【レンアイ漫画家】4話ネタバレと感想!刈部があいこを守る?!

自分の気持ちをうまく表現するのがへたくそな刈部が、あいこに「疑似恋愛のミッション」を課しているものの、本当は好意を抱いているように感じられます。

第3話までのストーリーの中でも、ぶっきらぼうに見えて実は面倒見の良いところも垣間見られたので、今後あいこと心の距離が近づいていくのかについて注目したいところ。

この記事ではドラマ「レンアイ漫画家」4話のネタバレや感想をまとめていきます。

「レンアイ漫画家」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 5,000本の独占配信動画が見放題!/(2021年7月1日時点)

>>無料期間中(2週間)の解約は0円です<<

 

詳しい内容は、別の記事でも取り上げています。宜しければご覧ください。

【レンアイ漫画家見逃し】Tver,hulu,U-NEXTで無料視聴は?再放送情報もまとめて解説!【レンアイ漫画家】フル動画の見逃し配信、再放送など全話無料視聴する方法を解説!
スポンサーリンク

 

【レンアイ漫画家】4話ネタバレ

 


朝、目覚ましのアラームが鳴り、久遠あいこは目覚める。自宅に居候させてくれると言った、刈部清一郎の姿を思い出しながら、2度と鬼瓦とは呼ばないと決意をするのだった。

キッチンに行くと清一郎の甥の刈部レンが朝食の準備をしていて、美味しそうな料理が並んでいた。そこへ清一郎がやって来て、あいことレンから挨拶をされ、身構える。

そして、担当編集の向後達也から言われた言葉を思い出す。居候と言うことは、あいこと四六時中顔を合わす事であり、大丈夫なのかと心配をされていた。

レンとあいこが朝食を食べながら楽しげに会話をしていると、清一郎から静かにする様にと注意を受ける。偏屈な理由をつける事に対して、あいこはやっぱり鬼瓦だと呟くのだった。

対等になるまでは文句が言えない決まりとなっており、あいこは目で不満を露わにし、その事に清一郎は腹を立てるのだった。家事は分担制で、あいこは必要な物を買う為、冷蔵庫の中をチェックする。

そこで清一郎と出会し、プライベートを邪魔されたくない理由から、家の中で会わないようにする為、奇数と偶数で時間を分けて行動をする事となる。

 

スポンサーリンク

 

あいこは次のミッションとして、友情から恋愛に変わる過程を見たいと言われる。二階堂藤悟には彼女もあり、年が離れすぎているから無理だと伝えるが、強制的に3日の期限を決められてしまう。あいこは買い物に行く為、清一郎からクレジットカードを預かる。

決まった物しか食べないという清一郎の為、セレブ御用達のスーパーに行くが、あまりの高さにあいこは驚愕するのだった。よく見ると家中、高価な物ばかりが並んでいて、あいこは生活レベルの違いを痛感するのだった。

刈部家のルールでは、食材、生活用品は実費の3分の1を負担する事となっていて、あいこは何とかしなければと二階堂に会いに行く。そして、疑似恋愛のバイトの話を持ちかける。

最初は良いと言っていた二階堂だったが、あいことミッションすると聞き、突然態度を急変させて断るのだった。

あいこは、お金欲しさに出来レースを申し出た事を伝え、清一郎を呆れさせるのだった。生活レベルの格差を感じているあいこの言葉から、清一郎は次のミッションとして格差恋愛をするようにと命じる。その事を向後に報告し、帰宅していると、あいこは誰かにつけられている気配を感じる。

しかし、振り向くと誰の姿も無く、代わりに漫画家の金條可憐と姪の麻央に声を掛けられる。可憐は、ここに刈部まりあが居ると考え、会いに来ていた。

あいこが必死で言い訳を考えて断る中、迷惑そうに清一郎が玄関から顔を覗かせる。強面の顔を見て、まりあがここに居ないと知り、落胆しながら帰って行く。セレブの独身男性との恋愛と言われるが、なかなか相手が見つからず、あいこはマッチングアプリを活用する。

そして、生活レベルについていけない事から、食材や消耗品を2人とは分けさせて欲しいとルールの変更を清一郎に申し出るのだった。そして、八代貴之というセレブ独身男性とデートをし、今まで経験した事の無い、豪華で夢の様なひと時を過ごす。

それにも関わらず、あいこはキュンとする事は無く、寧ろ清一郎が団扇で扇いでくれていた時の方が、キュンとした事を思い出すのだった。レンの誕生日のお祝いをする為、清一郎と3人で水族館に行く事となるが、そこで八代が女性と一緒にいる姿に遭遇する。

3階の吹き抜け通路に来てと呼び出され、八代に会いに行くと一緒にいた清一郎について聞かれる。自分も他の女性とデートしていたのにも関わらず、理不尽な理由をつけてあいこばかりを責めてくる。

暴言の数々の他に謝罪を強要し、暴力を振るおうとした八代の手を清一郎が止める。清一郎のさりげない優しさにあいこは、喜びを噛みしめるのだった。

そして、レンの希望により、誕生日の食事をあいこが作る事となる。ケチケチ料理ながら美味しい味を清一郎も認め、あいこが今後の朝食作りをする事となる。

そして、奇数と偶数で時間を分ける事も撤回されるのだった。3人で誕生日会をしている事に向後は寂しさを感じていた。

 

スポンサーリンク

 

【レンアイ漫画家】4話感想

 

SNSでの感想

管理人の感想

 

 

 

「レンアイ漫画家」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 5,000本の独占配信動画が見放題!/(2021年7月1日時点)

>>無料期間中(2週間)の解約は0円です<<

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!