【レンアイ漫画家】7話ネタバレと感想!あいこが仕事抜きで清一郎に?!

 

 

【レンアイ漫画家】7話ネタバレと感想!

 

漫画の原稿を描いていた刈部清一郎だったが、昨日の秋山美波からの留守番電話の件を受けて、集中出来ずにいた。純が亡くなった事を知り、別れを告げたいからと、明日の夕方自宅を訪ねる事を伝えられていた。

清一郎が部屋から出て行くと久遠あいこに遭遇する。あいこは、出しゃばった真似をしたと謝罪をする。すると清一郎も言い過ぎたと謝罪をするのだった。そして、今日、美波が来る事を伝えようとするが、伝える事が出来ずにいた。

今日もバイトに行くというあいこの話を聞き、清一郎はレンにあいこのバイト先で夕飯を食べるようにと伝える。家を追い出されたと思っていたレンは、このまま家に居ても良いと言われて喜ぶのだった。

一方、あいこはバイト先に向かう中、二階堂藤悟にキスされた事を思い出していた。内心戸惑っていたが、二階堂にとっては挨拶程度だったのだろうと考えて、無かった事にしようとする。

しかし、二階堂は、かなり意識している様子で、あいこは年上の余裕を見せる為、いつも通りに接する。向後達也は、刈部まりあを説得して、日本漫画大賞にエントリーさせるようにと業務命令を受けていた。

一方、金條可憐は、憧れの刈部まりあが、男だった事にパニックとなっていた。清一郎が美波がやって来る事に緊張する中、自宅に可憐が訪ねて来る。可憐の手には清一郎の部屋から持って来た原稿があり、清一郎は渋々自宅へ入れる。

可憐は、まりあの大ファンだと伝え、漫画家を目指すきっかけとなったと熱い想いを伝える。目的は何だと尋ねられ、可憐は、まりあの正体を明かさない事を約束し、お守りしたい事を伝える。

そんな中、チャイムが鳴り、美波がやって来る。可憐が帰ろうとした為、清一郎は居留守がバレてしまうからと引き止める。清一郎が困っている事を知り、可憐は清一郎の恋人のフリをして美波の対応にあたる。

美波は純の遺影を見つめて涙を流すのだった。レンが麻央とあいこのバイト先のカフェで遊んでいる中、向後がやって来る。麻央が可憐の姪である事を教えられる中、早瀬剛がカフェにやって来る。そして、二階堂には彼女がいるからやめた方が良いと告げて来る。

早瀬は2人のキス現場を目撃していたのだ。そんな話をする中、退院した伊藤由奈が会話を聞いてしまい、気まずい空気が流れる。あいこは、その場にいられなくなり、帰宅して行く。帰宅すると美波や可憐の姿があり、状況が飲み込めず、混乱するのだった。

美波が純の別れた妻だと知り、驚くのだった。清一郎は、あいこを部屋に呼び、状況の説明をする。純は母が死んだと息子に伝えていたが、それは美波を母と認めていなかった為だった。清一郎と2人きりとなった美波は、精神的な支えだった純を失った寂しさから清一郎にすがるが、帰るようにと突き放されるのだった。

そして、清一郎は過去の出来事を思い出す。当時、美波は清一郎に好意を抱いていたが、純の役に立ちたいと結婚をしていた。清一郎に抱きつく美波の姿を思い出し、あいこがモヤモヤする中、リビングには酔っ払った清一郎がいた。

そして、純に対して劣等感を抱いていた事を明かす。美波の事を忘れられないのではと尋ねられ、清一郎は否定をするのだった。恋愛はしたくないと語る清一郎に対して、思わずあいこは抱きついてしまう。

これは愛ですと言われ、清一郎は動揺しながら部屋に戻って行く。翌朝、清一郎は締め切り間近という事を理由に朝食を食べずに部屋に引きこもる。あいこはレンを学校へ見送った後、清一郎の部屋をノックする。そして、昨日の事を謝罪する。

一方、レンが学校へ向かう中、美波は後をつけて声を掛ける。そして、あいこは疑似恋愛では無く、清一郎と本当の恋愛をしたい事を伝えるのだった。

 

 

【レンアイ漫画家】7話感想

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!