レンアイ漫画家9話ネタバレと感想!刈部まりあの正体がバレて炎上?!

 

レンアイ漫画家9話ネタバレを含むあらすじ

 

刈部清一郎から突然キスをされ、久遠あいこは混乱する。そして、家を出て行く必要は無い事を伝える。その様子を偶然見ていた早瀬剛は、ショックを受けて、向後達也や金條可憐にその事を話してしまう。

思っても見なかった事に向後や可憐は、信じられない気持ちでいた。その話を聞いていたレンは、清一郎とあいこの様子がおかしい事から、2人は付き合っているのかと質問をする。2人は違うと否定をするが、清一郎はレンにきちんと説明するべきなのかと混乱する。

そんな中、付き合う意味がわからなくなり、清一郎は辞書で意味を調べ始める。あいこが気まずさを感じる中、清一郎は食事に行かないかとデートに誘う。あいこに承諾してもらい、清一郎がガッツポーズをする一方で、あいこも喜びを感じていた。

向後が清一郎とあいこの関係にショックを受ける中、ネットで刈部まりあの正体が、拡散されている事に気がつく。元の投稿は削除されており、この事態を知った可憐は清一郎の事を心配していた。

この騒動を受けて、出版社は電話が鳴り止まず、社員は対応に追われていた。可憐は清一郎が心配となり、早瀬と共に清一郎宅に向かう。

帰宅したあいこは、可憐からこの件を知らされる。編集長から、清一郎本人が謝罪会見を開くべきではと伝えられ、向後は何も悪い事はしていないと反論しようとするが、聞く耳を持ってもらえずにいた。

そんな中、清一郎の漫画が日本漫画大賞を授賞した知らせが入る。早瀬が1人外で待つ中、沢山の人集りが出来始める。ネットで刈部まりあの自宅が特定されていた。早瀬や向後が必死に人を追い払う中、何も知らずに清一郎が家の外から出て来てしまう。

刈部まりあ本人だと野次馬達が写真を撮り、清一郎は困惑する。ネット上には、刈部まりあに対する書き込みが沢山投稿され、清一郎は精神的に追い詰められていく。そんな中、向後に無断で日本漫画大賞に応募した事を知らされ、清一郎は裏切りを感じ、帰るようにと伝えるのだった。

清一郎を励まそうとするあいこだったが、今の清一郎には何を言っても無駄で、ただ怒りを買うだけになってしまうのだった。早瀬と可憐がネットに投稿した犯人捜しをする中、早瀬は、清一郎の写真が撮られた時に、二階堂藤悟と伊藤由奈がいた事を思い出す。

2人は嫉妬から、二階堂が犯人なのではと疑い始める。そんな中、二階堂から清一郎の件で話したい事があると、あいこにメッセージが入る。一方、向後は清一郎の部屋の前に行き、出会った当初から売れるまでの思い出を話し始める。

二階堂はあいこに会うなり、頭を下げて謝罪をして来る。ネットにバラしたのは由奈の仕業で、由奈も二階堂と共に謝罪をする。二階堂が、あいこを好きになった事が原因だった。

あいこは、由奈がむかいついているのは自分なのに何故、清一郎を狙ったのかと尋ねる。そして、清一郎が漫画にかけてきた思いを話し、怒りを露わにするのだった。向後は、清一郎に日本漫画大賞の授賞を辞退し、漫画の連載を休もうと伝えて帰って行くのだった。

一方、由奈に怒りを向けたものの、元を正せば自分が原因だと気がつき、あいこは清一郎に合わせる顔がなくなっていた。そんな中、二階堂が清一郎の元を訪れて、事情を説明して謝罪をする。そして、あいこが責任を感じている事を伝えるのだった。

日本漫画大賞の授賞式が行われ、清一郎に代わって登壇した向後が、今回の授賞を辞退する旨を伝えようとする中、清一郎が姿を現わす。担当編集や愛してくれる読者に感謝の意を込めて、賞を謹んで受け取る事を伝える。

そして、愛とは無縁と感じていたが、それに気づかせてくれた人にも感謝していると伝えるのだった。清一郎は、あいこと帰る中、自分達は付き合っているのかと質問する。付き合っている意味がわからずにいる清一郎に対して、あいこは、意味は私達が作っていこうと伝えるのだった。

 

 

レンアイ漫画家9話感想

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!