【ドクターx2021/シーズン7】1話ネタバレと感想、見逃し配信動画まとめ!大門いきなりピンチ?!

いよいよ新シーズンがスタートしたドクターX。相変わらずのメンツに加えて新メンバーも豪華なのですが、今回はしょっぱなから大門がウィルスに感染してピンチになるという、クライマックス的な展開で先が読めなくて次が気になって仕方ありません!

この記事では、ドクターx2021/シーズン7第1話のネタバレを含むあらすじと感想をまとめていきます。

スポンサーリンク

【ドクターx2021/シーズン7】1話ネタバレを含むあらすじ

 

救急搬送される3ヶ月前、大門未知子は、副首相の手術を行う為、ニュージーランドにいた。牧場で優雅に過ごす中、羊飼いが感電してしまい、瀕死の状態となる。未知子は、その場にあった道具を使い、何とか蘇生させる。

そして、副首相の手術を無事成功させる中、神原晶から日本に帰って来るようにと連絡が入る。その頃、東帝大学病院では、内科部長兼院長代理の蜂須賀隆太郎と分院長の蛭間重勝との間で対立が起きていた。

蜂須賀の失礼な態度に蛭間は、苛立ちを感じていた。そんな中、未知子が日本に帰国する。久々の未知子との再会となり、晶と城之内博美が笑顔で迎える。

そして、未知子は、参議院議員の一橋由華主催の次世代SDGsパーティーに招待されていた。一橋の主治医である一木蛍が、ニュージーランドでの未知子のオペを見て、執刀医として推薦していた。そんな中、一橋が突然苦しみ出し、倒れてしまう。

一橋は、未知子付き添いのもと、すぐさま東帝大学病院に救急搬送される。一橋は、癌の疑いがあり、未知子は緊急手術が必要だと伝える。そして、未知子の執刀で手術が始まり、未知子の見事な手術を見て、蜂須賀は驚きと共に、これぞ100%だと感心をするのだった。

蜂須賀の目に留まり、未知子と共に一木も、東帝大学病院に来て欲しいと声がかかる。未知子が勤務条件を蜂須賀達に伝える中、一橋のパーティーで、コロナのクラスターが発生した事が報告される。パーティー参加者全員PCR検査を受け、万全の状態での開催となったが、この様な事態となってしまっていた。

幸い一橋は陰性が確認されるが、しばらく隔離される事となる。そんな中、一木は腹部に痛みを感じていた。クラスターの対応に追われ、病院スタッフは疲労困憊となっていた。そんな中、未知子は一木と話していた際、一木の首に赤い斑点が出ている事に気がつく。

帰宅した未知子は、一木の症状が気になり、パソコンを使って調べ始める。翌日、一木が病院を辞めると豪語する中、未知子は検査をする必要があると一木の手を引っ張り、廊下に連れ出す。一木は、どこも悪くないと話すが微熱があり、突然苦しみ始める。

スポンサーリンク

一木は心膜炎を起こしており、搬送する際、未知子は誰にも触れさせようとせず、自分1人で処置を行おうとする。仲間達は、未知子の手助けをしようとするが、未知子はオペ室に入って来るなと伝える。

一木は、ラッサウィルスに感染しており、その名を聞いた瞬間、皆その場を離れて行く。ラッサウィルスには特効薬は無く、致死率が非常に高い病気であった。自身も感染する恐れがある中、未知子は一木を助ける為、手術を始める。途中、晶の助言を受けながら、未知子は手術を進めていく。しかし、1人での手術は困難を極め、未知子は焦りを感じるのだった。

諦めかけたかと思われた中、未知子は医師仲間の死を思い出し、自身を鼓舞する。そして、未知子は、1人で無事手術を成功させる。その後、晶は、蛭間の元を訪れ、単独手術の報酬を請求しに行く。蛭間は、未知子が勝手にやった事だとして、支払いを拒否する。

すると、一橋が自分が代わりに支払うと姿を現わす。晶は請求書とメロンを一橋に渡し、院長室を後にする。久々に高額報酬を得て、晶は大喜びで隔離されている未知子の元へと行く。未知子と晶が楽しそうに会話をする中、突然未知子が、痛いと頭を押さえて苦しみ始める。

知らせを受け、未知子は、すぐさま感染対策されたストレッチャーに乗せられ、処置室へと運ばれる。仲間達は、未知子のまさかの事態に心配した様子で、声を掛け続ける。ストレッチャーの上で、未知子は自分もラッサウィルスに感染してしまったのではと、不安を露わにするのだった。

スポンサーリンク

 

【ドクターx2021】1話感想

 

蛭間がいきなり能楽っぽいフレーズを言い出したときは、「俺の家の話」の寿三郎かよ!とツッコミを入れてしまいました(笑)今回も安定の「御意!」が聞けてホッとしました(笑)

だけど、大門がいきなり窮地に追いやられてしまって、先はどうなるのかが気になって仕方ありません・・・

まあでも、大門ほどの人物でもウィルスには勝てなかったのかなと思うと、逆に人間らしさを感じる事ができて、ある意味ホッとしました(笑)

 

ツイッターの感想

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!