【鬼滅の刃】無限列車編ネタバレと感想!煉獄の男らしい最後に涙!

【鬼滅の刃】無限列車編ネタバレと感想!煉獄の男らしい最後に涙!

2020年10月にアニメ「鬼滅の刃」第1期の続編にあたる「無限列車編」が公開されました。日本のアニメ映画史上、最も興行成績の高い作品にまで成長したと思われる本作ですが、DVD/ブルーレイがリリースされ、動画配信サービスでの配信開始も期待されるところです。

この記事では、その「無限列車編」について、ネタバレを含むあらすじと感想をまとめていきます!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】無限列車編ネタバレを含むあらすじ

 


大正時代、人間に災いをなす鬼を退治するために設置された鬼殺隊は、鬼らしき者の情報があると探索を行い、その鬼を討伐していた。そんな時に鬼殺隊の一員である竈門炭治郎、我妻善逸、嘴平伊之助は鬼が鬼が出現すると言われている無限列車に乗り込む。

そこには鬼殺隊の幹部である火柱の煉獄杏寿郎がいて合流した。煉獄は鬼になってしまった炭治郎の妹である禰豆子が鬼殺隊に協力することを拒んでいたが、隊の当主であるお館様の産屋敷耀哉が許可したので強く反対はしなかった過去があったが、今回は無限列車に巣くう鬼によって乗客だけでなく隊士も被害に遭っているので、任務のために過去の遺恨は関係なく協力すると言う。

そんな時に車両内に異様な匂いがしたので探索したところ鬼がいて、それを一瞬で退治した煉獄の強さに炭治郎は簡単して弟子入りする。鬼を退治したと思って浮かれていたが実際は退治できておらず、本当の鬼は炭治郎らの切符を確認に回っていた車掌の手に寄生した鬼であり、その術中に嵌って炭治郎たちは眠ってしまう。

炭治郎は鬼によって家族が殺害される前の穏やかな頃の実家にいた時の夢を見ていたが、これは鬼である魘夢の術で見せられていた夢であり、この夢の中で精神の核の部分を壊してしまえば鬼殺隊も簡単に葬れると目論んでいたのだった。

魘夢は手下を炭治郎らの夢に送り込み、精神の核を破壊しようとするが煉獄は夢の中でその手下を蹴散らし難を逃れるが、炭治郎はこの夢がおかしいと感じて目覚めようとするができなかった。

そんな炭治郎の異変を感じ取った禰豆子が起こそうとしたが術が解けず困っていたが、炭治郎は夢の中で受けた父親の忠告から自分自身を切れば目が覚めると判断して実行する。目覚めた炭治郎は魘夢が放つ臭気から先頭車両の屋根にいるとわかって屋根に出ると、魘夢は再び術をかけて炭治郎を眠らせようとする。

ただし、今は目覚める方法を知っているのですぐに術を解いて目覚める炭治郎に焦燥感を募らせた後、炭治郎に首を跳ねられてしまう。

本来であれば鬼は首を切られたら死亡するのだがあまりにも手ごたえがないことで違和感を覚えると、魘夢は無限列車と同化していて乗客全員が人質になってしまう。炭治郎は仲間を起こして魘夢の居場所を探そうと手分けして列車内を探索し、石炭車の下に魘夢の首があることを発見して退治しようとしたが、無数に増殖する魘夢の首にどうすればいいのかわからなくなる。

魘夢は増えた首で何度も炭治郎に術をかけ、それを自らを切ることで術を解いていた炭治郎だったが、次第に現在の状態が現実なのか夢なのかわからなくなる。

そんな時に隊士である善逸が技を繰り出してついに魘夢の首を切ることに成功するが、そのために列車は制御できなくなって脱線してしまう。外に投げ出されたことで炭治郎らは助かって魘夢も消滅するが、そこに魘夢よりも高い能力を持つ「上弦 参」と瞳に刻印がある鬼が出現する。

煉獄はすぐにこの鬼の腕を切り落としたが、鬼は煉獄の腕を褒めて鬼になって永遠の命を持つことを勧める。煉獄はその申し出を拒否して戦い続けるが、鬼の凄まじい再生能力で全く傷つけることができない。

鬼の腕が煉獄の体を貫いて勝負があったと思われたが、煉獄は力を込めて鬼の腕が抜けないようにして首を切ろうとする。

鬼は駆け付けた炭治郎らを見て必死で腕を抜くと、そのまま森の方に逃亡した。煉獄は炭治郎に自分の家族に対する言伝を頼むと息絶えてしまい、炭治郎らは自分の無力さや鬼に対する憎悪で泣き叫ぶのだった。

 

スポンサーリンク

 

【鬼滅の刃】無限列車編感想

 

煉獄さんの最後は涙が出ました!曲者そろいの柱メンバーの中では、最初から後輩想いのいい兄貴分だったと思いますし、猗窩座から鬼の誘いを受けたものの、頑なに断り続けたのは強い信念があったからのように思います。

そういえば、無一郎も上弦の壱・黒死牟から誘いを受けましたが、その時も頑なに断っていたので、柱ともなるとプライドがあるのかもしれません。

猗窩座とは後に炭治郎と義勇が対決して、ほぼほぼ炭治郎が倒す(というか、観念させる)のですが、後の因縁付けとしてはとても印象強い場面でもありました。

今後、ストーリーの流れによっては再び映画化する可能性もあるかもしれませんが、もしそうなのであれば、猗窩座との再戦のところか、ラストの無惨との対決のところだとインパクトがあるような気がします!

 

スポンサーリンク

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!