【個人差あります】6話見逃し配信動画&再放送情報!無料視聴する方法を解説!

この記事では、ドラマ「個人差あります」第6話の見逃し配信動画を無料視聴する方法をまとめていきます。

 

「個人差あります」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 25万本の動画を配信中!(2022年1月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 

【個人差あります】第6話再放送について

 

ドラマ「個人差あります」の再放送についてですが、ドラマ放送前の時点では情報がありません。もし再放送されるとしても、こまめにテレビ欄をチェックしないとわからないですし、深夜になることも多いので確実に観られるかどうか微妙なところです。

しかし、下記にてご案内する動画配信サービスを利用することで確実に観られるのでおススメです!

 

【個人差あります】第6話見逃し配信動画を無料視聴する方法!

 

「個人差あります」を観られる動画配信サービスは、U-NEXTとなります。

U-NEXTには、31日間のトライアル期間がありますので、トライアル期間を終える前に解約すると料金は発生しません。

また、初回登録時には有料作品に使えるポイントが600貰えるので、新作映画の視聴を楽しめますし、有料期間になると毎月1200ポイントが貰えます!

また、U-NEXTでは動画コンテンツ以外にも、雑誌や漫画といったデジタルコンテンツが楽しめたり、ポイントを使って映画鑑賞もできたりするので、暫くの間(2~3か月程度)は契約更新をされることをおススメします。

 

※各動画配信サービスの無料期間は、初回登録時のみ適用となりますのでご注意ください。

※この情報は、2022年8月7日時点の情報です。現時点では配信が終了している可能性もあるので、最新の情報は各動画配信サービスのウェブサイトにてご確認ください。

サービス名 配信状況 無料期間と
料金(税込)
毎週土曜日
番組放送終了後
31日間無料
月額2,189円
U-NEXTで観る
配信なし 2週間無料
月額1,026円
配信なし 初回お試し無料
月額550円
配信なし 2週間無料
月額960円
配信なし 30日間無料
月額500円
配信なし トライアルなし
月額990円~

 

U-NEXTについて

 

※ご案内している内容は、2022年1月1日時点の情報です。最新の情報はU-NEXTウェブサイトにてご確認ください。

無料期間 31日間
月額料金 2189円(税込)
追加料金
  • 見放題作品の場合は無し
  • 対象の作品は有料
配信作品数 25万本を配信、内22万本が見放題
(2022年1月1日時点)

 

 

日本国内のメジャーな動画配信サービスといえば、「U-NEXT」と名前が挙げられますが、知名度や動画配信数の豊富さ(2021年10月1日時点で24万本を配信中)からも裏付けられると言えるでしょう。

また、動画配信のみならず、(有料ですが)電子書籍の取り扱いもあり、原作漫画も読む事ができます。

これは、FOD PREMIUMを除く他の動画配信サービスにはない特徴なので、アニメと共に原作を読んでみたいという方にはおすすめなサービスです!

月額料金が2,189円と他のサービスと比べると高めですが、有料コンテンツに使えるポイントが毎月1200ポイント貰えるので、実質は989円という価値になります。(初月は600ポイント)

 

また、別の記事でU-NEXTの登録方法や解約方法について解説をしていますので、よろしければお読みください。

U-NEXTの登録方法

【U-NEXT】登録方法や無料トライアル期間~解約までを全解説!【U-NEXT】登録方法や無料トライアル期間~解約までを全解説!

U-NEXTの解約方法

U-NEXTの解約・退会U-NEXTの解約・退会方法の違いと注意点まとめ!無料期間中の方必見!

 

「個人差あります」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 25万本の動画を配信中!(2022年1月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 

 

【注意事項】違法動画はダメ!絶対!

 

「僕の大好きな妻!」に限った話ではなく、数ある違法サイトでも作品によっては視聴することができます。

しかし、それらのサイトを利用することは、

  • 画質が荒い
  • 怪しい広告が多く、ウイルスに感染するリスクが高い

といったリスクにさらされます。

加えて、電子書籍の海賊版サイトでもあったように、現在では違法サイトを厳しく罰する風潮も強いですし、罰金刑や懲役刑を課される恐れがあります。

「映画館に行こう!」実行委員会日本民間放送連盟という団体が、映画館を中心に違法にアップロードされている動画は観ないようにという警告もしています。

特に、下の動画の「NO MORE 映画泥棒」のCMはご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか?

「映画館に行こう!」実行委員会:「NO MORE映画泥棒」劇場用CM動画

 

引用元「映画館に行こう!」実行委員会 公式YouTube

ですから、個人的にも違法サイト経由で動画視聴することはおススメできません。ですから、この記事にてご案内する動画配信サービスをご利用頂くことが最も安全でおススメできる方法となります!

 

詳しい内容につきましては、各団体のウェブサイトをご覧ください。下記のリンクからアクセスできます。

 

【個人差あります】第6話感想

 

30代男性

最初このドラマを見た時、ファンタジーにも最近取り上げられることの多い多様性を描いたドラマともどこか違ってもいて中途半端なドラマだと思うこともありました。しかし、晶の上司である澤部長がスミレとして苑子の前に現れたあたりから、見終わった後心に残るシーンが増えてきたように思います。晶は女性だから分かる視点を持ち始め、苑子は様々な生き方を選択する人々との出会いで確実に世間一般の普通という価値観から脱却しつつあります。しかし、肝心の2人は互いに向き合うことがないまま時間が経っていることがもどかしいです。これから特に晶が苑子の気持ちを決めつけてしまいすぎないといいなと思います。

 

 

30代男性

新川優愛さん演じる苑子の活躍するシーンに期待してドラマを観ることができました。晶と苑子が口論になってしまっていたので、異性化の生活は大変であると考えられました。苑子は、女装した男性のスミレとお話をして気を紛らわしているように感じられました。夫婦がどこかで話し合わなければ終わってしまうように思いました。苑子が晶を男として見ていくのは難しいように感じました。晶は、男としての人生を諦めてしまうのか気になって観ていました。

 

 

20代女性

蒼さんの言うとおり、男だとか女だとか、異性化とか、そんなことは本当にただの個人の差ってだけで、別になんでもない当たり前のことだって思える日々が早く来るといいですね。こういうところは日本は遅れているから、本当の意味で男女平等な国とか、同性愛が特別なことではない国では、そもそもこんな議論なんて起こらないんだろうなって思いました。苑子の方はどんどん世界が広がっていって楽しそうだけど、晶の方はどんどん悪い方向に思考が進んでいるから、離婚しちゃうのかな?

 

 

30代女性

未だ溝が出来たままでいる晶と苑子。1人侘しく自宅で過ごしている晶を見ると胸が痛みます。このまま2人の溝は埋まらないままとなってしまうのだろうか。そんな中、苑子に訪れた出会い。スミレへの想いは、単なる友情なのか、それとも恋愛感情なのだろうか。スミレが苑子に好意を抱き始めているのは確かであり、今後2人がどのような関係となっていくのか気になります。出来る事ならば、晶と苑子の関係が修復して欲しいなと思いました。

 

 

30代女性

スミレさん、自分の過去について話していましたがスミレさんの奥さん自分が良ければそれでいいのかな?っていう印象でした。会社の人に「子供は?」って聞かれて悪酔いするのは構わないけれど、「私の人生決めるのは私!」ってじゃ、スミレさんはその人生の中にいないの?って思っちゃいますよね。スミレさん、奥さんに自分の気持ちを打ち明けなかった自分が悪いって責めていたけれど、スミレさんの異変にも気づかなかった奥さんも悪いと思いました。

 

 

30代女性

苑子がスミレさんと話すなかで「人は何を見て性別を判断しているんだろう」という一言が印象的でした。私自身昔は男のほうがよかったなと思うこともあったことを思い出しました。日本は特に女らしく、男らしく、ということを求められるからこそ性別がアイデンティティーに知らずのうちに関わっているのかもしれません。スミレと仲良くなって楽しそうにする苑子はいきいきとしていますが、このまま晶のことを忘れてしまうのではと少し心配です。いろんな性が少し受け入れられてきた現代だからこそ考えさせられる内容になっているなと思いました。

 

 

50代女性

苑子はスミレと話すうちに、今まで男や女はこうなんだと決めつけて考えていたことに気付きました。晶のことも以前よりは理解できたようです。でも一緒に暮らしていけるかどうかは難しい問題です。晶は苑子のために離婚を考えました。自分と一緒では子供を産むこともできません。違う人生の選択肢を増やすのも愛情ですが、どちらを選んでも辛さや後悔は残りそうです。スミレは女装していますが男性です。苑子を好きになり始めていますが、晶の妻とわかったら複雑になりそうで心配です。生まれた性も好みの性も、全部個性で、自分が存在するだけと言う世の中のなれば良いと心から思いました。

 

 

30代女性

「男だから、女だから」ということ以外に、何事に対しても決めつけるのはよくないということ、また、知らないうちに決めつけてしまっていることがたくさんあったと気付かされました。何をもって男女を判断するのか、そもそも性別とは何なのだろうと根本的なところまで考えさせられました。お互いのことをよく知らないからこそ分かり合えるスミレと苑子、2人にしかわからない苦悩と葛藤を共有できる晶と真尋の関係性がいいなと思いました。

 

 

50代女性

ここまで相手の気持ちをお互い考えることになるとは、人の様々な生き方についてとを考えさせられました。晶の母親の行った言葉は、確かに女性として子供を産む期限もあり、別れてあげるのも愛情って言葉は凄くしっくり来ました。私が晶だったら離婚してしまうかもしれません。苑子はスミレと出会って、色んな生き方を知り、晶に対して前向きに考えられるようになった事は、晶とは正反対ではありますが、お互い相手を思いやる気持ちは今までよりも深いものだと感じました。スミレが苑子に恋している所も、なんだか応援したくなりますし、スミレがすごくきれいで、言う事がいろんな経験を積んだから言葉が深いんですよね。歌がまた泣けてきました。

 

 

30代男性

晶は苑子と話し合い気持ちがあるものの、夫婦関係性が悪化したと晶の両親の苑子への配慮がなかったと反省と共に別れる事を進言するという決めつけになっていて、苑子はスミレとなった澤からよく話し合う事を提案されている対照的な内容が面白く、苑子はそれでいて夫の晶と会うよりもスミレと話している方が楽しそうに見えるため、流れとしては離婚が確定したのかなと感じました。
苑子はスミレを素直に話せる相談相手と見えているようですが、スミレは女装をしているだけで基本は男性であると苑子は忘れている気がして、スミレとなった澤の時々見せる仕草は微妙に感じられ、今度は苑子がスミレとなった澤と一線を超えてしまうのかなと心配です。

 

 

「個人差あります」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 25万本の動画を配信中!(2022年1月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!