【着飾る恋には理由が/かざ恋】7話ネタバレと感想!くるみを巡り駿vs社長のバトル勃発?!

 

 

 

【着飾る恋には理由が/かざ恋】7話ネタバレを含むあらすじ

 

地元の初島へ旅をするくるみは写メを撮り香子や駿に見せる。また陽人は彩夏の事を駿にいじられるも何とも言えない表情。到着したくるみは母や地元の人たちに出迎えられる。また香子のもとには元旦那の礼史が訪れ、留学詐欺の事を突き止め返金の手続きまで手配してくれる事に。

しかし彼女の意志は変わらず、ゲームに狂った一面など変人ぶりを披露。またくるみの帰郷の目的はとあるおしゃれな照明を扱うお店との取引が狙い、しかし職人の男性に話すも無視される事に。またその商品の事を祥悟に話すと、何と京都からすぐ来ると言われる。そして本当に来た祥悟。

色々話し込むうちに2人はだんだん良い感じになっていく。また駿は昔たたんだはずの自分のお店がまた引き継いでやってくれてると聞き、気になる。そんな駿だが何といきなりくるみ達の前に現れる事に。気まずさたっぷりだが、何故祥悟が来てるのか気になる素振りだがすっかりここで溶け込む。

くるみは祥悟とは仕事でたまたまと説明。めちゃくちゃ気になってる事をアピールする駿だが、そこに香子からくるみに連絡。くるみの状況を知り驚きながらも電話を切るが2人の関係に全く気づいてない香子に陽人が教える。その場に彩夏が現れるが陽人は避けてしまう、しかし追いかけ彩夏は追及。

そしてくるみ達の状況は修羅場になりつつあり、くるみは祥悟が自分の事を好きなのかと思い悩む。また眠れず夜中起きてくるくるみの元に駿が来て、改めて彼女は御礼を言う。駿はくるみにどうしたいのか気持ちを問う。夜が明け、くるみが起きると祥悟は港に。

またくるみは祥悟と共に職人の元に行き、改めて営業をかける。しかしその後会社ではくるみから宏太郎に連絡が来ると、「岩切工房は諦める」との言葉。家に戻ってきたくるみ達だが、商談に失敗したくるみは母に苛立ちをぶつけ気まずい雰囲気に。そのまま、祥悟は東京に戻る事になりくるみと駿は残る。

駿に意味深な視線を向け帰る祥悟。陽人は街中で彩夏を見つけ、またあの男性と会っているところを見つける。陽人が連れ戻すが、それは勘違いで取り乱した事を反省する陽人。帰宅した2人だが、彩夏は怒っている。そして「私が好きなのはハルちゃんだから」と言い、後ろから抱きしめる陽人。

場面はまたくるみ達に戻り、母がくるみの事について少し反省しており彼女の事を心配している事を駿に話す。「東京で頑張って欲しい。応援したいんだ」と、それを横でこっそり聞くくるみ。そしてくじけずに何度でも立ち上がって欲しいという言葉に、駿はくるみの事をいつも隣で見てるから彼女の一生懸命頑張っているところを見てますと言う。

だから少し憧れる、とその言葉にくるみの母は涙し「くるみの事をよろしくね」と頼む。はい!と快く返事をする駿にくるみは嬉しそうな様子で聞いていた。とうとうくるみと駿が帰る時になり、くるみはもじもじしているが、母に「じゃあ、また」と言い船に乗ってしまう。

しかし別れ際、親子で見つめ合いながらくるみは「お母さん、さっきはごめん。私、仕事頑張るから」と伝える。その気持ちを受け、いつでも帰っておいで。2人でまた岩切工房さんに行こうと言ってくれ泣き出すくるみ。泣きながら駿と2人で手を振り、別れを告げ船は去っていく。

そんなくるみの手にそっと触れ「お母さん、あの子をよろしくだって。葉山さんじゃなくて」と言われた事を伝える。くるみは駿に「また一緒に来ようね」と言い、2人はその後疲れて船の中で眠ってしまう。そして会社に戻ったくるみは皆に商談が上手くいかなかった事を伝えるが、祥悟の様子を話すと宏太郎に葉山さんを見習えと言われる。

そして最後、いつもの駿のキッチンカーに昔店で共に働いていた女性が現れる。また駿が島にいる時に祥悟に何しに来たのかと言うと、駿は俺はくるみに会いに来たと言い祥悟もくるみに会いに来たのかもしれないと言う。続けて、「やっと気づけたかもしれない、駿のおかげで。」と。

 

 

【着飾る恋には理由が/かざ恋】7話感想

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!