【石子と羽男】4話ネタバレと感想!

この記事では、ドラマ「石子と羽尾」第4話のネタバレを含むあらすじと感想をまとめていきます。

 

「石子と羽尾」が一気見できる!
(※見放題できるのはココだけ!)

↓      ↓      ↓

\ ParaviはTBSの名作ドラマが見放題!/

>>TBS&テレ東名作ドラマの視聴はコチラから<<

※この情報は、2022年7月15日時点のものです。現在とは情報が異なる可能性がありますので、最新の情報は公式サイトをご確認ください。

スポンサーリンク

 

【石子と羽男】4話ネタバレ含むあらすじ

 

羽根岡佳男(羽男)が家でくつろぐ中、潮綿郎から弁護の依頼が入ったと連絡が入る。一昨日、堂前一奈が、アルバイト先から電動キックボードを運転して帰る中、路上に駐車していたワゴン車を避けた際、車の陰から飛び出した男性と衝突する事故を起こしてしまっていた。

一奈は、すぐさま男性に声を掛け、救急車や警察を手配しようとするが、男性から大丈夫だからと言われて、連絡先を交換せずに帰宅する。翌日、心配となった一奈が警察に相談に訪れると、男性が意識を失っている事がわかり、緊急逮捕されてしまっていた。

被害者である新庄隆信は、事故後、自分の足で帰宅をしたが、妻と少し会話をした後、容体が急変して意識を失ってしまっていた。

診断は、脂肪塞栓による低酸素脳症で、病院に運ばれた後に妻が通報し、警察は犯人の行方を探していた。警察は事故後、一奈が何もせずに立ち去ったと考えており、救護義務・報告義務違反の罪に問われていた。

法律では電動キックボードは原付バイクと同じ扱いとなっており、衝突した相手に大怪我をさせ、ひき逃げだった場合、数年単位の実刑判決を食らってしまう可能性があった。妹の事を心配し、姉の絵美が綿郎に相談を持ちかけていた。

絵美は、以前、交通事故の件で綿郎に世話になっていた。絵美は事故のせいで、両親を亡くし、視力を失ってしまっていた。羽男と石田硝子(石子)、大庭蒼生は、一奈の証言を実証する為、目撃者探しを始める。

ICUで治療中であった隆信の意識が戻り、幸いにも後遺症が残らないとの診断が下される。隆信は一奈が救護措置を怠ったと証言しており、示談に応じる気は一切無かった。

スポンサーリンク

この事件の担当検事となったのが羽男の姉の優乃で、過失運転致傷罪と救護義務違反で一奈を起訴しようとしていた。そして、公判が始まるが、過去に一奈が交通違反をしていた事がわかり、劣勢に立たされてしまう。

そんな中、潮法律事務所に隆信の妻から連絡が入り、夫が示談に応じる旨を伝えられる。羽男と石子が隆信に会いに行くと、裁判で罪を認め、示談金として1000万円を要求される。

治療費と休業補償を考えると200万円が妥当な額であったが、隆信は一奈が嘘をついていると言い張り、意見を変えようとはしなかった。この件を絵美に相談すると、家を売る方針を示す。

示談の話を聞いた一奈は逆上し、事故の際に隆信から甘酸っぱい匂いがした事を思い出す。匂いの原因を探るべく、羽男と石子は隆信に接触を図るが、原因究明をする事が出来ずにいた。そんな中、隆信の妻の父が、東京地検の元検事正だった事がわかる。

その為、優乃が今回の件に駆り出されていた。羽男と石子が目撃者を探す中、事件当日、隆信がひどく酔っ払っており、男性とぶつかっていた事がわかる。一奈同様に男性も隆信から、リンゴのような甘酸っぱい匂いを感じ取っていた。

更に事件当日の隆信の行動を探ると、違法カジノを行っていた事がわかる。その店の水タバコの香りが、隆信から甘酸っぱい匂いを放った原因であった。その後、姉の絵美のビラ配りにより、現場から少し離れていた場所に路上駐車していたトラックの運転手から、事件当日のドライブレコーダーの映像が入手出来る。

そこには一奈の証言が事実である証拠映像があり、隆信が虚偽供述をしていたという証拠となる。その後、一奈は保釈をされ、執行猶予付きの判決を受ける。

一方、優乃が今回の事件を引き受けた経緯には、違法カジノグループを摘発するという理由が含まれていた。

元検事正が絡む事件だった為、上層部に揉み消されないようにする為、わざと羽男達に内事を暴かせ、検察が動かざる得ない状況を作っていた。そんな中、蕎麦屋の塩崎啓介が、潮法律事務所に救いを求めてやって来るのだった。

 

【石子と羽男】4話感想

 

後ほど追記します。

 

「石子と羽尾」が一気見できる!
(※見放題できるのはココだけ!)

↓      ↓      ↓

\ ParaviはTBSの名作ドラマが見放題!/

>>TBS&テレ東名作ドラマの視聴はコチラから<<

※この情報は、2022年7月15日時点のものです。現在とは情報が異なる可能性がありますので、最新の情報は公式サイトをご確認ください。

スポンサーリンク

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!