【花束みたいな恋をした】フル動画配信はNETFLIXで観れる?無料視聴する方法を解説!

映画「花束みたいな恋をした」は、2021年4月のドラマ「コントが始まる」でも共演していた、菅田将暉さんと有村架純さんの共演作で、興行収入30億円を突破した事でも話題になりました。

いかにも作り物といった感じではなく、多くの人たちが経験してきた甘酸っぱい物語だからこそ共感を得られたことが口コミで広がって、興行収入に繋がっていったのではないかと思われます。

この記事では、映画「花束みたいな恋をした」の動画を無料視聴する方法を解説していきます!

 

「花束みたいな恋をした」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 23万本の動画を配信中!(2021年7月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 

 

映画「花束みたいな恋をした」の動画を無料視聴する方法と、配信中の動画配信サービスをまとめて解説!

 

映画「花束みたいな恋をした」を観られる動画配信サービスは、以下になります。NETFLIX以外のサービスには無料トライアル期間があり、無料期間内で解約することで料金は発生しませんので、実質無料で視聴することができます。

個人的には、それぞれの動画配信サービスにて、「花束みたいな恋をした」以外にも人気作品を豊富に観られるので暫くの間(2~3か月程度)は契約更新をされることをおススメします。

また、各動画配信サービスでの配信日について表にしてまとめました。「花束みたいな恋をした」は、U-NEXTの独占配信となっています。

※各動画配信サービスの無料期間は、初回登録時のみ適用となりますのでご注意ください。

※この情報は、2021年7月15日の情報です。現時点では配信が終了している可能性もあるので、最新の情報は各動画配信サービスのウェブサイトにてご確認ください。

サービス名 配信状況
(税込み価格)
無料期間と
料金(税込)
レンタル:399円
購入:2,750円
31日間無料
月額2,189円
U-NEXTで観る
配信なし 2週間無料
月額1,026円
配信なし 2週間無料
月額976円
配信なし 初回お試し無料
月額550円
配信なし 2週間無料
月額960円
配信なし 30日間無料
月額500円
配信なし トライアルなし
月額990円~

 

U-NEXTについて

 

無料期間 31日間
月額料金 2189円(税込)
追加料金
  • 見放題作品の場合は無し
  • 対象の作品は有料
配信作品数 23万本を配信、内21万本が見放題
(2021年7月1日時点)

 

 

日本国内のメジャーな動画配信サービスといえば、「U-NEXT」と名前が挙げられますが、知名度や動画配信数の豊富さ(2021年7月1日時点で23万本を配信中)からも裏付けられると言えるでしょう。

また、動画配信のみならず、(有料ですが)電子書籍の取り扱いもあり、原作漫画も読む事ができます。

これは、FOD PREMIUMを除く他の動画配信サービスにはない特徴なので、アニメと共に原作を読んでみたいという方にはおすすめなサービスです!

月額料金が2,189円と他のサービスと比べると高めですが、有料コンテンツに使えるポイントが毎月1200ポイント貰えるので、実質は989円という価値になります。(初月は600ポイント)

また、別のの記事にてU-NEXTの登録方法などについて解説していますので、参考までにご覧ください。

【U-NEXT】登録方法や無料トライアル期間~解約までを全解説!【U-NEXT】登録方法や無料トライアル期間~解約までを全解説! U-NEXTの料金体系やポイントの仕組み【U-NEXT】月額料金の仕組みと注意点を解説! U-NEXTポイントの使い方U-NEXTポイントの使い方と、交換可能なサービスをまとめて解説!

※ご案内している内容は、2021年7月1日時点の情報です。現時点では配信が終了している可能性もあるので、最新の情報はU-NEXTウェブサイトにてご確認ください。

 

「花束みたいな恋をした」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 23万本の動画を配信中!(2021年7月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 

 

 

映画「花束みたいな恋をした」の見どころ

 

多くの視聴者が聖地巡礼に

 

東京都調布市が主なロケ地となり、そのせつない恋の物語に共感した多くの人々が聖地めぐりに訪れています。東京都のほぼ中心に位置する調布市内には、映画・映像関連企業が集積し、現在も日活調布撮影所や角川大映スタジオなどの撮影所があり、多くの映画・映像関連企業が拠点を構えていることから、調布は「映画のまち」としてさまざまな映画関連事業を行っています。

調布に住む大学生の「麦」と「絹」が出会ってから別れるまでの5年間を描いた最高純度のラブストーリー。ロケ地巡りおすすめのスタート地点は、調布駅前にある「調布PARCO」。ここは調布のシンボル的存在で、駅前広場とともに調布の中心地として何度も登場しています。またパルコ5階のブックセンターでもロケが行われています。

調布市街から深大寺方面に向かう途中にある「御塔坂橋(おとざかばし)交差点」。一見普通の横断歩道ですが、映画を見た人はみな「あの交差点に行きたい」と言うほどロマンチックなシーンで登場する場所です。

 

 

坂元裕二の脚本が冴えまくり!

一見よくあるラブストーリー映画かな?と想い特段期待もせず見始めたのですが、見終わった後には新しいラブストーリー映画を見たかも・・と大満足で余韻に浸ることが出来ました。

何といっても、坂元裕二の脚本が冴えまくりです。見た人のほとんどがあるある!と思うエピソードが盛りだくさん。話す言葉の中にも実在の漫画だったりの固有名詞がどんどん出てくるので、リアルな日常の中で菅田将暉と有村架純演じる2人が実在しているように思います。

そういった、特に20代、30代からの共感性が高いことがこの映画を一躍人気にしたのだなと納得します。また、主演の2人が素晴らしいです。「演じている」と分かれば、こういったリアルな脚本は一気にしらじらしく思えてしまいます。

ですが、菅田将暉と有村架純の2人は表情の微妙な変化やセリフの空気感で息のあった演技を披露。坂元裕二の脚本は有村架純いわく「役者が生きられる脚本」なんだとか。この作品でもその脚本を感じることが出来ます。必見です!

 

 

誰もが経験するような、甘酸っぱい思い出を感じさせる作風

 

この映画は、全ての大人たちにおすすめできる映画です。誰もが経験したことがあるだろう、恋の盛り上がりと、別れ。恋愛は、花束のように初めは美しく華やかだけど、次第に枯れたゆく。タイトルである「花束みたいな恋をした」は、まさにそれを表しています。

マニアックな映画、本、ゲーム等が出てくるので、その点で共感できない人もいると思いますが、私自身そこには共感せずに、楽しめたので問題ありません。

なぜ、全ての大人におすすめできるのか。それは、あまりにもリアルすぎるので今の自分と、過去の自分と重ね合わせることができるからです。20代の人たちは、まさに自分の今の恋愛に重ね合わせて、涙するに違いありません。

30代以上の大人たちは、昔の恋人を思い出して、もう一度あの頃に戻りたいなぁと誰もが思うでしょう。生きていくために、絹を守るために、辛い仕事をしていくことに決めた麦。嫌なことはしたくない、楽しく生きるために仕事をすると決めた絹。

一緒に生きていきたいというゴールは同じなのに、絹と麦のもとめていることがすれちがっていくところは、男女の違いを描くにはリアルすぎました。

 

 

リアルな恋愛描写に注目!

 

菅田将暉が演じる主人公の「山音麦」、有村架純が演じるヒロインの「八谷絹」。大学生時代に終電を逃したことをきっかけに出会う二人の恋愛物語です。映画前半では二人が意気投合するシーンや仲良くなっていく様が、羨ましくもあり、また妙にリアルで感情移入させられます。

恋の盛り上がり方が非常にリアルで、恋が始まってすぐのこの感じ懐かしいな、羨ましいなと思わせてくれます。映画が進むにつれて二人の価値観や関係性、それぞれの環境が徐々に変化していきます。そんなちょっとした変化から二人のすれ違いが少しずつ現れてきます。

この二人の変化、すれ違いも絶妙にリアルに感じす。映画と同じような境遇の方もいるかと思います。普通の二人、普通の恋愛を描いているような映画に思えますがだからこそ世界観に入り込むことができます。

男性は主人公の「山音麦」、女性はヒロインの「八谷絹」に自分を置き換えて見ることで自分の価値観や恋愛観について改めて考えさせられます。

カップルで見ると二人のことについて改めて話し合う機会にも繋がります。このように様々な事を考える機会に繋がる為、作中の二人のリアルな関係性や時間経過に伴う変化が見どころです。

 

 

 

映画「花束みたいな恋をした」感想

 

20代男性

麦と絹は第三者からみればかなり長続きしそうなカップルに見えましたが、お互いに社会人になってから少しずつ考え方や価値観が変わっていき、意見が衝突していく様子がかなりリアルだなと思いました。

恋愛映画は別れそうになっても途中でなにかイベントが起きたりしてまたお互い好きになったりしますが、この作品はどれだけ長く付き合っていても儚く終わることもあるというリアリティを突き付けてくれる気がします。

ハッピーエンドとは言えないかもしれないけど、それまで過ごしてきた日々は二人にとっては宝物なのだろうと思いました。

何気ない恋愛の始まりと、何気ない恋愛中の幸せは本当に些細なきっかけや出来事。若い絹と麦にとってはごく普通の日常の切り抜きにすぎないけれど、見ている側には幸せの空気を感じ取ることができる。

サブカルが好きで、よく似ている二人でも5年の月日で考え方にも行動にも違いが出てしまう。それは、大人になれば仕方ない事と感じ折り合いをつけることも出来るけれど彼らはまだ若い。

終始ふんわり漂っていた空気はギスギスし始めて別れることになった二人、その描写も上手かった。その後のストリートビューの演出もにくいなぁと感じる作品です。

50代女性

30代女性

誰にでも経験したことのあるような男女の出会いから別れの話だが、そのリアルさがこの作品の人気の理由のひとつだと思う。

実在の著名人や作品、商品をふんだんに使用している点は同世代に刺さるポイントとなっている。主人公ふたりが大学生から社会人になり垢抜けていくとともにすれ違っていく仕事や生活への価値観の差がなんとも切なく、出会った頃の輝きをより眩しくしていた。

坂本祐二さんの作り出すセリフのひとつひとつや、Awesome City Clubが歌うインスパイアソングはいつまでも観た者の心に残るだろう。

ストーリー的には、この映画に共感できます。出会いがあって、好きな人がいて、付き合って、楽しい思い出がたくさんあって、お互いに少しずつ成長していって、その分、すれ違いが大きくなって、別れてしまうという、あまりにもリアルなラブストーリーです。

ストーリーはとてもリアルですが、だからこそ別れてしまったのかなと思いました。物語はとても現実的ですが、だからこそ彼らは別れたのかなと思いました。もともと好きだったのですが、主演を務めた有村架純さんがとても良かったです。

50代女性

40代女性

よくも悪くも、どこにでもある普通の恋愛映画。なのだけれど、ドラマチックなシンデレラストーリーではないからこそ、逆にその普通が尊いと感じた。

観ているうちに、麦と絹を自分の若い頃に投影し、その頃の恋愛を思い出し、恋愛初期の何をしても楽しい、何をされても嬉しいといった感覚から、年齢を重ね、環境が変わり、周りの人たちが大人に見えて、自分たちだけ取り残されているような気持ちになったり、将来に不安を感じたり。

そんな中で、ちょっとずつすれ違っていく二人が、過去の自分でもあったと感じ、切ない気持ちになった。

若者の恋愛物語だから、そう重たくもなく、感慨深い話でもないだろうな…と期待せずに映画を観ました。結果は、想定外に良かったです。

ジェットコースタームービー的な展開ではないのが、よりリアルに感じます。主人公の若い男女である麦と絹は、趣味や嗜好、考え方のどの部分も限りなく近く、ズレが少なくて羨ましい関係です。価値観がこんなにも合致しているなんて、「運命の相手」と思わせるレベルです。

そんなふたりなのだから、当然ハッピーエンドを迎えると思いきや、現実はそうでなはいものです…という内容で、いろいろと考えさせてくれる映画で、とてもおもしろかったです。

50代女性

 

20代男性

この映画は泣けます。特に後半になるにつれて徐々に切なくなってきます。また、切なさだけでなく楽しいシーンや笑えるシーンもたくさんあります。非常に現実的な恋愛映画に思えます。

見終わった後は「恋がしたい!」というよりは「恋愛するときはここら辺は気を付けようかな」、「相手のこともしっかり考えるようにしよう」と思いました。恋愛の楽しい部分も悲しい部分も描かれており非常に面白い作品でしたが、加えて恋人との価値観や関係性について考えさせられました。

特別なことは起こらないけれど、2人が出会って惹かれあう理由と、別れる理由がしっかりと描かれている。途中、2人の関係が壊れていく様はリアルで痛々しいしいが、最後の別れの描き方は、あの恋はまるで花束のようだったと前向きな気持ちになれるのが良い。

ハラハラドキドキするような恋愛映画ではないけれど、観た後にじんわりと余韻が残る作品だった。どこにでもあるような話だからこそ、色々な人の心に刺さるのではないかと感じた。

30代男性

20代男性

特別なことは起こらないけれど、2人が出会って惹かれあう理由と、別れる理由がしっかりと描かれている。途中、2人の関係が壊れていく様はリアルで痛々しいしいが、最後の別れの描き方は、あの恋はまるで花束のようだったと前向きな気持ちになれるのが良い。

ハラハラドキドキするような恋愛映画ではないけれど、観た後にじんわりと余韻が残る作品だった。どこにでもあるような話だからこそ、色々な人の心に刺さるのではないかと感じた。

 

すごく恋愛要素の強い映画でドキドキするシーンが多くてとてもキュンキュンしました。また、有村さんと菅田さんの風呂のシーンやイチャイチャしているシーンはすごく見応えがあってとても面白いしこういうデートをしてみたいなと思わせるようなシーンが多くてとても良かったです。

また、だんだん関係性が冷めきってしまうのですが、それがとても残念でラストシーンは結果的にはハッピーエンドで終わってしまうのですがその過程がとても面白いです。

20代男性

40代男性

菅田将暉演じる麦と有村架純演じる絹の出会いから別れまでを描いている作品ですが、うまく説明が出来ないくらいに坂元裕二の脚本が良すぎます。

東京ラブストーリーや最高の離婚、最近では大豆田とわ子と三人の元夫など幅広いラブストーリーを手がけています。今作品では固有名詞がこれでもかと詰め込まれていますが、滲み出る感情を言葉に込めることで、この作品の流れの中にいつまでもたゆたい続けたいと思ってしまうほどに作品の中に入り込むことが出来ました。また、張り巡らされた伏線が秀逸で、ラストへの展開を彩っています。

 

「花束みたいな恋をした」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 23万本の動画を配信中!(2021年7月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!