【イチケイのカラス】6話ネタバレと感想!12年前の事件の真相とは?

【イチケイのカラス】6話ネタバレと感想!12年前の事件の真相とは?

ドラマ「イチケイのカラス」の第6話では、元エリートだった窃盗犯についての公判が主な舞台となります。

その中で、12年前の過去にも触れられるようですが、真相は明らかになっていくおでしょうか?

この記事では「イチケイのカラス」第6話のネタバレを含むあらすじと感想をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

「イチケイのカラス」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 5,000本の独占配信動画が見放題!/(2021年7月1日時点)
原作漫画とドラマの両方が楽しめる♪

>>無料期間中の解約は0円です<<

 

詳しい内容は、下記リンク先にて取り上げています。宜しければご覧ください。
【イチケイのカラス見逃し配信】Tver動画、再放送など無料視聴する方法を解説!【イチケイのカラス】全話フル動画の見逃し配信、再放送など無料視聴する方法を解説!

 

【イチケイのカラス】6話ネタバレを含むあらすじ

 

10年前日高とみちおの回想シーンから。弁護士として全然うまくいかずどうして?が続く彼の中でその疑問を裁判官として実践してみると日高と対立する様子。そしてみちおから、「あなたはどうして裁判官を志したのですか?」と投げかけて回想は終了。

現在に戻り、地検との草野球の打ち上げでみんなで食事中。そしてみちおの悪質な悪戯で盛り上がっている。そこに千鶴と日高が現れ、最高裁長官のお祝いに二人で食事に来た。

そしてみちおはその立場になる事に疑問を投げかける。そこでみちおが出したワードは「志摩総一郎」。12年前の因縁を匂わせて去るみちおだった。そして今回の公判ではとある窃盗犯の案件。

エリート街道を歩んできた岸田という人物だったが、前科6犯で一癖ある模様。饒舌に喋り出し、自分の窃盗の美学を語り始める。一度語りを遮られるが、みちおは続けてと言うとその窃盗に対するこだわりと人を傷つけないポリシーを語る。

しかしみちおは一つの疑問を彼にぶつけると何かおかしい様子。また岸田と犯行時、自転車でぶつかった男性からの聞き取りをする。その後、12年前の件を調べた千鶴はみちおに会話。東丸電機での◯害事件。

ここでは仁科という男性が◯した事になっているが、みちおは彼は「やっていない」と言っていたとの事。しかし取調べの疲れからか犯行を認めることになってしまった。

そこで弁護士として証人尋問や現場検証をさせてくれなかったのが日高だった。そして仁科は亡くなり、その遺体の側に妹の由貴が。また仁科のいた会社と志摩総一郎がいたオメガ会計事務所に関連があった事がわかっている。

今回の窃盗の被害者こそがこの志摩総一郎。聞き込みと検証を開始、しかしイチケイが関わる前に聞き込みをしていた記者の真鍋という男性がおり、彼は誰かに突き飛ばされ昏睡状態に。

繋がりが見えない二つの事件だが、ここに小宮山検事という人物の取調べが怪しい事がわかり次は志摩総一郎を法廷に呼ぶ手筈を整える。次の公判でまたみちおは岸田に色々質問をしその後、志摩を呼ぶ。

スポンサーリンク

 

そこでわかったのは岸田が移動販売のパン屋をやりたかった事がわかる。更に核心を突く質問をし話を進めようとするも城島検事は「不見当」との回答。その後聞けば、次長検事からの圧力を白状し大きな動きが背景にある事を感じとるイチケイだった。

その後、イチケイメンバーに説得された城島と井出は彼らの前に現れこの一連の事件の怪しい繋がりを聞こえる声で話し出す。また真鍋の実家の港町に聞き込みに行ったみちお、千鶴と石倉だったが、そこで12年前の真相に再び切り込む千鶴。

みちおは当時、仁科の件で急に担当から外された事を話す。そして仁科の無実を証明するために尽力していたみちおだったが、結果は有罪。また真鍋の船の捜査をしていくと一つの手がかりを見つける。そして第4回公判。

ここで何と犯行時、岸田に接触した人物がいた事がわかりそれは小宮山の後輩である事がわかる。彼の指示で後輩は岸田に接触したとの疑い。

口を割らない小宮山はあらゆる手を使って尻尾を掴ませない様にする為、みちおは岸田本人に何があったかを聞く。最初心を開かない岸田だったが、移動販売のパン屋をやりたい事を話し後ろにいる真鍋の妻と面と向かわせる。

あくまでも正しい裁判をするポリシーを持つみちおの本気に負けた岸田は当時の事を話す。盗んだお金の額が2億と桁が違い戸惑う所に小宮山の後輩が現れ、一千万で買収された事を暴露。

そして真鍋氏が持っていた証拠を元に志摩総一郎の脱税の事実を追及し、彼は裁かれる事になる模様。無事この件は終わり、真鍋の妻に彼の思いが詰まった手帳を見せ号泣する。

最後、日高と向き合ったみちおは東丸電機とオメガとの繋がりを指摘。脱税に気づいた12年前の被害者がそれを理由に消されたと。日高の善意に訴えかけ全ての真実を明らかにする覚悟を見せる。そして千鶴は仁科の妹の由貴に再審請求を提案。

 

スポンサーリンク

 

【イチケイのカラス】6話感想

 


「イチケイのカラス」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 5,000本の独占配信動画が見放題!/(2021年7月1日時点)
原作漫画とドラマの両方が楽しめる♪

>>無料期間中の解約は0円です<<

 

詳しい内容は、下記リンク先にて取り上げています。宜しければご覧ください。
【イチケイのカラス見逃し配信】Tver動画、再放送など無料視聴する方法を解説!【イチケイのカラス】全話フル動画の見逃し配信、再放送など無料視聴する方法を解説!

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!