レンアイ漫画家最終回ネタバレと感想!ハッピーエンドのラストに涙!

 

レンアイ漫画家最終回ネタバレを含むあらすじ

 

久遠あいこが姿を消してから1年、刈部清一郎の生活はすっかり変わっていた。清一郎の朝は、ランニングする事から始まり、デイトレードをし、筋トレをやった後、買い物に行く。そして、夜は異業種交流会に早瀬剛や二階堂藤悟と共に参加する事が日課となっていた。

そんな清一郎の姿を見て、ただの合コンだと向後達也は嘆いていた。1年前、神回となる銀河天使を描き上げた清一郎は、担当の向後に休載を申し出ていた。作家が1度ペンを置くと、なかなか戻れないとされていたが、向後は清一郎が再びペンを握ると信じていた。

久々に清一郎の元を訪れた向後は、そろそろ漫画を描くように促すが、清一郎がペンを握る事は無かった。一方、金條可憐の元に居候していた真央が、両親の元へ戻ってしまい、オンライン上でやり取りはあるものの、レンは寂しさを感じていた。

可憐は日本漫画大賞を受賞し、連載が増えて忙しい日々を送っていた。疲れた様子で二階堂のカフェを訪れる中、憧れの刈部まりあが変わってしまったのは、二階堂と早瀬のせいだと怒りを露わにする。2人は清一郎に頼まれただけだと、誤解を解こうとする。

1年前、突然二階堂の元を訪れた清一郎は、家の近所をランニングするには、どうしたら良いのかと相談しに来ていた。特に親しくなかったが、それ以来、清一郎とランニングする仲になっていた。一方、早瀬は、異業種交流について教えて欲しいと頼まれ、清一郎を会場に連れて行っていた。

最初は石の様になっていたが、今では率先してゲームを提案するまでになっていた。かつての面影が全く無くなってしまった事に、可憐は愕然とするのだった。可憐が帰宅するとあいこが待っていた。あいこは、可憐の担当編集となっていた。

ネームの打ち合わせをする中、可憐は頼みたい事があると取材をお願いする。その頃、清一郎は異業種交流会に向かっており、向後は清一郎の事を尾行する。会に馴染む清一郎の姿に驚く中、可憐が姿を現わす。可憐は合コンの取材で、この場を訪れていた。

清一郎がいる事を知り、慌ててあいこに連絡を取って、来るのを阻止しようとするが間に合わず、あいこは清一郎と遭遇してしまう。早瀬や二階堂が駆け寄る中、あいこは帰ろうとするが、清一郎に一緒に楽しもうと声を掛けられ、その場に留まる。

階段で清一郎とバッタリ会い、近況について聞かれたあいこは、フリーの編集者として、可憐の担当編集をしている事を告げる。清一郎に漫画を描かないのかと尋ねるが、君には関係が無いと言われてしまう。あいこは変な緊張感から自棄酒を飲み、酔いつぶれてしまう。

あいこが目覚めると清一郎が背負って、可憐宅まで送ってくれていた。あいこは、清一郎の今の姿は偽りだと話し、漫画を描く事から逃げないで欲しいと伝える。レンが学校から帰宅すると、しばらく留守にするとの清一郎の書き置きがあり、二階堂を頼るようにと書かれていた。

その頃、清一郎は船に乗っていた。事情を知ったあいこはレンの元に行き、レンを連れて可憐宅へ行く。その夜、レンは、清一郎が渡せずにいたプレゼントをあいこに渡す。あいこが忙しく働く中、向後から連絡が入り、依頼したい仕事がある事を告げられる。

指定場所に向かうと、清一郎が船に乗って現れる。依頼人は向後では無く、清一郎だった。清一郎は、漫画が描けなくなった理由について語り始め、今まで漫画から遠ざかっていたが、あいことの再会をきっかけに漫画を描く意欲が湧いた事を明かす。

清一郎の頭には、常に漫画の事があった。清一郎は、描き上げたばかりの銀河天使の原稿をあいこに渡す。清一郎は、これを描き上げる為、1週間、島に篭っていた。そこには、あいことの思い出が描かれており、あいこの目から涙が溢れ出す。

清一郎は、あいこと恋愛をして漫画を描いて、そういう人生を生きていきたい事を伝える。あいこは清一郎に抱きつき、1人で生きていけるように頑張って来たのは、いつか清一郎と恋愛出来る日が来たら、漫画を邪魔しない自分でいたいからだと伝える。

あいこの首には、清一郎がプレゼントしようとしていたネックレスがあり、清一郎は、今日あいこの誕生日だった事を思い出す。店を予約して、きちんとメッセージを伝えるつもりだったと慌てふためく。

あいこに何を伝えるつもりだったのかと聞かれ、清一郎は、君のたった1人の人生の相方でいたいと答えるのだった。銀河天使が飛ぶように売れる中、可憐と早瀬の結婚式が行われる。

可憐からのプロポーズにより、話がトントン拍子に進んでいた。一方、二階堂と伊藤由奈も復縁していた。そして、あいこは清一郎宅で、再び生活を始めるのだった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!