【ハドソン川の奇跡】実話と違う映画版のネタバレを含むあらすじまとめ!

【ハドソン川の奇跡】実話と違う映画版のネタバレを含むあらすじまとめ!

映画「ハドソン川の奇跡」は、2009年に実際に起こった飛行機事故を元に制作された映画でしたが、具体的にはどんな内容だったのでしょうか?この記事では、実際の事故の内容について映画の内容と比較しながら違いをまとめていきたいと思います!

 

「ハドソン川の奇跡」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 23万本の動画を配信中!(2021年7月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 

スポンサーリンク

 

2009年に発生した「USエアウェイズ1549便不時着水事故」の概要

 

2009年月15日の出来事である。ニューヨーク州ラガーディア空港を飛び立ちノースカロライナ州シャーロット空港に向かった飛行機が事故に見舞われた。本当だったら2時間のフライトになるはずだったがusエアウェイズ1549便は離陸から僅か95秒後、違和感を感じ始めることとなる。

1549便は上空約900メートルの場所で大型の鳥をエンジン部分に吸い込んでしまうというアクシデントが発生。それが原因となり推力を失っていってしまいます。エンジンが停止してから墜落までのおおよその時間は3、4分であると判断しパイロットは直ぐにどうするべきか決断しなくてはならない状況に追い込まれてしまう。パイロット自身の技術で出来るだけ高度を調整しながら時間を稼ぐ。

選択肢としては出発地点でもあったニューヨーク州ラガーディア空港に戻るのか進行方向に存在するテターボロ空港に不時着するのかであるが、機長は咄嗟の判断力でどちらも可能性としては無理だと判断し、思いついた案としてハドソン川が頭に浮かび、そこでの不時着水が一番安全ではないかという結論に達した。

何故その判断をしたかというと十分な長さと水というクッションの役目があり乗客たちの負担も少なくなるのではないかとの狙いがあったからである。その見事な判断のおかげで乗客155名の命は無事、助けることに成功したのである。この機長による咄嗟の判断がなければ、乗客たちの命は守られていなかったかと思うと凄まじい機転の働きであることは言うまでもない。

 

スポンサーリンク

 

全員が生還できた理由について

 

飛行機は一度テターボロ空港への着陸を考えていたが、思っていたよりも高度と速度が下がるのが速くハドソン川への不時着水を決意するのですが、飛行機の高度が低下していくと飛行機を捉えているレーダーが消えてしまうため、不審に思った航空管制官は周囲の航空機に1549番の状況を目視でチェックするように頼みました。

その通信に応えてくれたのが2機のヘリコプターなんです。それは観光ヘリコプターで1549便の姿を目で確認して管制官に報告を図りました。このヘリコプターは観光することが目的であるため当然、お客さんも乗っていてこの事故の風景に遭遇すると言うある意味レアな体験をしたわけです。

この観光ヘリコプターの協力によって管制官たちは飛行機の的確な位置や状況を知ることができて乗客たちを誰1人亡くなることのない不時着水に成功したと言えるでしょう。

それから着水するハドソン川の状態もかなり良好だったと言う説があります。ニューヨークでは毎年冬になるととてつもない寒さが襲ってくるそうです。

ニュースなんかでもタイムズスクエアなどではマフラーが欠かせないような通行人の映像が頻繁に流されている姿を目撃します。なのでこの飛行機事故が起きた時も真冬でしたが何故か事故当日は暖かな空気が包んでいたといいます。そのため、川が凍ることがなく不時着水しやすい状況にありました。

 

それから、ハドソン川は川幅が約1キロほどあるので飛行機の滑走路のように川に着水してバランスを取るのが比較的楽だったと言うことです。パイロットの技術が必要ではありますがこの川幅の広さとハドソン川の長さが功を奏したと言っても過言ではありません。

さらに着水した時に船などが全くいなかったと言うのも幸運でした。もし船がいた場合、衝突して大事故に発展する可能性だってあります。それがなかったと言うことは機長の判断は間違ってはいなかったわけです。

しかし、着水してからも大変でした。無事着水した飛行機は時間と共に川へ沈んで行ってしまいます。なので乗客たちを一旦外に出して飛行機の羽の部分などで待機したり、脱出ボートを利用したりとやることが山積みだったと聞きます。

この季節は真冬ということもあり気温がマイナス6度とかなり冷え込んでいました。しかも、体感ではマイナス20度程だったといいます。早くなんとかしないと凍死になってしまう可能性すらあります。ですが、これまたラッキーなことに1549便が不時着水した場所は水上タクシーや水上バス、観光船などの発着場所だったことから救助が迅速に行えたと言うことです。

近くにはニューヨーク消防局やアメリカ沿岸警備隊の船もありこれも幸運の一つでした。もしこのような状況ではなかったら飛行機は沈没して乗客たちは冷たい川の水に浸かり何人かは凍死の危険さえあったわけです。たまたま不時着した場所が最高の場所だったことが最高の展開を生んだわけです。

近くを通っていた通勤フェリーが飛行機を見つけて4分20秒後に救助を開始したと言うから驚きです。その後、沿岸警備隊や消防局、水上タクシーが加勢に入りすぐさま乗客たちを救助して行きました。約1時間後には飛行機は川へ沈んでいき乗客を含め全員が助かると言う奇跡を可能にしたのです。

機長だけは最後まで機内を確かめていました。不時着水したことで飛行機に亀裂が入り水が侵入してきてしまいました。乗客たちの冷静な判断で外に出て機長だけは機内に人が取り残されていないかなど2度に渡り確認をし全員無事に脱出したと分かってから外に出ました。

この冷静かつ迅速な判断が死者0人という奇跡を作ったのです。人命を第一にするという機長の心意気に結果が実を結びました。地上で不時着する場合、乗員乗客達だけではなく地上にいる住民にまで被害が及んでしまいます。

ニューヨークの人々を犠牲にしないためにもハドソン川への着水を選んだのです。このような例で死者が出なかったことはまさに奇跡、他の事例を挙げるとすれば2015年に台湾で起こったトランスアジア航空墜落事故は乗員乗客58人いましたがその内43人が死亡したそうです。

 

「ハドソン川の奇跡」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 23万本の動画を配信中!(2021年7月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 

スポンサーリンク

 

事件発生後、全員が生還したその後について

 

なんと事故の後、シミュレーションが行われることになりました。事故調査委員会はこの事故は、フライト直後に引き返していれば着陸は可能だったと判断したんです。しかし、管制官とのやり取りの時間や事故を把握しての決断の時間を考慮していなかったためこのシミュレーション結果は現実的ではないと判断されてしまう。

そして、またシミュレーションが行われ全てを考慮し判断する時間を加えた場合、どの空港に向かったとしても不時着は不可能だったと判断されました。この結果がわかりサリー機長はアメリカ全体の英雄にまで名が知れ渡ります。

ブッシュ前大統領から連絡が入りオバマ新大統領の就任式に招待されたりとすごいことになります。事故発生から9ヶ月後には機長は復帰を果たします。4人の乗客を乗せて飛び立ちました。翌年2010年にサリー機長は現役パイロットを引退します。

その後、懇親会が開かれ2011年に事故機がカロライナス航空博物館に移送されその事故当時の元乗務員や元パイロットが集まりパーティーを開きました。元乗客も定期的に懇親会を開き事故のトラウマに向き合う話などで交流を深めていたらしいです。

 

スポンサーリンク

 

映画「ハドソン川の奇跡」ネタバレを含むあらすじと、実話との違いについて

 

「ハドソン川の奇跡」あらすじ

 

チェズレイ・サリー・サレンバーガーは自身が操縦している飛行機がカナダガンを巻き込み両エンジンが停止し、そのままニューヨークのビル街に突っ込む悪夢を見る。実は前日には実際に機長として操縦していた機体をハドソン川に不時着水させていた。当初は事故の原因はバードストライクとされていた。

サリーは自身の40年以上の経験から高度不足により最寄りの空港に旋回して戻ることは出来なかったと話し、ハドソン川に不時着水させた。不時着水は不時着地と違って難易度がとても高く、成功率はごくわずかと言われている中、乗客乗員全員が生還しており「英雄」とたくさんのメディアから称賛されていた。

だが、このことがきっかけで心的外傷後ストレス障害に悩まされることになる。そんな時、NTSB(国家運輸安全委員会)から航空無線データ通信では左のエンジンがわずかだが動いており、コンピュータのシミュレーションでは「飛行機は近くの空港まで戻ることができた」という結果に尋問される。

サリーは数多くの番組に出演し、乗員乗客全員を生還させた行動にアメリカ合衆国とニューヨークの英雄として扱われ始める。

続きはコチラから

だが、そんな社会的賞賛とは裏腹に機長はNTSBの結果を聞き、当時は不時着水しか方法がなかったと思っていたが、“本当に自分は正しい判断をしたのだろうか”と自問自答を始めるようになる。そうして彼は事故後初めて目を背けてきた事件の全貌を振り返り始めるのだった。

2009年1月15日、いつも通り顔見知りの客室乗務員に旅行や帰省に向かう客をのせて飛び立った飛行機は、離陸後すぐにカナダガンの群れに遭遇し、バードストライクが起こった。機体は大きな衝撃を受け激しく揺れている。この感覚は、コンピュータのシミュレーションとは全く違うものだったと振りかえる。

一瞬のうちに両エンジンは停止した。サリーは即座に管制塔に連絡を取り事態を説明。そして、近くのラガーディア空港に着陸することにし、確認するとそちらへ向かった。

一つずつ訓練通りに手順をこなす中、わずか30秒ほどの間で、サリーはラガーディア空港に向かうには高度が低すぎてたどり着けないと考え、ハドソン川着水へ判断を切り替える。

「衝撃に備えて」と機内放送し乗員たちも何度も乗客に指示をだしていた。機体は見事に着水。サリーは救命胴衣の着用と緊急脱出の指示を出し、乗客を機体の翼の上に避難するよう誘導した。何度も機内に人が取り残されていないか確認し、無事に全員の命を救うことができたのだ。

サリーは当時のことを事細かく振り返っていると、あることに気がついた。そうしてサリーはNTSBによる運輸局連邦航空局で開催される公聴会へと出席した。サリーは人間による再度のシミュレーションを求めるが、人間によるシミュレーションも空港への帰還に成功してしまう。

NTSBはこの結果を理由にサリーを責める。しかし、サリーは「この結果は“人的要因”を考慮していない」と気が付いたことを話す。このシミュレーションに参加したパイロットたちは事前にどのタイミングでバードストライクが起こるのか、発生後ラガーディア空港が近くにあることなど情報を与えられ予行練習をしていたはずだから迷いなく行動がスムーズにできていると指摘したのだ。

サリーは当時の自分たちにはこのような情報も練習も時間もなかったと言い、当時と同じようにエンジンストップ後35秒間行動しないことを求めた。この条件下で再度シミュレーションした結果、空港に戻れず、サリーの正しさが証明されたのだ。

そして公聴会では事故時の音声データが流され、サリーは自分自身の当時の判断は間違っていなかったと確信するのであった。サリーの正しさが証明されたことにより容疑の疑いも晴らすことができ、今でも、サリーの元へ感謝の手紙が届いているようだ。

 

スポンサーリンク

 

映画と実話との違いについて

 

クリントイーストウッド監督によってこの事故が映画化されました。事故の内容が細かく再現されていてハドソン川へ不時着水して155名の乗員乗客全て助かる展開ですがその後の、事故調査委員会の場面が実話とは異なっています。

ハドソン川への不時着水する判断は間違っていたとしてサリー機長がメディアなどから批判されてしまいます。他の空港への不時着は可能だったという判断でした。

 

「ハドソン川の奇跡」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 23万本の動画を配信中!(2021年7月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 

※U-NEXTの情報は、2021年8月5日時点のものです。現在は情報が変わっている可能性がありますので、最新の情報はウェブサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!