【ドクターストレンジ/マルチバース】ネタバレと考察!ワンダ黒幕ってマジか?!

2022年5月4日(水)に、マーベル系映画の新作「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ。マッドネス」が公開となりました。

2022年1月に公開された「スパイダーマン/ノーウェイホーム」のドクターストレンジ視点の(いちおう)その後を描いた内容となっているようですが、今作ではアベンジャーズからワンダが登場したり、その他サプライズ的な演出もあったりと見どころ満載でした!

そこで、この記事では映画「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ。マッドネス」のネタバレを含む内容と、感想、考察をまとめていきます!

 

スポンサーリンク

 

【ドクターストレンジ/マルチバース】ネタバレ

 

注意

ここから先は、ネタバレを含む内容となります。映画をまだご覧になっていない方は、取り扱いにご注意ください。

 

本作のヴィラン(敵)はワンダ

 

引用元 ディズニースタジオ公式

予告編を観る限りでは、別宇宙のドクターストレンジがラスボスだと思っていたのですが、(いちおう物語後半で対決はするものの、あっさりと決着がついて草という感じ)

なんとワンダが闇落ち?!して敵となってしまいます。どうやらディズニープラスの「ワンダヴィジョン」とストーリーが繋がっているようなので、事の経緯がわかるようです。

ワンダヴィジョンによると、ワンダの特殊能力を狙う魔女:アガサ・ハームネスと戦う事となって、戦いには勝利したものの、力が暴走して犠牲を出してしまったことと関係している模様。

正義の為に戦っていても、結局は犠牲を出してしまい、そのことに強く悩んでいたために闇落ちしてもやむなしか、という感じはしますが・・・

映画で語られていた悪の道に走った動機は、別宇宙の自分にはふたりの息子がいて幸せそうだったので、自分にも子供が欲しいという、一見穏やかで平和そうな願望なんですが、裏を返せば別世界の自分の幸せを奪う事になりそうな点が暴走していった模様。

アベンジャーズの中で最強キャラと言われるだけあってなのか、(個人的にはワンダってこんなに強かったならサノスだって楽勝だったのでは?と思うほどに)無双しまくりでした。

僕はまだ「ワンダヴィジョン」は観ていないので、映画の余韻に浸る意味でもチェックしてみようと思います!

ワンダヴィジョンをディズニープラスで観る方法

 

年間登録で2か月分が無料!

Disney+では、リニューアル後ドコモのアカウントがなくても登録可能になりました!

そのかわり、31日間の無料期間はなくなりましたが、他サービスでは有料の作品(特に新作映画)が見放題の場合もあるのでお得です!

また、年間登録プランでは2か月分が無料になり9900円(税込み)でご利用できるのでお得です!これを機にいかがでしょうか?

↓       ↓       ↓

 

スポンサーリンク

 

新アベンジャーズ誕生の可能性アリ?!

 

本作では、別宇宙のアベンジャーズにあたる「イルミナッティ」というチームが存在していました。メンバーは以下4人

  • ファンタステック・フォー(ファンタスティック・フォー)
  • キャプテン・カーター(キャプテン・アメリカ)
  • キャテンマーベル(キャプテンマーベルに登場した、キャロルの親友マリア)
  • チャールズ・エグゼビア(X-MEN)

しかし、この4人をもってしてもワンダを倒す事は出来ず、それぞれがあっさりと敗北してしまいます。

 

 

本作のヒロインアメリカ・チャベスは、ストレンジの新たな相棒か?!

 

本作にヒロインとして登場した、アメリカ・チャベスはマルチバースを行き来できる特殊能力を持っていたものの、元々は彼女自身が恐怖を感じた時にのみ能力を発揮させるものでしたが、本作のラストでは覚醒させることができ、そののちにはあの寺院にて修行中の身となっていました。

 

 

ポストクレジット後に、次回作に繋がるヒントが?!

 

別宇宙でのレイチェルとはもしかしたら恋仲になれたかもしれない雰囲気でしたが、かつてクリスティーンから貰った腕時計のひび割れたカバーを修理していた場面には、「過去にとらわれず前に進もう」という気持ちの表れを表現したように感じられました。

ポジティブな締めくくりになるのかな?と思いきや、なんとドクターストレンジの額に三つ目の目が現れて、世界を破滅に追いやったシニスターストレンジと同じようになってしまいます。

原作でもこの設定はあるようで、魔術師としてパワーアップするようなのですが、過去を見たり人の心を操ると言う能力が備わるようです。個人的にはドラゴンボールの天津飯を思い浮かべてしまいました・・・

更にその後、ドクターストレンジのもとにある女性が現れます。どうやら原作によると、ストレンジのパートナーとなるクレアというキャラクターのようです。

「スパイダーマン/ノーウェイホーム」でも友人や恋人と別れて新たなスタートを切ったようですが、それと重なる感じがしました。ストレンジも新たなパートナーとの始まりを予感させる締めくくりだったなと。

 

 

【ドクターストレンジ/マルチバース】感想と考察

 

結論から言うと、面白かったです!だけど、ワンダを「悪」として登場させて、そのまま死なせるというラストにはどこか釈然としない感じがしました。

まあでもマルチバースという設定を持ち出してきているので、DCドラマのように後付けの設定でも復活させることはどうとでもできそうな気はしますが・・・

過去にもブラック・ウィドウやヴィジョンといったメンバーが離脱しているので、自然な流れだったのでしょうかね?

少なくとも、ファンタスティックフォーとXMENについては以前からも議論はあったようですし、XMENも参戦となると、それだけで大所帯になるからリストラは必要悪だったのかもと解釈しています。だけどその場合、ウルヴァリンは誰が演じるのか?も気になりますね。

実際、ファンタスティック・フォーは2005年&2007年作、2015年作に続いて新たなリブート作となるのかはわかりませんが、製作されるようなので、本作はお披露目的な意味合いもあったかもしれませんね。

そして、ところどころでホラー映画っぽいテイストを感じられたのは、サム・ライミ氏が関わっているからなんでしょうね。イルミナティの面々があっさりやられてしまう場面、別宇宙のワンダに乗り移ったときの様子、ドクターストレンジが三つ目になる場面が特にホラー要素を感じました。

あ、そうそうワンダが座禅を組んで宙に浮きながら、マルチバースの世界に自分の意識を転送させようとしていた場面は、どこか聖闘士星矢のシャカを連想させるなと思ったのは僕だけでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!