銀魂実写映画版の観る順番と動画を無料視聴する方法を解説!

人気アニメ「銀魂」には、実写版もありまして、「今日から俺は」「新解釈三国志」などで有名な福田雄一氏による監督作品でもあります。

また、福田組でおなじみのメンバーも出演しているので、原作に負けず劣らずのギャグっぷりで笑わせてくれます!

この記事では、実写映画「銀魂」「銀魂2」について、観る順番や動画を無料視聴する方法を解説していきます!

 

実写版「銀魂」を観る順番と時系列について

 

実写版「銀魂」の観る順番と時系列を表にしてまとめました!

公開年 作品タイトル
2017 銀魂
ミツバ篇(dTVオリジナル)
2018 銀魂2 掟は破るためにこそある
世にも奇妙な銀魂ちゃん

また、実写版銀魂シリーズは、公開順がそのまま時系列となっているので、そのままご覧になって頂いて構いません。

 

実写版「銀魂」を配信中の動画配信サービス

 

 

サービス名 配信の有無 無料期間と
料金(税込)
  • 銀魂
  • 銀魂2

※要課金(550ポイント)

31日間無料
月額2,189円
U-NEXTで観る
アニメ版のみで、
実写版の配信は無し
2週間無料
月額1,026円
huluで観る
配信無し 2週間無料
月額976円
FODで観る
  • ※銀魂
  • ※銀魂2
  • ミツバ篇
  • 世にも奇妙な銀魂ちゃん

※銀魂、銀魂2は要課金なので
ご注意ください。

初回お試し無料
月額550円
dTVで観る
  • 銀魂
  • 銀魂2

※要課金(450コイン)

2週間無料
月額960円
ABEMA
プレミアムで観る
  • 銀魂

※要課金(550ポイント)

15日間無料
月額618円
TELASAで観る

 

こうして見てみると、実写版「銀魂」「銀魂2」はともに要課金なので、見放題はできません。U-NEXTであればポイント利用によって課金なしで視聴できます。

また、dTVの場合では、実写版の視聴は要課金ではあるものの、最も多く銀魂シリーズの取り扱いがあるのでおススメです^^

以下、U-NEXTとdTVのご案内をしていきます!

 

U-NEXTについて

 

無料期間 31日間
月額料金 2189円(税込)
追加料金
  • 見放題作品の場合は無し
  • 対象の作品は有料
配信作品数 23万本を配信、内21万本が見放題
(2021年7月1日時点)

 

 

日本国内のメジャーな動画配信サービスといえば、「U-NEXT」と名前が挙げられますが、知名度や動画配信数の豊富さ(2021年7月1日時点で23万本を配信中)からも裏付けられると言えるでしょう。

また、動画配信のみならず、(有料ですが)電子書籍の取り扱いもあり、原作漫画も読む事ができます。

これは、FOD PREMIUMを除く他の動画配信サービスにはない特徴なので、アニメと共に原作を読んでみたいという方にはおすすめなサービスです!

月額料金が2189円(税込み)と他のサービスと比べると高めですが、有料コンテンツに使えるポイントが毎月1200ポイント貰えるので、実質は989円という価値になります。(初月は600ポイント)

また、別のの記事にてU-NEXTの登録方法などについて解説していますので、参考までにご覧ください。

【U-NEXT】登録方法や無料トライアル期間~解約までを全解説!【U-NEXT】登録方法や無料トライアル期間~解約までを全解説! U-NEXTの料金体系やポイントの仕組み【U-NEXT】月額料金の仕組みと注意点を解説! U-NEXTポイントの使い方U-NEXTポイントの使い方と、交換可能なサービスをまとめて解説!

※ご案内している内容は、2021年7月1日時点の情報です。最新の情報はU-NEXTウェブサイトにてご確認ください。

 

 

 

dTVについて

 

実写やアニメの「銀魂」シリーズが最も多く観られるサービスは、dTVです!dTVではアニメシリーズ以外にも、dTVのみで観られるオリジナルストーリーもあるので、ここではdTVのご案内を進めていきます!

 

無料期間 31日間
月額料金 550円(税込)
追加料金 対象作品のみあり
配信作品数 業界トップクラスの配信数(諸事情により非公開・2021年5月17日時点)
ダウンロード 可能

 

dTVはドコモユーザー以外の方でも、クレジットカードまたはデビットカードがあれば利用可能です。月額料金が550円(税込み)の安さにも関わらず、取り扱いの動画数が業界トップクラスの豊富さ(数値は諸事情により非公開)が体感できるサービスです。

 

また、dTVで視聴できるアニメ版銀魂シリーズを下記にまとめました。

  • 銀魂(第1期~第4期)
  • 銀魂  第二期延長戦
  • 劇場版 銀魂 新訳紅桜篇
  • 劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ
  • 銀魂 ミツバ篇
  • 銀魂 世にも奇妙な銀魂ちゃん
【dtv】入会・登録方法&無料お試し期間迄、解約前に知っトクな情報!【dTV】入会・登録方法&無料お試し期間~解約までを全解説!

 

他の動画配信サービスと同様に、実写映画「銀魂」「銀魂2」は要課金の為ご注意ください。

 

※ご案内している内容は、2021年7月1日時点の情報です。最新の情報はdTVウェブサイトにてご確認ください。

dTVでは、無料期間中に解約をすることで料金の発生はありませんが、定期的に新着コンテンツが配信されたり、アニメ以外にもドラマや映画なども楽しめるサービスですので、数ヶ月の間は継続されることをおススメします。

 

 

 

映画「銀魂」あらすじ

 

神楽(橋本環奈)のわがままと銀時(小栗旬)の金目当てという不純な動機からカブト狩りを急遽決行。だが、山奥まで入ったにも関わらず、真選組と鉢合わせ、取り調べを受けるという場面で終わる。万事屋へと戻る3人。

そこにはエリザベス(山田孝之)が待ち構えていた。しかしそこには桂小太郎(岡田将生)の姿が無く、なんとも不穏な雰囲気。その時銀時にも依頼が入ったので、銀時はエリザベスを2人に任せ、依頼主の元へ急いだ。

依頼主は刀鍛冶の村田兄妹(安田顕/早見あかり)。“村田兄妹の父が打った名刀もとい妖刀「紅桜」を取り返してほしい”と依頼される。同じ頃、神楽と新八(菅田将暉)は桂が行方不明になっていると、エリザベスに聞いた。

最近、何者かの死体が街であがったことを思い出し、街に横行している辻斬りに巻き込まれてしまったのではという思いが桂の脳裏をよぎる。

その夜新八は、エリザベスと辻斬り探し、神楽は桂探しを始める。

ネタバレ含むあらすじはコチラ

橋の前で待つ新八とエリザベス。そこは昨夜辻斬りが起こった場所だ。しばらくすると、男が現れる。よく見ると、不気味な光を放つ刀を握りしめている。

男が2人に襲い掛かった。だががそれをひとりの男が止めに入る。その男は紛れもなく銀時だった。その実力が恐れられたほどだった銀時も、その刀には太刀打ちできず倒れ込む。そこに真選組の沖田(吉沢亮)が現れる。

気を失った銀時を残し、男は即座に逃げ出した。同じ頃、至難の時を迎えていた神楽。桂を追い1隻の巨大な船に忍び込む。

そこには高杉晋助(堂本剛)率いる鬼兵隊がおり、高杉は紅桜を量産し国の転覆させようとクーデターを企てていた。そして忍び込んだ神楽は捕まってしまう。戦闘部族の神楽も多勢に無勢、高杉の前ではなす術がなかった。

銀時が目を覚ます。新八に頼まれて側で見守っていたのは、お妙(長澤まさみ)だ。体中が負傷している銀時を連れていこうなどとは微塵も思わず、新八はひとりで神楽を探しに出たのだ。すっかり弱り果てた銀時の前に、先日依頼をうけた主の妹鉄子が現れる。

そして鉄子は今回の事件の意外な真相を語り始めた。そこで語られたのは、あの妖刀紅桜を作った人物。それは他でもない彼女の兄だった。

彼は偉大な父を追い続ける中、刀のみならず、カラクリにも手を出してしまった。人の血を吸う化け物と化したあの刀は、最強の力を求めるがあまりに生み出されたものだったのだ。兄を止めるよう求める鉄子。銀時はそれを受け入れた。

これから挑む戦いの供にと、鉄子は自作の刀を銀時に手渡す。その刀は、とぐろを巻いた巨大なつばが、光り輝く刀身にあしらわれている。その奇妙な刀に、彼の運命は委ねられた。

銀時が空を行く巨大な船の船内に足を踏み入れた時には、既にそこは真選組と鬼兵隊との戦場と化していた。同時に新八と神楽も戦いを始める。

そこには、事件の真相を調べるため死んだことにしていたという、桂の姿が。紅桜の使い手の岡田(新井浩文)と戦う土方(柳楽優弥)。そんな中、ついに銀時が現れる。岡田に向かっていく銀時。すでに岡田の体は紅桜に蝕まれ始めているのがわかる。

激戦が続く中、とうとう岡田は意識ごと紅桜に乗っ取られてしまう。だが銀時の一撃にひれ伏し、その姿は紅桜ごと消え去っていく。残るは高杉との最後の戦い。

幼い頃、共に多くの時間を過ごしたふたり。なにがなくとも国の転覆を望む高杉、対して国を一心に守りたい銀時。共に歩んできた道は確実に二手に分かれ、交わることなく決戦を迎えた。

だが、決着はつかなかった。姿を消す鬼兵隊。そして銀時、神楽、新八は、お妙の待つかぶき町を目指し、歩き始める。

 

 

 

 

映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」あらすじ

 

 

万事屋の銀時(小栗旬)、新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)は金欠で家賃の支払いもままならない状況に陥っていた。

アルバイトをすることにした3人は、お妙(長澤まさみ) が働いているキャバクラで働くことになってしまい、銀時と新八は女装することになる。

そこへ客としてやってきたのは江戸の将軍、徳川茂茂(勝地涼)でした。粗相が許されない中で必死に接客する3人でしたが、その後も3人のバイト先には何故かいつも将軍がやってくるのだった。

一方、真選組の土方十四郎(柳楽優弥)は何者かに吹き矢のようなものを撃たれた日から性格が一変。『鬼の副長』と呼ばれるクールな土方が、ヘタレでアニメオタクの『トッシー』へと変貌してしまいまう。

敵対する武士にも土下座するヘタレぶりで、同じ真選組の沖田総悟(吉沢亮)にも迷惑をかけてしまい、ついに真選組をクビになってしまった。

 

ネタバレ含むあらすじはコチラ

土方が去った真選組では、参謀として伊東鴨太郎(三浦春馬)が局長・近藤勲(中村勘九郎)の暗殺を目論んでいた。伊東と沖田の策略で土方は真選組を追われたのである。

しかし伊東は高杉晋助(堂本剛)率いる反政府軍、鬼兵隊と手を組んで政府転覆を企んでいた。それを知らない近藤は電車で箱根へと向かいますが、これも伊東の罠だった。

伊東や護衛をしていたはずの部下たちに刃を向けられる中、伊東を手を組んだと思われた沖田が現れ伊東以外の敵を殲滅します。そこへ加勢に現れたのが万事屋の3人と土方だった。

土方の性格が変わったのはヘタレになるマイクロチップを埋め込まれたためで、これも伊東の策略だったのです。銀時たちの力もあり、土方はなんとか以前の性格を取り戻す。

その頃、警備が手薄になっていた江戸に河上万斉(窪田正孝)率いる鬼兵隊が将軍の命を狙って攻め入っていました。河上は『千人斬り』の異名を持ち、徳川茂茂とその護衛である松平片栗虎(堤真一)を江戸城の天守閣まで追い詰める。

一方で土方と伊東は電車の中で決着をつけるため激闘を繰り広げていました。鬼兵隊の爆弾により、電車は陸橋で宙吊りになってしまう。気を失った伊東が目覚めると、切断された自分の左腕が見えた。

伊東は子供の頃から優秀であるが故にいじめられ、家族にも次男だからと認められずにいたのです。片腕で列車にしがみつく伊東を助けたのは土方でした。真選組は伊東を裏切り者としてではなく、1人の侍として死なせるために助けたのだった。

銀時は将軍の危機を知り江戸城へ向かおうとするが、江戸からはすっかり遠ざかっていた。そこへネコバスのような乗り物でへ平賀源外(ムロツヨシ)が現れ、銀時を江戸城まで送り届ける。将軍を守ろうとする銀時だったが、その将軍はおとりだと松平に告げられる。

それを知った万斉は銀時の命に狙いを変えて襲いかかってきた。何のために戦うのかと問う万斉に対して、弦で拘束された銀時は「俺の守るものは今も昔も変わっちゃいねぇよ!」と叫び、無事に万斉を退ける事に成功した。

真選組の近藤や将軍まで助けた万事屋の3人だったが、報酬を受け取りそこねたために家賃未払いで大家のお登勢(キムラ緑子)にいつものように追いかけ回されることになるのだった。

 

 

 

 

実写映画「銀魂」「銀魂2」を観た感想

 

 

30代男性

ふざけたギャグ映画として見ると、ここまで振り切っていると流石としかいいようがない映画でした。主演の小栗旬さんがはまり役で、ふざけているけど真面目な時は真面目にふるまえる正にぴったしで演じ切っているのが素晴らしかったです。

終始ギャグや笑いがあるのですが、闘う戦闘シーンなどでは、映画ならではカメラワークで見ごたえタップリな映像美が見れるのも素敵でした。

全体を通して笑えるのですが、目的とストーリーがあるのであっという間にすぎてしまう楽しい映画でした。

 

 

原作をほぼ読んでいない人間でも面白い、と思われる映画でした。まず出演者が豪華なのにも関わらず、徹底的に馬鹿馬鹿しいことをさせる福田監督の凄さ、そして俳優陣の徹底的に人を笑かせる演技力には思わず拍手でした。

主人公の銀さんと新八との出会いのシーンとその後の変なビデオを見せるシーン、あれだけでもかなり笑えるのにこれでもかとこれでもかというパロディの満載。なのにも関わらずその中に出てくる銀さんの過去の悲しい話、天下をひっくり返そうとする者との戦い有り、昔の友との葛藤あり、ハラハラドキドキの銀魂1。

1に引き続き、銀魂2は真選組の土方が出張ってくるお話に加えてゲストが豪華。笑いたい時はおすすめの映画です。

40代女性

 

 

 

20代女性

両方通して原作を知っている私でも十分に楽しめた作品だったなと思っています。とにかくキャストが豪華だし銀魂のおもしろい部分がしっかり実写化されていて感動しました。

将軍が結構過激なことをしたりするのをいったいどう処理するのかなと思っていたら、福田さんの作品だなと思う感じの処理の仕方で最高でした。

銀魂は日常をみていたらおもしろくて戦になるとかっこいいのですが、そこがしっかり描かれていたし原作ファンも納得がいく作品だなと思いました。

 

 

 

銀魂の第一弾作品をみたのですが、アニメにあるカブトムシ狩りをモチーフにしていて再現度が高くて良かったです。神楽の頭のおかしさと新八のツッコミが冴えていて良かったです。

近藤さんのハチミツに塗られているシーンもあったのですが、それも再現度が高くてびっくりしました。また、紅桜編もあって銀さんのかっこよさが節々にあって良かったです。

銀さんの男らしさと仲間を大切にする感じが伝わってきました。戦闘シーンも熱かったです。

20代男性

 

 

 

30代女性

もともと少年ジャンプで銀魂を読むのが好きだったので映画化されると知った時はとても嬉しくて映画館まで見に行きました。また堂本剛くんも登場するという事でなかなか演技のお仕事をされないのでそれも楽しみでした。

銀時、神楽、新八の主要キャラクター3人がほぼ漫画通りに再現されていて特に新八役の菅田将暉さんはハマり役でした。

ストーリーは漫画の中で描かれているものが切り取られていて成り行きは見る前から知っていましたが、原作で描かれているのをどう映像に表現するのかもとても興味深かったです。

実際に見てみると漫画での銀魂の世界観が壊されることなくCGも使用されてまた新しい銀魂として見ることができました。

 

 

 

キャスティングがいかにもと言う感じのキャスティングをしていたので私はこの映画はとても良かったと思っています。原作はギャグマンガなので、これを映画化していくと言うのは難しかったのかもしれないですが、うまく映像化できていたのではないかと私は思っています。

俳優の人たちや女優の人たちなどのキャスティングが良かったので、もう一度見たいと思えるような映画になっていたと思います。シリーズ化して欲しいと思えるような映画になっていたと思います。どちらの作品も面白かったですし、世界観がよく実写化されていたと思いました。

40代男性

 

 

 

50代男性

私はこちらの作品は週刊少年ジャンプで連載されていた方の漫画の方を見ていたことがあるのですが、別にこの漫画が目的でその雑誌を買っていたわけでは無いのですが、他の漫画が目的でその雑誌を買っていてこの漫画もあったのですがギャグ漫画としては面白いと思います。

当時はギャグ漫画でもジャンプは面白い作品があったと思うのでその中で生き残った作品ですし、この映画はどうなのかと言うとこういう漫画を実写化すると失敗してしまう作品が多いですが、これは成功していると思います。

セリフ回しなども原作に忠実で笑わしてくれるところは笑わしてくれてよかったです。

 

 

 

銀魂の実写化で一番面白いと思うシーンはキャバクラで小栗旬さんや長澤まさみさんらか演じるキャラクター達が本気でネタに走りながら笑いを堪えて演技する場面です。

お忍びに来た将軍様を満足させる為にスタッフである銀さんや新八、お妙さんや神楽ちゃんは必死に王様ゲームをするのですが大体罰を受けるのは将軍さまです。

この将軍様が罰を受けるシーンが本当に漫画とリンクしていてここまできちんとした実写化は初めてだと感動したのを覚えています。

20代女性

 

 

 

30代女性

漫画の銀魂が好きということもあり実写映画の公開はどこまで原作に近づけるか期待しながら作品を視聴しました。

時代劇の原作だがコメディー満載の実写版はお腹を抱えるぐらい面白いシーンがたくさんあり、原作及びアニメを見てない人でも十分に楽しめる作品になっていました。

原作を知っている人はさらに楽しめます。演じている俳優、女優も個性的な人が多く作品の完成度をさらに高める演技で見ている人を飽きさせない作品に仕上がっています。

 

 

 

とにかくキャラの再現度がすごいです。CGを駆使してはいますが、銀時と岡田似蔵の対決シーンは圧巻で、紅桜と融合した似蔵のおどろおどろしさにはゾクゾクさせられました。

さらにそれを上回る俳優達の立ち回りの仕方がカッコよく、いかにも漫画的な表現のところも違和感なく見ることができました。俳優のキャスティングも適材適所という感じで素晴らしいですが、特に菜々緒さんのまた子と、堂本剛さんの高杉晋助は、原作を超える色気を放っていて、主役を喰ってしまうくらいの存在感でした。

基本的にはギャグ要素が強いけど、締めるところはひたすらカッコいいという、原作の世界観を全く崩していないところも秀逸です。

40代女性

 

さいごに

 

人気アニメの実写版というと、良くも悪くも原作愛の強さからなのか、否定的な意見が出てしまうものですが、「銀魂」は「るろうに剣心」と同じようになかなか好評だったのではないかと思います。

原作者と福田雄一監督の感性の相性も良かったのかもしれませんね(笑)

U-NEXTやdTVでは、実写のみならずアニメ版も配信しているので、見比べてみては如何でしょうか?

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!