【トラベルナース】6話ネタバレを含むあらすじと感想

この記事では、トラベルナース6話ネタバレを含むあらすじと感想をまとめていきます。

 

\トラベルナースを観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ ABEMAプレミアムはトラベルナースの最新話が1週間限定で視聴可能 /

>>無料期間中の解約で0円!<<

※この情報は、2022年10月20日時点のものです。最新の情報は、現在と異なる可能性がありますので公式サイトをご確認ください。

スポンサーリンク

 

【トラベルナース】6話ネタバレを含むあらすじ

 

人手不足が改善されず、看護師達が慌ただしく働く中、看護部長の愛川塔子は、院長の天乃隆之介から呼び出しを受ける。院長室には事務長の西千晶の姿もあり、経営会議で決まったとして、各病棟の夜勤の看護師を4人から3人に減らす事が告げられる。

夜勤は、今でも手が足りず、愛川は難色を示す。しかし、働き改革により、看護師の勤務時間は、これ以上増やす事が出来ず、病院としても苦渋の決断であると言われ、何も言えなくなってしまうのだった。看護師達にどのように伝えようか、愛川が頭を抱える中、那須田歩を求めて、患者の六川源太が廊下を彷徨っていた。

六川は、軽度の認知症で自身の病室も忘れるが何故か、那須田の名前だけは覚えていた。皆に促され、那須田が急いで駆けつけると六川は、嬉しそうな笑顔を浮かべる。六川は、Tシャツ姿になると、グローブを手にはめ、那須田とスパーリングを始める。

しかし、六川のパンチが那須田の顔を捉え、顔に痣が出来てしまう。幸い眼球には損傷は無さそうだったが、精密検査をした方が良いと郡司真都から伝えられる。こんな状態でオペ看を務めるのは無理だとして、愛川は、手一杯だという金谷吉子に無理矢理お願いをする。

那須田に変わる六川の担当を探す中、九鬼静が名乗りを上げる。しかし、ただでさえ働き過ぎの九鬼にこれ以上、仕事を押し付ける事は出来なかった。そんな中、天乃太郎と西がナースステーションにやって来て、元ボクサーが夜に廊下を徘徊し、患者から苦情が入っている事を伝えてくる。

動き回れる事から退院させようとするが、六川の妻が高齢で介護が難しいとして、愛川は説得にあたる。そんな中、六川が姿を現し、再び那須田にスパーリングを申し出て来る。

那須田が断ろうとした為、代わりに九鬼が相手をする事となる。何でも卒なくこなす九鬼の姿に皆が感心する中、九鬼が、かつて白い巨塔として名高い東都大学病院の看護部長をしていた事が明らかとなる。九鬼が帰路に着く中、何者かに尾行される。

その正体は愛川で、自身の悩みを九鬼に聞いてもらおうとしていた。上と下からの板挟みで自信を失いかけた愛川だったが、九鬼の言葉で勇気をもらう。その後、六川が問題を起こし、愛川は院長室に呼び出される。いつも通り頭を下げようとするが、意を決して病院側に改善すべき点がある事を伝える。

そこで院長と西が、かつて不倫関係にあった事が明らかとなり、太郎は衝撃を受ける。冷静さを欠いた暴言により、愛川は解雇される事となる。突然の解雇に皆が戸惑う中、看護部長代理に金谷が任命される。しかし、半日仕事をしただけで金谷は根を上げてしまう。

スポンサーリンク

遂にはナース達が集団で暴動を起こそうとし、西は慌てて院長に報告しに行くが辞めさせるようにと冷徹な態度を見せるのだった。そして、愛川を病院を戻すようにとナース達は集まって、院長に直談判をする。

西から話を聞いた愛川が止めに入ろうとするが、代わりに那須田が皆の説得にあたる。そして、姿を現した愛川の言葉により、皆は持ち場へと戻って行く。皆の必死な行動も院長の胸には響かずにいた。そんな中、院長の前に九鬼が姿を現し、食事へ誘う。

そして、愛川やナース達の代わりはいないと忠告をする。その帰り道、九鬼の体に突如、異変が現れ、苦しそうに呻き声を上げる。その後、六川は、介護医療院へ転院する事となる。

六川は、那須田と会えなくなるのを寂しそうにしており、那須田は、またスパーリングをやる事を伝える。そんな中、院長が愛川の解雇を撤回し、愛川は再び天乃総合メディカルセンターで働ける事となる。

愛川が九鬼にその事を報告しに行く中、突如、九鬼は苦痛で表情を歪ませる。愛川は心配そうにするが、九鬼は大丈夫だと1人廊下へと出て行き、腹部を押さえて苦しそうにするのだった。

 

【トラベルナース】6話感想

 


 


 

 

\トラベルナースを観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ ABEMAプレミアムはトラベルナースの最新話が1週間限定で視聴可能 /

>>無料期間中の解約で0円!<<

※この情報は、2022年10月20日時点のものです。最新の情報は、現在と異なる可能性がありますので公式サイトをご確認ください。

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!