【映画HERO/2007】ネタバレと感想!松親子がまさかの共演!

【映画HERO/2007】ネタバレと感想!松親子がまさかの共演!

2021年4月に裁判官をテーマに扱った「イチケイのカラス」が放送されましたが、そのときは「HEROの再来だ!」などと言われていたのも記憶に新しいところです。

そして、この度主演の木村拓哉さん出演の新作映画「マスカレードナイト」公開記念として劇場版HERO(2007)がテレビ放送されるということで、再ブームが来るかもしれませんね?!

また、タモリさんや松本白鸚さんがゲスト出演していたり、韓国ロケを行っていて俳優のイ・ビョンホンが出演しているなど見どころも盛りだくさんです。

この記事では、2007年に放送された「劇場版HERO(2007)」のネタバレを含むあらすじと感想をまとめていきます!

スポンサーリンク

 

今すぐ観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 5,000本の独占配信動画が見放題!/(2021年4月時点)

>>無料期間中の解約は0円です<<

 

注意

※映画版heroの視聴には400ポイント必要です。ポイントは、毎月8の付く日にそれぞれ400ポイント貰えますのでその時まで待っていただくと実質無料で視聴することができます。詳しくは、下記リンク先にて解説していますので、宜しければご覧ください。

【FOD PREMIUM】登録方法、無料期間から解約までの流れと注意点を解説!

 

【映画HERO/2007】ネタバレを含むあらすじ

 

6年ぶりに東京地検城西支部に戻って来た検事の久利生公平。自分の離婚調停で忙しい同僚の芝山貢に代わって、起訴した傷害事件を担当する事となる。容疑者の梅林圭介は、婚約者に会いに行く途中だった被害者の里山祐一郎と些細な事で口論となり、暴行をしていた。

その際、里山は、近くにあった縁石に後頭部を強打し、亡くなっていた。梅林が犯行を認めている為、簡単に終わるかと思われた事件だったが、初公判で突如、梅林が無罪を主張してくる事態となる。

梅林の弁護人となっていたのが、無罪の獲得件数が日本一である敏腕弁護士の蒲生一臣だった。新聞にも大きく取り上げられない事件の容疑者を何故、蒲生が弁護しているのか、久利生は疑問を抱くのだった。

事件当日、側面に男魂と書かれた車が現場から走り去って行く姿が目撃されており、久利生達は現場周辺の捜査を行う。すると、縁石に車が乗り上げたような痕跡を発見する。

梅林の車を調べようとするが、事件翌日に処分されていた事が判明する。自動車の解体業者を調べる中、東京地検特捜部の黛優作から、この事件には大物代議士である花岡練三郎の情収賄事件が関わっている事を伝えられる。

花岡が賄賂を受け取ったとされる日に、歯医者に来た花岡の姿を目撃したと証言していたのが、このビルの警備員の梅林だった。梅林が有罪になると自身のアリバイが崩れてしまう為、梅林を無罪にするように蒲生に依頼していた。

久利生にとって花岡は、因縁のある人物だった。久利生が山口地検虹ヶ浦支部にいる頃、地元の有力企業である鴨居産業の常務である滝田が、殺人事件を犯した容疑で逮捕される。

この件に花岡が関わっていた。解体業者の従業員が電話する声を偶然聞き、処分されたはずの梅林の車が、韓国に不正輸出されていた事が判明する。久利生と事務官の雨宮舞子は、韓国の釜山に向かい、釜山地検のカン検事に協力を求める。

不正輸出に関わったイムという人物の行方を捜す中、イムが麻薬密売に関わっている事がわかる。イムが逃亡する際、顧客リストが入ったUSBを雨宮の鞄の中に入れた事により、雨宮が拉致されてしまう事態となる。久利生が雨宮を救出しようとする中、カン検事が現れて危機を脱する。

その後、海に沈められた梅林の車を発見するが、車の傷だけでは梅林の犯行を立証する証拠品としては不十分であった。そんな中、世田谷で自転車のサドルが燃える、放火事件が多数発生している事がわかる。

その事件の通報者が現場に向かう途中、梅林を目撃していた事を思い出した久利生は、撮影された事件現場の写真の中に梅林がいないかを探し始める。しかし、その写真の中には梅林の姿は見当たらず、事件現場に集まっていた人々の携帯の画像にも梅林は写っていなかった。

花岡が通院したとされる時間、歯医者の4台分の駐車スペースが、清掃業者により3台分埋まっていた事がわかり、久利生は花岡に対して証人尋問を行う。通院時、梅林の車が停まっていた為、花岡の車が置けるスペースが無かった事を追求するが、花岡は事実を認めようとはしなかった。

そんな中、自転車のサドルに放火した犯人の携帯に梅林が写っていた事が判明する。ねつ造だと花岡は主張するが、証拠品として認められる事となる。この事により花岡のアリバイは崩れ、特捜が強制捜査を行い、花岡は贈収賄の容疑で逮捕される。

そして、梅林には懲役8年の判決が下される。事件が解決し、久利生と雨宮は行きつけであるSt.George’s Tavernを訪れる。久利生が翻訳機を使い、カン検事が去り際に行った言葉を調べると、彼女を絶対に手放すなよという意味である事がわかる。久利生は絶対に手放さないと呟き、雨宮とキスをするのだった。

 

スポンサーリンク

 

【映画HERO/2007】感想

 

今観ると、今の月9や日曜劇場でおなじみのキャストが出演していて豪華な出演陣だなと思いました!そして、木村拓哉さんの着ていたダウンジャケットが、当時注目されていたのが記憶に新しいところです。

イチケイのカラスと比較してみると、確かに似ているところはあるかなと思いました。だから、イチケイのカラスはある意味リブート版として捉えるのも良いかなと思ったほどです。(飽くまでも個人的意見ですが)

木村拓哉さん演じる久利生と、竹野内豊さんが演じるみちおとキャラクターは違いますが、型破りなところが似ていますし、南のほうに飛ばされたという設定もなんだか似てますね。

松たか子さん演じる雨宮も黒木華さん演じる坂間とも似ているなと感じました!こんなことを書いていたら、イチケイのカラスが観たくなってきたので、見比べてみます!

 

今すぐ観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 5,000本の独占配信動画が見放題!/(2021年4月時点)

>>無料期間中の解約は0円です<<

 

注意

※映画版heroの視聴には400ポイント必要です。ポイントは、毎月8の付く日にそれぞれ400ポイント貰えますのでその時まで待っていただくと実質無料で視聴することができます。詳しくは、下記リンク先にて解説していますので、宜しければご覧ください。

【FOD PREMIUM】登録方法、無料期間から解約までの流れと注意点を解説!

 

スポンサーリンク

関連記事

 

マスカレードホテルに関連する内容を、別の記事にてまとめています。宜しければ。

 

【マスカレードホテル】フル動画を無料視聴する方法を解説

【マスカレードナイト】キャスト、相関図、犯人予想

【マスカレードナイト】ネタバレと感想まとめ

【HERO/2007】あらすじと感想

【HERO】久利生と雨宮のその後について考察

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!