【イチケイのカラス】3話ネタバレと感想!駒沢と藤代の過去とは?

【イチケイのカラス】3話ネタバレと感想!駒沢と藤代の過去とは?

裁判官らしからぬキャラクターの入間みちおは、独特な観察眼によって闇に葬られそうになった案件を正しい道筋に導いてきました。

また、ステレオタイプと言って良いほどカタブツな性格で、みちおに対しては反抗的な態度を取っていた坂間千鶴も、みちおが抱く問題意識の高さに次第と心を開いていく様子も、回を追うごとに高まっていくのかなと感じられます。

第3話では、駒沢が18年前に裁判で判決を下した藤代という人物との因縁が明かされるストーリーになるようですが・・・

 

今すぐ観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 5,000本の独占配信動画が見放題!/(2021年7月1日時点)
原作漫画とドラマの両方が楽しめる♪

>>無料期間中(2週間)の解約は0円です<<

 

詳しくは、下記リンク先でも解説しています!

【イチケイのカラス見逃し配信】Tver動画、再放送など無料視聴する方法を解説!【イチケイのカラス】全話フル動画の見逃し配信、再放送など無料視聴する方法を解説!

スポンサーリンク

 

【イチケイのカラス】3話あらすじ

 

ある日、みちおはイチケイメンバー達の前で「どうやったらアインシュタインになれるのか」と問い始める。そして、その答えは裁判官にも大切な事であると言うのだが・・・

いつものごとく陽気でマイペースなみちおに対して、どこか表情が険しい様子の駒沢。どうやら過去(18年前)に、更生を願って情状酌量の判決を下した被疑者が事件(重過失致死及び死体損壊)を起こしてしまった様子。

案件は、以下の内容だった。

【被告人】ガラス工房で勤務中の藤代省吾
【被害者】市役所職員の野上哲司

【動機】

  • 野上の義理の娘・碧が工房に通い、迎えに来ていた母の奈緒(職業は警察官)に対して、藤代が一方的に恋愛感情を抱く
  • ストーカーや脅迫まがいの手紙を送りつけた結果、野上と口論になった
  • 口論の際に野上が後頭部を強打してしまい、そのまま絶命→遺体を焼却炉で燃やす。

 

スポンサーリンク

 

【イチケイのカラス】3話ネタバレ

 

第2回公判と藤代の行動を疑問視する駒沢

 

駒沢が険しい表情をしていたのは、過去に藤代が本当に心を入れ替えたことを、判決後に届いた手紙からも信じていたいという気持ちがあったため、詳細を調べたいと思ったからだと思われる。

そして、みちおも独自で調査していたようで、どこかひっかかるものを感じていた様子。

第2回公判では、写真が2枚あって「水たまりがある写真」「水たまりがない写真」の2枚に対して実況見分を2回に分けて行った可能性について質問をする。

藤代はみちおの質問に対して「犯行時刻をはっきりと覚えていないから」と回答。そして、みちおは更に詳しく証言するようにと説明を仰ぐ。

藤代の証言によると、以下の内容だった。

  • 22時頃だと思っていた→被害者の行動に矛盾が生じる
  • 捜査員には24時以降のの行動だったのではないかと言われ、思い出した

 

藤代の供述に疑問を抱いた駒沢は、「捜査員に言われて思い出したのか?」と質問。藤代は「今でも事件当日の事は抜け落ちている」と回答。

それに対して主任検事の城島は、「事件当日の犯行時刻を正確に覚えていないことは良くあること」と藤代の発言をフォローする。

それに対して、駒沢は警察の主観が入っていて誘導されたのではないかと疑問視する。また、実況見分とは犯行を客観的にするものが通常であるのに対して、その矛盾点を検察側も弁護人も把握していない点を突っつく。

第2回公判での駒沢の様子について、周囲には暴走しているように見られていたが(特に千鶴)、毎度のようにみちお劇場に突入していき、みちおは野上の意向を察していたのか、「疑う事は信じる事」と周りも反論できないように話を持っていき、野上は聞き込みに、みちおは実況見分の検証に動くことに。

 

 

実況見分の検証

 

みちお一行は、笹原署刑事の岡崎恵一と共に、現場に出向いて実況見分の検証を行う。

岡崎の話によると、藤代の供述は以下の内容だったとのこと。

  • 事件当日、野上は20時頃に藤代に電話をして、22時に工房で落ち合う約束をしていた。
  • 工房の中で口論となり、藤代が犯行に及ぶ

 

しかし、これには矛盾点があり、

事件当日は工房に行くまでの道は19時頃から工事中のため、通行できるようになったのは24時頃だったため、22時頃に野上と藤代が落ち合うのは物理的に無理があったため、そのことを藤代に問うと、記憶違いを認めたのだった。

そこに他のイチケイメンバーもやってきて、川添によると、警察は工房の配列用のファンが、事件当日の22時頃に使われていたという目撃証言を掴んでいたとのことだった。

それに対して、岡崎は「いちどはその線で裏どりをしていた」と回答。

みちおと野上は、実際の犯行が24時過ぎだった場合の裏どりや、被害者の足取りについて問いただし、第3回公判までに証拠を提出するよう要求。

その後、工房の中からガラスの割れる音が聞こえてくる。急いで駆けつけると、そこには野上碧(被害者の娘)が取り乱した様子で、ガラスを投げつけていたのだった。

暫くすると野上の妻・奈緒がやってきて、碧がガラス工房で学び始めた経緯を説明する。みちおは碧に対して証人尋問に参加してほしいと依頼するが、母の奈緒が「自分が参加する」と回答する。

 

 

第3回公判

 

藤代が碧がガラス工房で学んでいたことについてや、自分が奈緒に対して一方的に恋愛感情を抱いていたことや、旦那(被害者)と別れるようにと警告するために、手紙を送っていたことを供述。

みちおは、事件当日の22時頃に工房の焼却炉を使ったかどうかを問うと、藤代は22時に使用したことを認めるが、それを立証できる証拠が無かった。

 

 

笹原署に抗議に行く

野上は、第3回公判が終わった後、笹原署に抗議に行くと言い事務所を後にする。みちおも千鶴を連れて野上についていく。

そして、笹原署の実況見分について「ふざけるな」と怒りをぶちまける。しかし、笹原署のトップは相も変わらず不見当だと回答する。

話し合いのあと、みちおは岡崎に「刑事訴訟法」の本をプレゼントして笹原署を後にする。その後、岡崎がイチケイの事務所にやってきて、真相を語る決心がついた模様。

スポンサーリンク

 

岡崎の暴露話で真相が・・・

 

岡崎の話によると、真相は以下の内容だった。みちおが岡崎にプレゼントした本には、「情報提供者の保護、匿名化」のページに折り目が付いていたのだった。それで、岡崎は真相を語る決心がついた模様。

  • 被告人の自供と状況証拠以外の、犯行時刻を裏付ける証拠がなかった
  • 裏どりをしていなかった
  • 野上巡査部長(奈緒)の身体にアザがあったと、同僚の女性警察官から証言があった
  • 近所の住民によると、旦那のDVと思われる行動(怒鳴り声、物が壊れる音)があった
  • 奈緒は、DVの現実を知っている為に誰にも言えなかった(周囲に被害が及ぶリスクを避ける為)

 

これらのことから、奈緒には被害者を恨む動機があったことが判明。そして、補充捜査しないで検察にあげてきたのは、警察部長の判断だったことを告白。

それは、所長や部長の立場からすると、自分の部下が事件に関与していたことが明るみに出れば、自分の進退に関わる問題でもあり、保身のためでもあったのだった・・・

その為に上層部に忖度していたのである。

結果、事件そのものを調べ直す必要性が出てきたのだった。

 

 

支部長が来訪

 

岡崎の告白が終わった後、みちおは野上に対して「叱られ役」をお願いする。(藤代の知人に所在尋問するため、佐賀に出張予定だった)翌日支部長がやって来るためだった。

快諾した野上は、支部長に叱責を受けながらも、「支部長の監督責任も問われかねない」と反論して何も言わせないようにして追い返すのだった。

一方、佐賀にやってきたみちお一行が藤代の関係者宅に向かう途中、石倉が千鶴に対して藤代とみちおの関係や、裁判官になった経緯を説明する。

みちおは「部長に出会ってなかったら、裁判官になってなかったよ」と語る。

 

 

 

所在尋問

 

藤代の関係者宅にて行われた所在尋問の結果、明らかになったのは以下の内容だった。

  • 藤代の更生を支えた人物がいた
  • 犯罪に手を染めた藤代が、自戒の念から命を絶とうとしたときに、必死で阻止した女性がいた
  • 女性の説得により、人生をやり直そうと考えを改める事となった
  • 「誰と出会うかで人生が変わる、生きてみないとそれは誰にもわからない」と発言。
  • 女性との出会いは、藤代にとって特別なものだった様子

 

尋問を終えた一行は、事務所に戻る。そして、野上に対して拘留中の藤代に良く面会に来ていた女性がいたと告げる。その女性とは、なんと野上奈緒だったのだ!

つまり、藤代と奈緒は事件前からの知人だったこととなり、藤代が奈緒に対して一方的に好意を抱いていたという証言がウソになる根拠にも繋がったのである。

また、藤代がかつて命を絶とうとしていた場所は、奈緒が新人警察官として配属されたエリアでもあったのだ。そして、そんな藤代を説得したのが奈緒だったことも判明。

そのことを隠す必要性とは、そしてなぜそうしなければいけなかったのか?そのことが第3話の答えに繋がるのだった。

スポンサーリンク

 

第4回公判

 

野上奈緒の証言から公判はスタートする。以下、野上奈緒の証言となる。

  • 18年前に藤代と交流があったのは事実
  • 娘を守るために真実を明らかにしなかった

 

その後、城島が「警察内の証拠物に不備があり、公訴事実に誤りがあった」と語り、再捜査した結果、交通カメラの映像によって藤代の供述を覆す証拠を提出する。

映像によると、事件当日の18時頃に被害者・野上哲司が運転していたと思われた車には、なんと藤代が乗っていて運転していたのだった。

その為、藤代が被害者の車を使って工房に向かった理由を問われる。そんな様子に、罪悪感から真相を隠しきれなくなった野上奈緒が、涙ながらに真実を語る決心をする。

 

野上奈緒の証言は以下の通り。

  • 夫の暴力に悩んでいたため、自分がやった
  • 藤代は病気のため、長く生きられないからと身代わりを買って出た

 

野上奈緒の証言のあと、みちおは藤代に対して「罪を犯した後に償いをする時間があったことや、それがなかったら今の自分はあったのか?」と問う。

野上奈緒に対しても「あなたにもわかっているはず」と語る。

その後、駒沢も「いかなる理由であれ、罪を償う機会を奪ってはいけない」「真実を話してください」と問いかける。

 

藤代は、駒沢やみちおの問いかけに観念したのか、真実を打ち明ける。打ち明けた内容は以下の通り。

  • 野上哲司の命を奪ったのは、碧だった。
  • 野上哲司は、DV癖が強く、娘の碧にも暴力をふるっていた。
  • 碧は、野上と口論の末に暴力を振るわれた→思い入れのあるガラス瓶が割れてしまう→激昂したため花瓶で攻撃した結果、野上は頭を強打して死に至った。
  • その後藤代から電話→碧の身代わりになるため、犯行現場を工作した。
  • 藤代の工作に野上奈緒も(事故に見せかけるように)関与していた

 

 

面会室にて

 

第4回公判が終わった後、面会室にて駒沢と藤代が会話する。その場で、お互い怖かったと打ち明ける。

駒沢は18年前の判決が正しかったのかという怖さがあったものの、公判中の証言の嘘の中に本音が含まれていたことに気づき、そのことを指摘すると藤代は「見抜かれていた」と観念した様子。

また、野上奈緒とは18年前の事故がきっかけで知り合っていて、恋愛関係に発展していた。そして、そのときに奈緒が身ごもっていた子供が碧だったのだ。

藤代は、子供のことを考えて奈緒と別れる事を決意し、その後お祭りにて再会したのだったが、碧のことを考えてそのことは伏せたままにしていたのだった。

 

スポンサーリンク

 

 

碧が連行

 

その後、碧が警察に連行される前に、奈緒から「藤代が本当の父親である」と告げると、碧は「そうなんじゃないかな」と告げた後、連行された。

野上奈緒は懲戒免職となり、藤代と共に隠ぺいと証拠隠滅を問われることに。

 

 

みちこの散歩がてらの会話にて

 

一方、みちおと千鶴がみちこ(犬)の散歩がてら、今回のまとめ的な話をしていた。「人が罪を犯す。そこには想像できない出来事があり、駒沢はそういうことを突き止めたかった」とみちおが語る。

千鶴も、被告人と向き合う事で真実を突き止めて行く駒沢とみちおの姿勢に共感している様子だった。

罪に正しい罰を下すためには、被告人の嘘を見抜くためにも「当たり前のことを当たり前にやっていく」姿勢が大事なことや、冒頭で語った「アインシュタインになるための答えがわかった?」と千鶴に問うと、千鶴は「常識を疑う事が知ることに繋がる」と返す。

 

 

事務所にて

 

石倉が千鶴に対して「この事務所で仕事がしたい」と語る。千鶴も刑事裁判官としてこの事務所に暫くいると回答。

その後、駒沢が書いたガイドブックを見せて買うようにと促すが、千鶴は興味なさげな様子だった。

そんな千鶴に対して、みちおは「ふるさと納税」で購入した甘いサーナーアンダキーをつまむようにと言い、千鶴が食べると(味が)甘くなかったため、「疑う事をしないと」といたずらっ子のような笑顔で語るのだった。

 

 

 

【イチケイのカラス】3話感想

 

「イチケイのカラス」第3話の感想について、以下のようなコメントが集まっていましたのでまとめていきます。

 

 

 

今すぐ観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 5,000本の独占配信動画が見放題!/(2021年7月1日時点)
原作漫画とドラマの両方が楽しめる♪

>>無料期間中(2週間)の解約は0円です<<

 

詳しくは、下記リンク先でも解説しています!

【イチケイのカラス見逃し配信】Tver動画、再放送など無料視聴する方法を解説!【イチケイのカラス】全話フル動画の見逃し配信、再放送など無料視聴する方法を解説!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!