【義母と娘のブルース動画】再放送&見逃し配信を無料視聴する方法!

綾瀬はるかさんの代表作のひとつ、「義母と娘のブルース」が2021年から2022年の年末年始にかけて再放送されることとなりました。

また、2022年の年始:1月2日には特番も放送を控えているので、予習にいかがかなと思い、この記事では見逃し配信動画を無料視聴する方法を解説していきます!

 

「義母と娘のブルース」が無料で観れる!
(※初回登録時のみ適用)

↓      ↓      ↓

\ ParaviはTBSの名作ドラマが見放題!/

>>無料期間中(2週間)の解約なら、料金はかかりません<<

 

 

【義母と娘のブルース】2021年末&2022年始再放送について

 

ドラマ「義母と娘のブルース」の再放送について、以下の日程で行われます。

日程 放送時間
2021年12月31日 8時55分~11時50分
12時~16時30分
2022年1月2日 8時00分~11時50分
12時~15時

しかし、年末年始ということで、外出先や帰省先にて観られない可能性も考えられますが、下記にてご案内する方法であれば確実に観られるのでおススメです!

 

【義母と娘のブルース】見逃し配信動画を無料視聴する方法

 

ドラマ「義母と娘のブルース」を配信中の動画配信サービスとは?

 

ドラマ「義母と娘のブルース」は、TBS系列のドラマになるのですが、取り扱いのある動画配信サービスはParaviとなります。

Tverは毎週最新話のみが1週間限定で観られますが、過去の放送回を観る事ができません。また、広告が入るので面倒に感じる方も少なくはありません。そこでおススメなのが、動画配信サービスのParaviです。下記にてParaviの解説を進めていきます。

※各動画配信サービスの無料期間は、初回登録時のみ適用となりますのでご注意ください。

※この情報は、2021年12月30日時点のものです。現在では情報が異なる可能性がありますので、公式ウェブサイトにてご確認ください。

 

サービス名 配信状況 無料期間と
料金(税込)
  • 全10話
  • ディレクターズカット版
  • 2022年謹賀新年SP(予定)
2週間無料
月額1, 017円
Paraviで観る
配信なし 2週間無料
月額976円
配信なし 31日間無料
月額2,189円
配信なし 2週間無料
月額1,026円
配信なし 初回お試し無料
月額550円
配信なし 2週間無料
月額960円
配信なし 30日間無料
月額500円
配信なし トライアルなし
月額990円~

 

Paraviの特徴

 

無料期間 2週間
月額料金 1, 017円(税込)
追加料金 対象作品のみあり
配信作品数

 

動画配信サービスのParaviは、TBSとテレビ東京のドラマ作品を主に取り扱っています。スピンオフ作品にも力を入れているので、ドラマと共に楽しめます♪

また、他の動画配信サービスとの違いは、対象作品のみとはなるものの「ディレクターズカット版」(ドラマではカットされたシーンを含むバージョン)や、「総集編」を扱っているところです。

また、有料会員になるとレンタル作品に使用できる550円(税込み)のチケットが毎月貰えるので、新作映画などに利用できます!

パラビとは?登録方法、無料期間~解約までの流れを解説!パラビとは?登録方法、無料期間~解約までの流れを解説!

※ご案内している内容は、2021年4月時点の情報です。最新の情報はParaviウェブサイトにてご確認ください。

Paraviには、2週間の無料期間があるので、無料期間内に解約をすれば料金は発生しませんが、「作品名」以外にも以下のような作品の取り扱いがあるので、少なくとも1クールくらいの期間はご利用になることをおススメします。

以下、Paraviで観られる国内ドラマ(一部)です。

Paraviで観られるドラマ
  • 半沢直樹(2013年、2020年版)
  • テセウスの船
  • 下町ロケット(特別総集編、2018年)
  • 初めて恋をした日に読む話
  • 珈琲いかがでしょう
  • リコカツ
  • 俺の家の話
  • ドラゴン桜2021
  • オーマイボス

※ご案内している内容は、2021年4月時点の情報です。最新の情報はParaviウェブサイトにてご確認ください。

 

「天国と地獄」が無料で観れる!
(※初回登録時のみ適用)

↓      ↓      ↓

\ ParaviはTBSの名作ドラマが見放題!/

>>無料期間中(2週間)の解約なら、料金はかかりません<<

 

【注意事項】違法動画はダメ!絶対!

 

「義母と娘のブルース」に限った話ではなく、数ある違法サイトでも作品によっては視聴することができます。

しかし、それらのサイトを利用することは、

  • 画質が荒い
  • 怪しい広告が多く、ウイルスに感染するリスクが高い

といったリスクにさらされます。

加えて、電子書籍の海賊版サイトでもあったように、現在では違法サイトを厳しく罰する風潮も強いですし、罰金刑や懲役刑を課される恐れがあります。

「映画館に行こう!」実行委員会日本民間放送連盟という団体が、映画館を中心に違法にアップロードされている動画は観ないようにという警告もしています。

特に、下の動画の「NO MORE 映画泥棒」のCMはご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか?

「映画館に行こう!」実行委員会:「NO MORE映画泥棒」劇場用CM動画

 

引用元「映画館に行こう!」実行委員会 公式YouTube

ですから、個人的にも違法サイト経由で動画視聴することはおススメできません。ですから、この記事にてご案内する動画配信サービスをご利用頂くことが最も安全でおススメできる方法となります!

 

詳しい内容につきましては、各団体のウェブサイトをご覧ください。下記のリンクからアクセスできます。

 

【義母と娘のブルース】感想

 

20代男性

亜希子さんがキャリアウーマンから義母になって、子どもへの接し方に悪戦苦闘していく感じが面白いのと、そのひたむきに頑張る姿に勇気をもらえました。

最初はぎこちなかった義母と娘という関係がだんだん打ち解けていく様子には思わず見てて笑顔がこぼれます。

綾瀬はるかは癒し系でほんわかした役を演じているイメージがあったのですが、このドラマではそんなイメージを一新するかのようにキャリアウーマン的な役柄を見事に演じていたのも良かったです。

 

 

子供も一緒に楽しく見れて何度でも泣かせてくれるドラマでした。綾瀬はるかさんの堅苦しい亜希子さんやかっこいいのにおバカでチャラい佐藤健さんがとても面白かったです。

何と言ってもみゆき役の横溝菜帆ちゃんがとっても表情が豊かで、新しいお母さんを受け入れることができなくて反抗する姿も一生懸命でとても可愛らしかったです。

そして、お父さんの良一さんが優しい。竹野内豊さんが醸し出す雰囲気と声が最高でした。その良一さんが亡くなってからの義母と娘の関係が何とも言えず素敵で、この親子のその後をずっと見ていたくなりました。

40代女性

 

 

30代女性

どのキャストも本当ステキ!でも、その中でも個人的には綾瀬はるかさんの魅力に本作を通して改めてドハマリしました。綾瀬はるかさん扮する義母はあまりにも突拍子もないキャラクターなので、リアリティはありません。

でも、親が子を思う気持ちがどれほど深いものなのか。どのエピソードからも親の無償の愛がダイレクトに伝わってきてすごく優しい気持ちになれました。自分も小さな奇跡にしっかりと気付ける人になりたい。改めてそんなことを思ってしまいました。

 

 

 

余命僅かと知った男性・良一が残された一人娘であるみゆきのために再婚をしようと決め、契約結婚という形で依頼した亜希子がみゆきと距離を縮めていく姿は見どころでした。

再婚であるために反発しながらも徐々に距離を縮めていく姿、また良一とも愛情を深めて本当の家族へ近づいていく展開は胸が熱くなります。しかし良一の死は免れず、亡くなってからより亜希子とみゆきの親子としての絆が深まり、お互いを思う愛情の深さに心震えます。

お互いを思うあまりすれ違い、真実を知ったことで再び絆が深まるという二人の関係に親子であることに血の繋がりは関係ないと思わせる作品でした。

30代女性

 

 

 

50代女性

いつも天然な感じが全開な綾瀬はるかさんのキャリアウーマンぶりに驚かされました。テキパキと取り引き先に対応する姿やプレゼンをする姿がとても格好良いです。

仕事は完璧なのにそれ以外のことが全くダメで一生懸命やっているのに天然ぶりを発揮している姿がクスッと笑えます。良一が亡くなりみゆきとぶつかりながらも本当の親子になっていく姿に感動と笑いが生まれます。

いつも格好良いキリッとした役の多い佐藤健さんが演じている麦田は本当に脳天気で悪めない人物でそのギャップに驚かされます。そしてこの世知辛い世の中を生きていくのには純粋過ぎるくらいに真っ直ぐな性格の麦田を佐藤健さんはぴったり演じていて楽しいです。

 

 

キャリアウーマンの主人、公亜希子が、まさか結婚するような雰囲気はないのに、ある日突然結婚をして、更には子連れの人と結婚をして、最初はなぜ亜希子のような人と結婚をしたのか不思議でした。

次第に理由もわかり、血のつながりはない、亜希子と子供のみゆきの関係に感動しました。亜希子は個性的な不思議な人物なので、見ていて面白いです。

パン屋の麦田は、そんな亜希子のことを好きになるので、見ていて何だか平和な気持ちになりました。血のつながりは関係なく、過ごしてきた過程や気持ちが大切なんだと思わせてくれるようなドラマだと思いました。

30代女性

 

 

 

30代男性

このドラマは何段階かに分けての大きな感動がありますが、家庭を持ってる人ならばその前に何度でも泣けるストーリーになってると思います。

しかしその中で最初の山場は良一が余命いくばくもない事。そして亡くなってしまう事。みゆきにとっては唯一とも言っていい心許せる存在の彼がいなくなるのは観てても辛かったです。

亡くなるシーンは意外とアッサリですが、それがまた色々想像して涙を誘いました。そして最後の無表情を通してきた亜希子の感情が決壊するシーンはもうたまらなかったです。血が繋がってなくとも、本当の愛を確認できた良いドラマでした。

 

 

キャリアウーマンの亜希子が、結婚をして義理の娘のみゆきを愛情深く育てる様子を、温かくコミカルに描き毎回、笑いながらも心が温まりました。

亜希子はいつもスーツを来て、まるで営業の仕事のように、みゆきと仲良くしようとしたり小学校のPTAの問題を解決しようとしました。その一生懸命さに応援したくなります。

みゆきにもその気持ちが通じて行き、良一とも心を通わせるのでこのまま幸せになって欲しかったです。だから良一が亡くなった時はとても心配しました。

その後立派にみゆきを育てて、佐藤健さん演じる麦田のパン屋まで立て直しました。綾瀬はるかさんが亜希子の役にぴったりで、丁寧な言葉使いや頭の良さに感心しました。

50代女性

 

 

30代女性

最初はぶつかりあって上手くいかなかった義母と娘だけど、竹野内豊さん演じる夫が亡くなって悲しみを乗り越えて、成長してだんだんと家族愛も深まっていき、本当の親子のような関係になり、最後は感動しました。

ドラマの後半は、綾瀬はるかさんがパン屋で仕事も始めたり、佐藤健さん演じる青年が少し軽い雰囲気なのに対して、綾瀬はるかさんの硬い性格が絶妙で、それも合っていて新たな展開で面白かったです。血が繋がっていてもいなくても関係なく、厳しさのなかに愛情を感じるいいドラマでした。

 

 

亜希子とみゆきの関係に注目して観ると、ドラマが面白くなってくると思いました。亜希子がみゆきの為に、一生懸命に仕事を頑張っている様子を観て感銘を受けました。

義母である亜希子が娘にどのように愛情を注いでいくのか注目して観ることができました。ベーカリーの麦田が、亜希子に好意を持っているように感じられ、2人が恋をするのか気にして観ることができました。

綾瀬はるかさんならではの演技力を観ることができる点が、ドラマの見どころであると思いました。

30代男性

 

「義母と娘のブルース」が無料で観れる!
(※初回登録時のみ適用)

↓      ↓      ↓

\ ParaviはTBSの名作ドラマが見放題!/

>>無料期間中(2週間)の解約なら、料金はかかりません<<

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!