【イチケイのカラス】9話ネタバレと感想!悲しい真実の結末は?

【イチケイのカラス】9話ネタバレと感想!悲しい真実の結末は?

ドラマ「イチケイのカラス」第9話は、裁判員裁判制度がメインとして扱われる回でした。 悩みを抱えた結果、自らの命を絶つ行為を、本人からの要望があったからとはいえ、助かる可能性があったにもかかわらず見過ごしたことが正解なのかが難しいところです。

この記事では、ドラマ「イチケイのカラス」第9話のネタバレを含むあらすじと感想をまとめていきます。

 

 

「イチケイのカラス」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 5,000本の独占配信動画が見放題!/(2021年7月1日時点)
原作漫画とドラマの両方が楽しめる♪

>>無料期間中の解約は0円です<<

 

 

詳しい内容は、下記リンク先にて取り上げています。宜しければご覧ください。
【イチケイのカラス見逃し配信】Tver動画、再放送など無料視聴する方法を解説!【イチケイのカラス】全話フル動画の見逃し配信、再放送など無料視聴する方法を解説!

 

スポンサーリンク

 

 

【イチケイのカラス】9話ネタバレを含むあらすじ

 

 

坂間千鶴が出勤する中、誰かに後をつけられている様な気配を感じる。後ろを振り返ると誰もおらず、木の陰から何者かが、坂間の事を見つめていた。裁判員候補者が集められ、駒沢義男、入間みちお、坂間同席の元、裁判員の選任手続きが行われていた。6名の裁判員、補充裁判員2名で審理にあたる事が説明される。

そして、クジにより裁判員が決定し、皆んなで宣誓をする。裁判員達は、裁判の流れについて説明をされる。被告人は高見梓、被害者桐島優香はだった。第1回公判が行われ、検察側から起訴の内容について説明がされる。

桐島宅の3階バルコニーにおいて、殺意を持って優香を破損している柵方向に突き飛ばして転落させ、同人を死亡させた事から殺人の罪に問われていた。検察の起訴事実に対して、高見は殺しておらず事故だと反論するのだった。高見は家政婦として優香宅で働いており、事件が起きた時、家の中には優香と高見の2人しかいなかった。

ホームセキュリティカメラの映像に、偶然事件現場の様子が映っていた。優香が転落した後、高見は慌てて転落現場へと駆けつけていた。3階のバルコニーの柵は破損しており、揉み合った痕跡が残されていた。転落した優香が即死では無く、生きていたのにも関わらず、約5分間、高見は何もせずに放置し続けていた。

配達員が救急車を呼び、優香は救急搬送されたものの、命を落としていた。1分1秒争う外傷で、すぐに救急車を呼べば助かっていた可能性があった。優香は多額の遺産を高見に渡す事を1年前に弁護士に書面で伝えており、高見はその事を知らなかったと主張していた。ネットニュースには、高見が5年前、火災事故で夫と娘を亡くし、離婚の話をしている時に、高見の過失で火災事故が起きたと噂になっていた。

裁判員達がこの話題で盛り上がる中、駒沢から、裁判は提出された証拠のみで判断しなければならない事が告げられる。第2回公判終了後、坂間が今朝、駅のエスカレーターで、誰かにぶつかられて落ちそうになっていた事がわかる。入間は福岡県のふるさと納税で貰った、カーカーと鳴く烏天狗のグッズをプレゼントする。

被害者の娘希美が、高見を弁護する証言し、傍聴席がざわつく。希美は子供の頃、心臓疾患を抱えていて、11歳の頃に小児心臓移植を受けて普通の日常を取り戻して行った。その頃、高見が家で働き始め、母と自分を支えていてくれた事を明かす。
 

スポンサーリンク

 

検察が鑑定し直した証拠で、ホームセキュリティに残された事件直前の音声に高見と優香が言い争っている声が残っていた事がわかる。事件が起きる1ヶ月前、優香はあるニュースを観て、過呼吸を起こしていた。

長野県の山林で土砂崩れが起き、身元不明の男性の遺体が発見されたニュースだった。頭蓋骨が陥没しており、事故では無く、殺人の可能性があった。優香が亡くなる1週間前、クラブを経営する女性が優香宅を訪問していた事がわかる。身元不明の男性の所持品には、そのクラブの記念品のライターがあった。

優香と高見の年表を見比べる中、入間はある事に気がつく。同時期に被告人の娘が亡くなり、被害者の娘が心臓移植手術を行っていた。第4回公判、証言台に立った希美は、高見の娘の心臓が自分に移殖された事を知る。希美が移植で救われた事を新聞に投稿した為、高見は娘の心臓が希美に移植された事に気づき、優香に頼み希美に会いに来ていた。

身元不明の男性の遺体が、優香の夫である事が判明する。長野の別荘に呼び出された優香は、夫に殺されかけていた。妻が小麦アレルギーと知った上で、事故に見せかけようとしていた。優香は隙を見て夫を殴り、別荘を飛び出す。数時間後、別荘に戻ると夫は倒れたままで、息を引き取るまで放置し、失踪に見せかけて夫を埋めていた。

この件で当時夫が交際していたクラブの女性が訪問し、金銭を要求してきていた。優香は殺人者の娘になる事を阻止する為、事故を装って自ら命を絶っていた。高見は、もう1人の母として、希美に真実を明かせずにいた。そして、高見には自殺ほう助の罪で、懲役1年執行猶予3年が言い渡される。

判決を下す中、入間は傍聴席から坂間をじっと見つめる男性を見つける。坂間が階段から突き飛ばされたのを入間が救う。犯人は集団カンニングの件で、坂間を逆恨みしていた。
 

スポンサーリンク

 
 

【イチケイのカラス】9話感想

 

 

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!