舩坂弘の晩年は?不死身でゴールデンカムイのモデルになった男の最期とは?

2021年3月26日にテレビ東京にて放送予定の特番「やりすぎ都市伝説」に、「リアルサイボーグ日本兵」として、日本陸軍の軍人だった船坂弘軍曹が紹介されます。

ここでは、船坂弘について「リアルサイボーグ」と謡われたエピソードや、
漫画「ゴールデンカムイ」の登場人物のモデルとなったエピソードについても取り上げていきたいと思います。

 

 

船坂弘が不死身で「リアルサイボーグ」と呼ばれたエピソードとは?

 

ここからは、船坂弘軍曹が不死身で「リアルサイボーグ」と謡われたエピソードについてまとめていきます。

そういえば、海外ドラマの24でも主人公のジャック・バウアーが屈強過ぎて超人的な身体能力を発揮していたのを思い出しますが、もし2人が対決したら凄いことになるかもしれませんね?!

 

肩書が凄い

 

船坂弘軍曹は、屈強な身体能力が語られているエピソードがあるうえに、肩書も凄い人物でした。

以下が取得している肩書となります。

  • 特別銃剣術徽章
  • 特別射撃徽章
  • 剣道教士六段
  • 居合道錬士
  • 銃剣道錬士

 

 

 

 

 

著名人も船坂弘が凄いと証言!

 

 

 

船坂弘がゴールデンカムイの登場人物・杉元のモデルとなった根拠を考察

 

ここからは、船坂弘軍曹がゴールデンカムイの登場人物・杉元がモデルとなった根拠についてまとめていきます。

 

根拠➀あだ名が不死身

 

杉元と船坂のあだ名には共通点があり、ふたりとも「不死身」と呼ばれたところです。

  • 杉元:不死身の杉元
  • 船坂:不死身の分隊長

 

 

 

根拠②屈強な身体?!

 

杉元は、ゴールデンカムイで軍医が諦めるような怪我を負っていても次の日には治癒していたと言われていました。

そのことと同様に、船坂弘軍曹も戦いで致命傷を負ってしまい、軍医が治療を諦めるほどの深さだったにも関わらず、数キロにわたる距離を這いながら進んだり翌日には引きずりながら歩いていたと言われています。

また、本人曰く

生まれつき傷が治りやすい体質であったことに助けられたようだ

とのことだったので、身体的な特徴も似ていると言えるのではないでしょうか?

 

 

 

根拠③首に銃弾を受けても生きていた!

 

ゴールデンカムイの回想シーンにて、杉元は首に銃弾を受けていたシーンがありましたが、船坂弘軍曹も首を撃たれて戦死と判断されたにも関わらず、死体安置所にて復活したというエピソードがありました。

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!