【リメンバーミー】悪役デラクルスのその後の死因とは?忘れてやるの意図もまとめて解説!

この記事では、映画「リメンバーミー」の悪役であるデラクルスのその後(死因や忘れてやるなど)についてまとめていきます。

 

 

「リメンバーミー」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 25万本の動画を配信中!(2022年1月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

リメンバーミーの動画を無料視聴する方法

別の記事にて、映画「リメンバーミー」の動画を無料視聴する方法を解説しています。宜しければご覧ください。

リメンバーミーの動画を無料視聴する方法を解説

 

スポンサーリンク

 

デラクルスのラストシーン

 

デラクルスは、サンタ・セシリア出身の男性ミュージシャン兼俳優として世界的な成功を収め、死後もメキシコが生んだスターとして掲げられた人物である。

死者の国でも生前と同じように絶大な人気を誇っていたが、彼には後ろ暗い過去があった。かつてデラクルスは、ヘクターと共に音楽活動の旅をしていた。

しかし、ヘクターは家族の事が恋しくなり、故郷へ帰ろうとしていた。その事に反発したデラクルスは、酒に毒を盛ってヘクターを◯◯してしまう。そして、ヘクターが作詞作曲をした数々の曲やギターなどを奪い、あたかも自分が作ったように見せかけ、曲を売り出して名声を得ていた。

デラクルスは生者の国で、この事実が明かされないようにヘクターの写真を奪い、ミゲルとヘクターを町外れの地下洞窟に落としていた。しかし、真実を知った死者の国のリヴェラ一族は、ヘクターの写真を取り戻そうと、デラクルスのコンサート会場に乗り込み、ステージ裏は乱闘となる。

ミゲルとデラクルスが語った真実は、観客席に繋いだカメラによって公表され、デラクルスの本性が明かされる事となる。非難の的となったデラクルスは、イメルダが、ペピーターによって会場の外へと投げ出され、生前同様に巨大な鐘の下敷きとなってしまうのだった。

 

 

デラクルスのその後について

 

■その後(死者の国にて)

 

コンサート会場で、自身の悪行が公となったデラクルス。コンサート会場にいた人々により、この事実は人伝いに拡散されて行き、人気者から一転し、デラクルスは犯罪者としてのレッテルを貼られてしまう。その一方で、ヘクターの功績は世間へと広く知れ渡り、デラクルスとは対照的に名声を得る事となる。

名声が地に落ち、周囲の人々からは冷ややかな視線と共に罵声を浴びせられ、次第にデラクルスは居場所を失って行く。肩身が狭くなったデラクルスは、人目につかない場所へと生活拠点を移し、ひっそりと暮らして行く。こういった末路となるのではないだろうか。

 

■その後(生者の国にて)

 

ミゲルが生者の国へ帰った後、ココはヘクターが生前、自分に送った手紙や楽譜を所持していており、その事が決めてとなってデラクルスの生前の悪行は、生者の国でも知られる事となる。

この事がきっかけとなり、ヘクターの功績は世間へと広く知れ渡り、娘想いのミュージシャンとして町の名物となる。一方、デラクルスに対する名声は地に落ち、ペテン師として嫌われ、霊廟には忘れてやるという看板が掲げられて封鎖されてしまう。

 

スポンサーリンク

 

「忘れてやる」の意図とは?

 

デラクルスの銅像に書かれた看板は何故、書き換えられる事となったのか。そこには人々のデラクルスに対する怒りが、隠されているのではないだろうか。

悪事が公となる前のデラクルスは、メキシコが生んだスターとして、人々に賞賛される人物であった。しかし、デラクルスの本性が現わとなった事により、人々は深い失望と共に怒りを感じた。

その為、人々にとって誇りであったデラクルスの事など、記憶から消してやる。そういった皮肉が、あの看板には込められているのではないだろうか。

 

 

デラクルスに家族はいる?

 

物語の中で、デラクルスの家族が出て来るシーンは無く、家族がいたかは定かとはなっていない。年に1度、他界した先祖が家族に会いに来るという死者の日だが、そんな大切な日にデラクルスは、死者の国でコンサートやパーティーを開催していた。

もしデラクルスに家族がいたならば、コンサートやパーティーなど開かずに家族の元を訪れ、年に一度の再会を喜び合うのではないだろうか。死者の国に留まるという事は、自分には会いたい人などいないという、デラクルスの心を表しているような気がする。

この事から考えて、デラクルスには家族がいなかったと考えるのが妥当なのではないだろうか。万が一いたとしても、家族仲が良くなく、自分にとって家族などいないと思い込もうとしていた可能性もある。

 

 

ミゲルを家族として受け入れた理由とは?

 

ミゲルが自身の家族では無いとわかっていながら、何故、デラクルスはミゲルを自身の孫として受け入れたのか。2つの理由が考えられる。1つ目は、自分の事を憧れの存在だとして、慕ってくれるミゲルを愛おしく感じた為、自分の家族として受け入れた。

2つ目は、ヘクターを殺したという後ろ暗い過去を隠す為、ミゲルを自身の家族として受け入れた方が、自分にとって都合が良かった。

チャンスの為ならば手段を選ばず、◯◯にも手を染めるという冷酷なデラクルスの本性を見る限り、ミゲルを家族として受け入れた理由には、自身の都合の為であると考えるのが妥当なのではないだろうか。

 

 

最後の死因とはいったい?

 

真実を知ったリヴェラ家によって、追い詰められ事となったデラクルス。ヘクターの写真を取り戻そうとするリヴェラ家と乱闘となり、写真は死守するものの、ついにはコンサートの舞台裏で本性を現した一部始終をカメラで撮影され、死者の国の観客達に悪事が知られる事となってしまう。

最終的にイメルダが従えるアレブリヘのペピータに捕まって、はるか彼方へ放り投げられ、運悪く巨大な鐘の下敷きとなってしまった事が、デラクルスの最後の死因である。

これは生前、デラクルスが歌唱中に舞台道具の巨大な鐘の下敷きになった際と同じ死に方であり、死者の国においても、かつての過ちを反省するどころか、自身の為に人の命を奪おうとしたり、悪行を働いた報いだったのかもしれない。

 

「リメンバーミー」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 25万本の動画を配信中!(2022年1月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

リメンバーミーの動画を無料視聴する方法

別の記事にて、映画「リメンバーミー」の動画を無料視聴する方法を解説しています。宜しければご覧ください。

リメンバーミーの動画を無料視聴する方法を解説

 

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!