

【青天を衝け】最終回の見逃し配信動画は無料視聴できる?お得に観る方法を解説!

 

 

ドラマ「青天を衝け」を観られる動画配信サービスは、U-NEXTまたはAmazonプライムビデオ内にあるNHKオンデマンドになります。

NHKオンデマンドは月額料金990円(税込み)なのですが、U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントを貰う事ができてそれを利用料金に充てる事ができるので、実質390円で視聴することができます!

また、U-NEXTでは2か月目以降は1200ポイント貰う事ができるので、2か月目以降はNHKオンデマンドを実質無料で利用することができます!

Amazonプライムビデオでも、NHKオンデマンドの取り扱いはありますが、Amazonプライムビデオの月額料金に加えてまるまる月額990円(税込み)も発生するのであまりおススメできません。

ですから個人的には、「青天を衝け」以外にもNHKドラマの人気作品を豊富に観られますし、U-NEXTでも様々な作品が楽しめますので、暫くの間(2~3か月程度)は契約更新をされることをおススメします。

※各動画配信サービスの無料期間は、初回登録時のみ適用となりますのでご注意ください。

※この情報は、2021年12月27日時点の情報です。現時点では配信が終了している可能性もあるので、最新の情報は各動画配信サービスのウェブサイトにてご確認ください。

 

サービス名 配信状況 無料期間と
料金(税込)
U-NEXT内の
NHKオンデマンドにて配信
31日間無料
月額2,189円
U-NEXTで観る
配信なし 2週間無料
月額1,026円
配信なし 2週間無料
月額976円
配信なし 初回お試し無料
月額550円
配信なし 2週間無料
月額960円
NHKオンデマンド
(月額990円:税込み)にて
視聴可能
30日間無料
月額500円
配信なし トライアルなし
月額990円~

U-NEXTについて

 

※ご案内している内容は、2022年1月1日時点の情報です。最新の情報はU-NEXTウェブサイトにてご確認ください。

無料期間 31日間
月額料金 2189円(税込)
追加料金
  • 見放題作品の場合は無し
  • 対象の作品は有料
配信作品数 25万本を配信、内22万本が見放題
(2022年1月1日時点)

 

 

日本国内のメジャーな動画配信サービスといえば、「U-NEXT」と名前が挙げられますが、知名度や動画配信数の豊富さ(2022年1月1日時点で24万本を配信中)からも裏付けられると言えるでしょう。

また、動画配信のみならず、(有料ですが)電子書籍の取り扱いもあり、原作漫画も読む事ができます。

これは、FOD PREMIUMを除く他の動画配信サービスにはない特徴なので、アニメと共に原作を読んでみたいという方にはおすすめなサービスです!

月額料金が2,189円と他のサービスと比べると高めですが、有料コンテンツに使えるポイントが毎月1200ポイント貰えるので、実質は989円という価値になります。(初月は600ポイント)

 

また、別の記事でU-NEXTの登録方法や解約方法について解説をしていますので、よろしければお読みください。

U-NEXTの登録方法

【U-NEXT】登録方法や無料トライアル期間~解約までを全解説!【U-NEXT】登録方法や無料トライアル期間~解約までを全解説!

U-NEXTの解約方法

U-NEXTの解約・退会U-NEXTの解約・退会方法の違いと注意点まとめ!無料期間中の方必見!

 

 

【注意事項】違法動画はダメ!絶対!

 

「青天を衝け」に限った話ではなく、数ある違法サイトでも作品によっては視聴することができます。

しかし、それらのサイトを利用することは、

  • 画質が荒い
  • 怪しい広告が多く、ウイルスに感染するリスクが高い

といったリスクにさらされます。

加えて、電子書籍の海賊版サイトでもあったように、現在では違法サイトを厳しく罰する風潮も強いですし、罰金刑や懲役刑を課される恐れがあります。

「映画館に行こう!」実行委員会日本民間放送連盟という団体が、映画館を中心に違法にアップロードされている動画は観ないようにという警告もしています。

特に、下の動画の「NO MORE 映画泥棒」のCMはご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか?

「映画館に行こう!」実行委員会:「NO MORE映画泥棒」劇場用CM動画

 

引用元「映画館に行こう!」実行委員会 公式YouTube

ですから、個人的にも違法サイト経由で動画視聴することはおススメできません。ですから、この記事にてご案内する動画配信サービスをご利用頂くことが最も安全でおススメできる方法となります!

 

詳しい内容につきましては、各団体のウェブサイトをご覧ください。下記のリンクからアクセスできます。

 

 

【青天を衝け動画】最終回感想

 

 

30代男性

時代が時代だから当然だとは思いますが、後の優れた偉人である栄一の人生は波瀾万丈そのものだと思いました。当初は己の出世したいなどと言う気持ちもありましたが、彼には元々それ以上に知らない事を知りたいとかもっと勉強したいとか言う知識欲があるのが素晴らしいなと思います。

それはやがてこの日本国の為、未来の為にと思う彼の志がだんだん高くなっていくのを観る度に感心させられるばかりです。学べば道は拓けると言う事も教えられポジティブな気持ちにさせられて面白かったです。最後の、命を懸けた国民へのメッセージはとても素晴らしかったです。

 

 

 

最終回はどんな風に幕を閉じるのかと思っていたが、エンディングでは栄一が若い頃の姿に戻り、見慣れた血洗島の風景の中を駆け抜けてゆく場面が、青い空と同様に本当に爽やかで印象的であった。

このシーンが象徴するように身体は年老いても魂は若いままで、ずっと死ぬまで疾走し続けた人生であったのだと感じた。ただ前だけを見つめて、常にエネルギーの塊のようだった栄一のまっすぐな生き様が、孫の敬三に受け継がれたことを大変頼もしく思った。

30代女性

 

 

50代女性

渋沢栄一が第一線を引退しても、朝からたくさんの訪問客と会い、生涯現役で活躍している姿に感動しました。跡を継いだ孫の視点から描かれていましたが、随所に勘当同然だった息子さんの柔らかい表情のシーンがあり、親子の愛情を感じました。

関東大震災や移民の差別問題に尽力して、自分を役立てたいと貢献している姿勢に学びたいと思い、渋沢栄一から未来を託されている自分自身の責任も意識しました。資本主義の父と尊敬されながら、偉そうにしない姿勢にも学びがありました。

 

 

全力で駆け抜けた渋沢栄一の91年間を、スタッフ、演者すべての人たちが全力で表現した素晴らしい大河ドラマでした。

「みんなが嬉しいのが一番なんだで」という母の教えを、生涯心に留めて行動理念としていたこと、大変感動いたしました。恥ずかしながら、関東大震災の折に渋沢栄一が復興支援に尽力していたことを知りませんでした。

それまで築き上げてきた人脈に、どれだけ日本が助けられたのか。その存在の偉大さ、器の大きさにただただ感服といった感じです。

長雨の被害に苦しむ中国への義援金を呼び掛けたラジオ演説は涙なしに聞けませんでした。いつでも、利己的ではなく「みんなが嬉しい」を基準に行動したいと思わせてもらいました。

30代女性

 

 

50代女性

栄一が「関東大震災」にあって、年を考えるとそのまま腰を抜かしてもおかしくないのに即座に救護活動を考えているところがすごいと感じました。

しかもけが人の手当てや炊き出しだけでなく、世界各地に救援の要請をかけていたあたり栄一が経済人たる所以ですね。栄一が差別に合うカルフォルニアの日系人を思い、罹災した中国大陸の中国人たちを思い活動をしたのに報われずに終わるところは「お金だけでは解決できないものがある」ことを示していましたね。

ただその理由が差別や戦争だったのは悲しいことだとです。栄一が臨終の際に走馬灯のように駆け巡る父や母や慶喜たちの言葉は視ていてなつかしくもあり感動しました。

 

 

一番の驚いた点は関東大震災が発生して甚大な被害がでたときにだらしなくて後継者から外された息子である篤二が親である栄一を心配して駆けつけたシーンでした。

そして栄一も篤二を嫌うことなく迎え入れて親子の縁が断絶することなく至った場面がある意味での感動でした。もう1点では政財界の人々が口々に高齢になってしまった渋沢にいまだ頼らざるを得ないと語る場面が印象的でした。

そして身体が満身創痍なことを考慮して自宅にラジオの仮設のスタジオを設置して多くの人々に災害募金を呼び掛ける姿がもう1つの感動的な場面でした。

40代男性

 

 

50代男性

1年間欠かさずに見てきたのでこれで終わってしまうのかと思うと寂しい気持ちも生じました。

最終回にもぜひ北大路欣也さんには登場して欲しいと思っていたので冒頭からその願いが叶い大変嬉しかったですし、これで最後だという気持ちの表れなのか、一言一言を丁寧にとてもしみじみと語っていたようにも聞こえました。

渋沢さんが声を出すのもやっとの状態ながらもラジオで渾身の力を振り絞り熱く語っていたのはこの事だけはぜひ語っておきたい、世間に訴えたいという思いがあったからこそだと思いますのでとても心の奥深くにそのメッセージが届きました。

 

 

91歳という高齢となりながらも、日本の為に尽力し続けて来た栄一。精力的に働き続ける姿を見ていて、彼にとって働く事は生き甲斐なのだなと感じました。

現在、我々が不自由なく幸せに暮らせているのも、栄一を始めとする様々な人々のおかげだなと改めて感じました。お札になる事で注目を集めた栄一。

いまいち何をした人なのかとピンと来なかった人も、このドラマを観る事で、栄一の事をより良く知れると思います。何事に対しても諦めない姿勢など、栄一を見習うべき点が沢山あるなと感じました。

30代女性

 

 

50代女性

栄一は一線を引退しても懸命に日本のために活動しました。家族にも恵まれていて、後継ぎの孫の敬三が大変立派で優しいです。息子の篤二だけが最後まで気になっていましたが理解し合えてよかったです。

関東大震災で明治時代から作り上げてきた物が燃えたことはショックだったと思います。でもすぐに救護所を開いて先頭に立ち立派でした。国内外の実業家や政治家に寄付を募り多くのものをもらいました。これこそ栄一が目指したものだと思いました。

中国やアメリカとの関係が悪くなっていることが心残りでした。みんなが幸せになるように働けという父母の教えを最後まで守った栄一でした。血洗島を走り回っていた頃と変わりませんでした。

 

 

「青天を衝け」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 25万本の動画を配信中!(2022年1月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!