【もののけ姫】サンの考察まとめ!アシタカとやってる→その後の子孫があのキャラ説等意外な設定を暴露?!

【もののけ姫】サンの考察まとめ!アシタカとやってる→その後の子孫があのキャラ説等意外な設定を暴露?!

もののけ姫の登場人物・サンには色んな噂があるようで、ネットでは彼女に関する考察が出回っています。そこで、この記事ではサンにまつわる4つの噂をまとめていきます!

「もののけ姫」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ TSUTAYA DISCASは動画配信で取り扱いのない作品も観れる!/

>>無料期間中の解約で0円!<<

スポンサーリンク

 

➀サンとアシタカは大人の関係を持っていたのか?洞窟シーンの真相

 

 

もののけ姫の考察においては、この洞窟でのシーンはずばり、大人の関係を持っていると言及されているのだ。当時、プロデューサー・鈴木敏夫が絵コンテを見たところ、これはずばり、かつ宮崎監督もそれを否定しなかった。

なお、男性と女性が暗がりにいることに意味があるかのように話をそらしたということで関係を持ったシーンの一つである。

なお、こうしたアニメなどで性的な関係を匂わせる演出というのは実は案外と多く、機動戦士ガンダムSEEDなどでもキラいう少年とフレイという女性の間でそうしたニュアンスと取れる映像が実はあるのだ。

つまり珍しいことではなく、むしろ、アニメなどでそうしたニュアンスを垣間見せることで意味深に物語を進めていくという手法が、男女関係を構築することにあり、ぶっちゃけると話題作りの一つとしてそうした手法を取り入れたというのが真相だ。

 

 

 

②サンの母親はエボシ御前?

 

 

サンの母親はエボシ御前という考察であるが、エボシ御前は元々遊女であり売られていたという事実があるのだが、それを考慮した場合、遊女は子供を望めない体質に無理やり持っていくことが多いため、エボシ御前は妊娠できない体ではというのが一つの説である。

であれば、当然、酸の母親候補から外れるうえ、エボシ御前と、その夫である、甲六の間には子供がいないという事実、そしておそらくであるが、多分エボシ御前の周りに集まる女性たちは元遊女であると仮定した場合、全員妊娠ができないということになり誰もさんの母親に該当しないというのが恐らく有力な説となるのである。

なお、顔立ちが似ているから、娘と息子の間柄ではないかという説であるが、これについてはアニメを描き上げている人物がだれであるかによって顔が似てくるという問題がある。

例えば例を挙げればゴルゴサーティーンで知られているさいとう・たかをが筆を執った日本極道史という漫画があるのだが、あの漫画は男性はみんなデューク東郷に見えるという漫画で言ってしまえば、顔が似るのは原作者が仕上げたものを第3者が核にしろ同じ顔になってしまうのは仕方がないということである。

漫画家で全く別人の顔をかき分けることができる人物というのはそうおらず、輪郭を別のものにして顔を違うように見せるというテクニックを使用することは多いが、例えばさいとうたかをさんのように目力が強すぎるキャラクターを描いた場合、多くの登場人物がデューク東郷になるため恐らくもののけ姫も同じ観点であるといえるのである。

 

スポンサーリンク

 

③サンの仮面のモチーフは縄文人?

 

 

サンの仮面のモチーフは縄文人であるかであるが、縄文人がモチーフであると結論付けるのだ。その理由だが、もののけ姫の企画書では、少女となるもの、つまりサンであるが、サンが身につけている仮面をあえて仮面と言わず、土面と企画書には記載されていることからモチーフは縄文時代の土面であるといえるのだ。

したがって、サンの仮面は縄文人だ。恐らくであるが、縄文文化には、精霊と交霊するシャーマンが土面をしており、素顔を隠していたことからそのオマージュだと考察が可能である。

何故、上毛時代のシャーマンは顔を隠したかについては諸説あるのだが、顔を見知っている者に会う生贄などをささげたりしている仕事をしているわけであるから、かなり気まづいのがシャーマンという縄文時代のお仕事であると推測できるのである。

その為、サンもシャーマンと同じことをしていると仮定すれば、面を付けることにも納得がいき、美人でも、生贄を差し出していれば周囲はドン引きである。

 

 

④サンの子孫は千尋?

 

 

サンの子孫は千尋であるという考察であるが、恐らく違うというのが結論である。この問題は、千尋が劇中で自分の本名をわざと間違えたが故起きた問題で、なおかつその間違えた文字に犬という文字が入ったが故犬繋がりでサンの子孫ではないかとしたのである。

仮に、そうであると仮定して、元の文字は犬が入ってないのであるから、関係ないのではないかとなるのである。

そして仮にそうだったとしてもだったらなぜ、母が他の名前を名字などに含ませてないのかという問題も生まれるため、サンの文字がどこにも入ってないじゃんという問題が生じるため、恐らく千尋は劇中にわざと字を間違えたことで名前を取られるということで記憶があいまいになるという湯婆婆の能力を回避したのだと思われるのだ。

その為、千と千尋の神隠しでは、千尋だけがうまい具合に湯婆婆の能力である名前を奪うことで徐々に記憶をあいまいにし、奴隷のように酷使することから逃れることができたため恐らく千尋は直感的に本名を完全に記載すると危ないのではないかと推測しあえて間違えたのが正しく、それがたまたま犬という文字を直感で導き出したというのが結論である。

 

 

関連記事

 

もののけ姫に関する内容を、別の記事でも取り上げています。宜しければご覧ください。

 

 

「もののけ姫」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ TSUTAYA DISCASは動画配信で取り扱いのない作品も観れる!/

>>無料期間中の解約で0円!<<

 

スポンサーリンク

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!