【るろうに剣心/るろ剣追憶編動画】NETFLIXの配信は?全話フルで無料視聴できるサービスを解説【The Begining原作】

2021年6月3日に、実写映画「るろうに剣心 The Begining」が公開予定となっていますが、その原作アニメにあたる「追憶編」がOVAとして既にリリースされています。

テレビアニメ版とは異なり、かなりシリアスな作風となっていて、地上波では放送するのは難しい内容となっていますが、剣心と雪代巴との出会いや、剣心の頬の傷ができた理由などが明かされた内容となっています。

この記事では、アニメ「るろうに剣心・追憶編」の動画を全話無料視聴できる方法やサービスについて解説していきます!

 

るろうに剣心/るろ剣追憶編を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 21万本の動画が見放題!(2021年4月時点)/
映画版とアニメと漫画の3種類が楽しめます!

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 

 

【るろうに剣心/るろ剣追憶編】配信中の動画配信サービス!NETFLIXでは観られる?

 

「るろうに剣心/るろ剣追憶編」を配信中の動画配信サービスを、表にしてまとめました。NETFLIXでも取り扱いはあるのですが、無料期間がないので特にNETFLIXにこだわりのある方でない限りは、他の動画配信サービスをご利用になることをおススメします。

個人的におススメなのはU-NEXTで、テレビアニメ版・OVAが観られるうえに、ポイント利用で実写映画や漫画を読む事ができます!

また、U-NEXTであれば毎月貰えるポイントを利用することで、有料作品の映画版を実質無料で観られますよ!無料期間中にもらえるポイントは、600ポイントなのですが、映画版るろうに剣心の3作品はそれぞれ199ポイントなので、無料期間中も全3作品を観る事ができます!

ですから、個人的にはU-NEXTをご利用になることを強くおススメいたします!また、下記にてU-NEXTについて解説していきます。

U-NEXTは31日間の無料期間があるので、期間内に解約すれば料金は発生しませんが、U-NEXTでは映画のみならず、海外ドラマやアニメ、そして電子書籍なども豊富に取り扱っていますので、数か月間(2~3か月)はご利用になることをお勧めします。

 

※表に記載の情報は、2021年4月時点のものです。最新の情報は、U-NEXTウェブサイトにてご確認ください。

サービス名 配信状況 無料期間と
料金(税込)

【アニメ】

  • るろうに剣心・全94話
  • 維新志士への鎮魂歌
  • 追憶編
  • 星霧編
  • 新京都編

 

【実写映画】

  • るろうに剣心
  • 京都大火編
  • 伝説の最期編

※実写映画はすべて有料ですが、ポイント利用で実質無料で観られます。

31日間無料
月額2,189円
U-NEXTで観る

【アニメ】

  • 追憶編
  • 星霧編
  • 新京都編

 

【実写映画】

取り扱いなし

2週間無料
月額1,026円

【アニメ】

  • 維新志士への鎮魂歌(有料)
  • 追憶編
  • 星霧編
  • 新京都編

【実写映画】

  • るろうに剣心
  • 京都大火編
  • 伝説の最期編

※すべて有料

2週間無料
月額960円

【アニメ】

取り扱いなし

【実写映画】

  • るろうに剣心
  • 京都大火編
  • 伝説の最期編

※すべて有料

初回お試し無料
月額550円

【アニメ】

  • るろうに剣心・全94話(有料)
  • 維新志士への鎮魂歌(有料)
  • 追憶編(有料)
  • 星霧編(有料)
  • 新京都編

【実写映画】

  • るろうに剣心
  • 京都大火編
  • 伝説の最期編

※すべて有料

30日間無料
月額500円

【アニメ】

  • るろうに剣心・全94話
  • 維新志士への鎮魂歌
  • 追憶編
  • 星霧編
  • 新京都編

【実写映画】

  • るろうに剣心
  • 京都大火編
  • 伝説の最期編
トライアルなし
月額990円~

【アニメ】

  • るろうに剣心・全94話
  • 維新志士への鎮魂歌(有料)
  • 追憶編(有料)
  • 星霧編(有料)
  • 新京都編(有料)
  • TV未放映秘蔵ビデオ(有料)

【実写映画】

取り扱いなし

2週間無料
月額976円

 

U-NEXTについて

 

無料期間 31日間
月額料金 2189円(税込)
追加料金
  • 見放題作品の場合は無し
  • 対象の作品は有料
配信作品数 21万本を配信、内19万本が見放題
(2020年7月時点)

 

日本国内のメジャーな動画配信サービスといえば、「U-NEXT」と名前が挙げられますが、知名度や動画配信数の豊富さ(2020年7月時点で21万本を配信中)からも裏付けられると言えるでしょう。

また、動画配信のみならず、(有料ですが)電子書籍の取り扱いもあり、原作漫画も読む事ができます。

これは、FOD PREMIUMを除く他の動画配信サービスにはない特徴なので、アニメと共に原作を読んでみたいという方にはおすすめなサービスです!

月額料金が2189円(税込み)と他のサービスと比べると高めですが、有料コンテンツに使えるポイントが毎月1200ポイント貰えるので、実質は989円という価値になります。(初月は600ポイント)

また、別の記事でU-NEXTについて解説をしていますので、よろしければお読みください。

【U-NEXT】登録方法や無料トライアル期間~解約までを全解説!【U-NEXT】登録方法や無料トライアル期間~解約までを全解説! U-NEXTの料金体系やポイントの仕組み【U-NEXT】月額料金の仕組みと注意点を解説! U-NEXTポイントの使い方U-NEXTポイントの使い方と、交換可能なサービスをまとめて解説!

※ご案内している内容は、2020年10月15日時点の情報です。最新の情報はU-NEXTウェブサイトにてご確認ください。

 

 

 

るろうに剣心/るろ剣追憶編を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 21万本の動画が見放題!(2021年4月時点)/
映画版とアニメと漫画の3種類が楽しめます!

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 

 

 

【るろうに剣心/るろ剣追憶編】あらすじ

 

 

第1話

 

幕末、夜道を行く人買いの一行の中に天涯孤独の少年・心太もいた。ところが、待ち伏せていた野党が一行を襲う。一行の者たちは次々と切り捨てられ、残された心太にも凶刃が迫ろうとした瞬間、ひとりの剣客が現れ、野党全員を成敗する。

一命を取り留めた心太を置いて、剣客はその場を立ち去る。その後、一行の者たちだけでなく野党の墓まで作る心太を見つける剣客。心太に何かを見出した剣客は「比古清十郎」と名乗り、心太に「剣心」の名を授ける。

剣心は、清十郎の下で飛天御剣流を習得した後、人々を助けたい一心で師と決別する。その後、維新志士・桂小五郎の目に留まり、長州藩の「人斬り」として京都で暗躍していた。

1864年(元治元年)、京都所司代・重倉十兵衛と祝言を控える従者・清里明良たちの前に抜刀斎・緋村剣心が立ちはだかる。次々と剣心に切り倒される中、明良も剣心の頬に一太刀浴びせるも、許嫁を想いながら命を絶たれる。

ある雨の日の夜、剣心に刺客が襲い掛かる。戦いの末、刺客を倒す剣心だが、そこに白梅香の香りをまとった女が居合わせる。

 

 

第2話

 

刺客との戦いに居合わせた女に戸惑う剣心だったが、女はその場に倒れ込んでしまう。やむを得ず、自分の宿に女を運び込み、泊めることにする剣心。

後日、「雪代巴」と名乗る女は、そのまま旅籠で働くようになる。一切を忘れて、京都より立ち去ることを頼む剣心に、巴は「帰れる場所などない」と告げる。

一方で、剣心は幕府側の刺客の待ち伏せに遭うようになり、内部から情報を漏らしている裏切り者がいる可能性が濃くなっていく。

そんな中、長州藩士・桂小五郎は「”抜き身”である剣心の”鞘”になってほしい」と巴に頼む。ほどなくして、倒幕派の情報を掴んだ新選組は、会合場所への討ち入りを決行、「池田屋事件」が発生する。

検分役の飯塚から事態を知らされた剣心は、巴を連れて池田屋へ向かうが、新選組に足止めを食らう。新選組をやり過ごし、何とか桂と合流した剣心は、京都から落ち延び、事態が収まるまで巴と夫婦に成りすまして暮らすようにと指示を受ける。剣心と巴は大津へ向かうことになる。

 

 

 

第3話

 

大津で夫婦として暮らしはじめた剣心と巴。世間では、維新勢力の粛清が進み、桂小五郎の行方も知れないまま状況が悪くなる一方で、ふたりは検分役の飯塚から、薬売りに扮するように指示を受ける。

一方、飯塚は密かに敵対勢力である幕府側の暗殺部隊「闇乃武」に接触し、剣心の近況について密告していた。
その飯塚の企てで、巴の弟である「雪代縁」が巴を訪ねてくる。

縁は「ようやく抜刀斎に天誅を下せるときが来る。」と巴に伝えるが、巴は縁に江戸へ帰るように促す。穏やかな日々を送る中で、剣心と巴は次第に心を通わせてゆく。

自らの想いを話す剣心に対して、巴は自らの身の上を打ち明ける。両親のこと、弟・縁のこと、婚姻が決まっていたこと、その許婚が京で命を落としたこと。

ある朝、剣心が目を覚ますと巴は姿を消していた。そこへ飯塚がやってきて、内通者の正体は巴であり、彼女を始末するように伝える。証拠となった巴の日記を手に取る剣心。そこには、かつて自分が京都で斬った者たちのひとりが巴の許婚だったことが記されていた。

 

 

第4話

 

姿を消した巴を追って雪山を歩む剣心。一方、暗殺部隊「闇乃武」の長・辰巳に縁を巻き込んだことを問いただす巴は、自身が計略の一部として利用されていたことを知らされ、剣心に惹かれる自分にとって、剣心に命を奪われた許婚・清里明良は何だったのかを逆に問いただされる。

剣心は、道中に次々と立ちはだかる「闇乃武」たちを傷つきながらも打ち倒していき、ついに辰巳と対峙する。心身ともに傷を負い、辰巳に追い詰められる剣心だったが、剣心をかばって決闘に割り入った巴ごと辰巳を斬ってしまう。

瀕死の巴は、剣心の頬に小刀で十字傷を入れ、「ごめんなさい、あなた」と残し命を落とす。剣心は巴の亡骸に、罪を背負い、償いの道を探すことを誓う。

後に、剣心の元を桂小五郎が訪ねてくる。「新時代が来るまで、剣を振るい続けてほしい」という小五郎に、剣心は「新時代が来たら、二度と人を殺めない」ことを告げる。京都に戻った剣心は幕府側との戦いに身を投じた後、新時代「明治」の到来とともに姿を消すのだった・・・

 

 

 

【るろうに剣心/るろ剣追憶編】感想

 

30代男性

キャラクターのイラストがテレビアニメとは異なって少女アニメ風な感じでよりリアルなタッチだったので、表情や殺陣のシーンが迫力がありました。

特に好きなシーンがラストに亡くなる巴が抱き寄せる剣心に謝りながら剣心の顔に傷をつける姿が最初は剣心に対して最初は恨みながらも愛してしまったことや約束を果たせないことなど様々な感情が入り乱れているような感じでグッとくるものがありました。

また、原作とは異なる演出も多かったので、原作ファンも楽しめたのがよかったです。

なぜTVで放送しなかったのか?その疑問は、本作品を見たときに解決しました。残酷な描写が多すぎて民放では放送不可能と判断されOVAとしてリリースといった形になったところでしょうか。

剣心の過去編という人斬り時代の重い話をTVでやるには無理があったのでしょう。原作は少年向けでしたけど、本作品は明らかに青年向けの作品と思います。細かい描写(口の中に雪を入れ、体温を低下させ息を白くならないようにして、敵から見つからないようにする)とか子供じゃわからない、いや大人でもわかりませんよ。

そのくらい細かい描写に力を入れ剣心の過去編という重い物語を表現しようとしていたんだと思います。名作ですよ。この一言に尽きる。

40代男性

30代男性

原作マンガと元々のアニメと比較した場合は絵的にはきれいなグラフィックで繊細な印象があって好感がありました。その一方で具体性が少しかけている部分もあってもう少し広く描いてくれたらいいのにと思うところはありました。

いわゆる飛天御剣流の原点といってもいい出会いの場面やそこにおける人間模様を改めて楽しめる内容になっていて少し時代劇な雰囲気があるものの心情的なところもしっかりとあってストーリーとしてはわかりやすい構成に感じられました。

テレビシリーズとは随分雰囲気の異なる大人向けなシナリオだったと思います。格好良いチャンバラでヒーローのように剣心を見せるよりも、これまで職業として人を切り、自分も他人も傷つけたことで人生に疲れた侍として描いている点が印象に残ります。

楽しいばかりではなく、悲哀の想いもたくさん背負って生きてきた剣心という一人の人間の人生の重さがどっしりと伝わる深い人間ドラマに魅せられるものがありました。演じた役者さんの悲哀の感情をだした声の演技も良かったです。

30代男性

 

 

30代男性

漫画本編では、それ現実ではあり得ないよね…?というとんでも技が飛び出してきますが、この追憶編アニメ版は至って真面目な構成です。技を叫んで戦うこともなく、ただ静かに暗◯する…

絵も綺麗で、ストーリーも愛憎交わる重苦しい内容で、どちらかというと大人向け。理想に燃えた少年が暗◯者になり、理想と現実との葛藤に悩むという暗いテーマです。

暗◯者ものとしては、なかなかの名作に仕上がっており、正直、るろうに剣心という名前を借りた違うモノになっているような感じすらします。

二時間ほどで完結とコンパクトに纏まっており、変に長引かせていないのも良いです。

 

 

ovaである本作はアニメ本編の過去、即ち主人公である緋村剣心の過去を描く。まだ「人斬り抜刀斎」と恐れられていた頃の話である。原作・アニメ本編ではいわゆるバトル物的な要素が強いが、本作品ではそういった要素はかなり薄まっており、必殺技的なものは一切登場しない。

世界観・作品を本編と共有しながらも全くの別物と言っていいほど異なる作風である。それ故に作品として独立して見る事が出来る。実際、筆者も「るろうに剣心」は殆ど観た事がなく予備知識も無かったが、なんの疑問点もなく最後まで見れた。まるで上質な時代劇を見たような気持ちにさせてくれる作品。

30代男性

40代男性

主人公剣心が剣の道を志し、身に付けた剣の力で自身が信じた道が描かれたとても良い作品だと思います。特に追憶編では剣心の若かりし頃の心の在り方や葛藤が強く表現されています。

頬の十字傷には悲しい出来事がありそれでも前に進もうとする剣心には心が打たれました。また若かりし頃も現在と変わらない強さどころか人を切ることに躊躇しない姿はそれ以上の強さにも見えます。その中で自身の行動や決意が正しいかどうかの答えが見られるとても面白い作品でした。

るろうに剣心・追憶編は、るろうに剣心のアニメエピソードの中でも特に気に入っています。この理由は、主人公の剣心が人切り抜刀斎として恐れられていたころに「巴」という女性に出会ったことで、原作やアニメに描かれているような優しい性格に変わるシーンがあるからです。

また剣心のトレードマークである十字傷が、できたきっかけを描いているところが、追憶編の見どころです。この他にも、今のようにCG技術がないながらもアクションシーンは非常にかっこよく見逃せません。

30代女性

30代男性

幕末の激動の時代を生きてきた中で、人斬り(暗殺)をしていく訳ですから、世界観や雰囲気が凄く暗いもので描かれていたのが印象的でした。

TV版の剣心はよく笑い、おちゃらける部分もありましたが、この追憶編では殆ど表情を変えず、ただただ、任務を遂行する点で剣心の十代で課せられた責務の重さと冷酷さがよく描写されていたと思います。

でもその人斬りの中で出会い巻き込まれていく雪代巴のミステリアスな雰囲気もとても興味深いものがありました。るろ剣のちょっと違う視点で見るという意味では良い作品でした

30代男性

本作は剣心が、心太だった頃から池田屋事件までの歴史の中で、1人の女性:巴と左頬にある十字傷についてメインに描かれている。るろ剣本編自体好きな作品ですが、原作を超えている位の出来栄えです。

なによりも音と画が血と切なさを匂わせてくるような妖美な雰囲気だけでも、下手な時代劇よりも見応えがあります。

巴と婚約していた男を切ったときに出来た傷と、巴を守れなかった時に巴に刻まれた傷が、交差してできた十字傷。ただ、これ原作では巴は小刀を落とし、傷がつくと言う描写で留まっているのですが、本作ではしっかり刻み込む。ここが最大の見所ではないでしょうか。

 

 

るろうに剣心/るろ剣追憶編を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 21万本の動画が見放題!(2021年4月時点)/
映画版とアニメと漫画の3種類が楽しめます!

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!