【珈琲いかがでしょう】全話フル動画の見逃し配信、再放送など無料視聴する方法を解説!

中村智也さんが主演のドラマ「珈琲いかがでしょう」は、元ヤクザの男性が見た目も中身も180度変わって穏やかになって、珈琲を飲んだお客さんが抱える葛藤を受け止め、前に進むためのきっかけを与えるというストーリーです。

この記事では、ドラマ「珈琲いかがでしょう」について

  • 再放送
  • 視聴率
  • 全話を見逃し配信で無料視聴する方法

を解説していきます!

「珈琲いかがでしょう」と「珈琲もう一杯いかがでしょう」が無料で観れる!

↓      ↓      ↓

\ ParaviはTBSやテレビ東京の名作ドラマが見放題!/

>>無料期間中(2週間)の解約なら、料金はかかりません<<

 

 

【珈琲いかがでしょう】再放送情報と視聴率

 

ドラマ「珈琲いかがでしょう」の再放送や視聴率について、表にしてまとめました。再放送に関する情報は確認できませんでしたが、4月27日から5月1日までの間に深夜の時間帯に5分程度で見どころを紹介するショート番組があります。

話数 放送局 放送日/再放送日 視聴率
(オンエア時)
第1話 テレビ東京 4月5日 3.5%
第2話 テレビ東京 4月12日 1.9%
第3話 テレビ東京 4月19日 2.4%
第4話 テレビ東京 4月26日
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話

 

 

 

【珈琲いかがでしょう】見逃し配信動画を無料視聴する方法を解説

 

ドラマ「珈琲いかがでしょう」は、テレビ東京系列のドラマになるのですが、取り扱いのある動画配信サービスはTverのサービスとなります。

※下の表の内容は、2021年4月25日時点のものです。現時点では配信が終了している可能性もあるので、最新の情報は各動画配信サービスのウェブサイトにてご確認ください。

サービス名 配信状況 無料期間と
料金(税込)
  • ドラマ本編
  • 珈琲もう一杯いかがでしょう
2週間無料
月額1, 017円
Paraviで観る
Tver 最新話のみ1週間限定配信 無料
2週間無料
月額976円
31日間無料
月額2,189円
2週間無料
月額1,026円
初回お試し無料
月額550円
2週間無料
月額960円
30日間無料
月額500円
トライアルなし
月額990円~

 

Tverは毎週最新話のみが1週間限定で観られますが、過去の放送回を観る事ができません。そこでおススメなのが、動画配信サービスのParaviです。以下Paraviの解説となります。

 

Paraviの特徴

 

無料期間 2週間
月額料金 1, 017円(税込)
追加料金 対象作品のみあり
配信作品数

 

動画配信サービスのParaviは、TBSとテレビ東京のドラマ作品を主に取り扱っています。スピンオフ作品にも力を入れているので、ドラマと共に楽しめます♪

また、他の動画配信サービスとの違いは、対象作品のみとはなるものの「ディレクターズカット版」(ドラマではカットされたシーンを含むバージョン)や、「総集編」を扱っているところです。

また、有料会員になるとレンタル作品に使用できる550円(税込み)のチケットが毎月貰えるので、新作映画などに利用できます!

パラビとは?登録方法、無料期間~解約までの流れを解説!パラビとは?登録方法、無料期間~解約までの流れを解説!

※ご案内している内容は、2021年7月1日時点の情報です。最新の情報はParaviウェブサイトにてご確認ください。

Paraviには、2週間の無料期間があるので、無料期間内に解約をすれば料金は発生しませんが、「珈琲いかがでしょう以外にも以下のような作品の取り扱いがあるので、少なくとも1クールくらいの期間はご利用になることをおススメします。

以下、Paraviで観られる国内ドラマ(一部)です。

Paraviで観られるドラマ
  • 半沢直樹(2013年、2020年版)
  • テセウスの船
  • 下町ロケット(特別総集編、2018年版)
  • 初めて恋をした日に読む話
  • 珈琲もう一杯いかがでしょう
  • リコカツ
  • 俺の家の話
  • 天国と地獄
  • ドラゴン桜(2005年版、2021年版)
  • オーマイボス

※ご案内している内容は、2021年7月1日時点の情報です。最新の情報はParaviウェブサイトにてご確認ください。

 

 

「珈琲いかがでしょう」と「珈琲もう一杯いかがでしょう」が無料で観れる!

↓      ↓      ↓

\ ParaviはTBSやテレビ東京の名作ドラマが見放題!/

>>無料期間中(2週間)の解約なら、料金はかかりません<<

 

 

【珈琲いかがでしょう】感想

 

50代女性

運転手の菊川のストーリーは、切なさ爆発でした。でもまた珈琲を楽しめるようになって良かったです。折角生きているのだから、楽しまないと。いつも美味しそう珈琲を淹れてくれている青山ですが、今回は更にカフェのモタエのシーンにも珈琲のうんちく満載で、知識も得られ大満足です。

また、青山が組を抜けるシーンで、その理由として「美味しい珈琲を淹れたいから」と言っていましたが、その言葉の通りとは思えず、その裏にはもっと深い意味が含まれているのではと思っています。

かの有名なヨン様を意識している姿が今でもかなり記憶に新しいですが、戸次重幸さんが演じていた飯田正彦役が今までのキャスティングでは一番印象的なものがありました。

ビジュアルはもちろんのことちょっと大人びた雰囲気を出しつつ周りにマウントをとっているかのような鼻にかかったキャラクターが可笑しくも感じられました。

全体的なストーリーとしては中村倫也さんを中心としていることから演技的な部分においてはしっくりくる構成にある作品だなあと今のところ観たくなる内容になっています。

30代男性

30代男性

青山の過去は思ったよりも強烈で悪だったんだなという印象です。しかもその業界では有望株で、未だ彼を欲しいと追われてると。

よっぽど悪い事をしてきたのでしょうが、彼にはコーヒーにまつわる深い過去がありそれにより荒んだ生活をやめて美味しいコーヒーを淹れて人の心を癒す道を選んだ。

次回、それがどんな過去だったか気になります。今回の悪だった部分との対比で、コーヒーには人を変える力がある事を観てみたいと思います。

様々な悩みを抱えた訳あり人生を送っている人々に、自らが入れたコーヒーの味と香り、更にその人の生き様や人格を決して否定しない柔らかな接客ぶりで、大きな癒しと新たな人生へ向かう気付きを与え続ける中村倫也扮する主人公・青山一。

そんな青山の姿が大変魅力的に描き出されているだけでなく、彼自身が引きずった過去が徐々に明らかになってゆくミステリアスなストーリー展開も大変興味深いもの。

コーヒーを軸にしたハートウォーミングな群像劇としても、暗い過去を過去を辿るミステリーとしても楽しめる、上質なエンターテインメント作品に仕上がっていると思います。

50代男性

50代男性

いつも優しい口調で話す青山一は、なぜ珈琲屋になったのだろうか?不思議でなりません。入れる人によって、味が変わってしまう珈琲は、独特な雰囲気を醸し出しています。

甘みもあり渋さもあり、深みが増すことで大人の味になる珈琲と出会いはいつからなのか興味があります。暗い過去を持っていても、表に出さない青山一です。

謎の男に追われているので、逃げてる状態になっているのかも知れません。各地を転々とすることで、ジプシーのような味になっています。

第4話「ガソリン珈琲」では、青山一が珈琲の魅力をしっかりと伝えることができていたと思いました。セルフでガソリンを入れ始めていた運転手である菊川が珈琲は、絶対に飲まないと決めていると言っていたが、最終的に珈琲を飲むことができたことに安心しました。

無愛想だったが、笑顔を取り戻して妻と珈琲のお話をしていたシーンに幸せを感じられました。ドラマを観ていくに連れて、珈琲を飲むことの魅力、精神が安定することが伝わってきました。

30代男性

20代女性

個人的には、足立梨花さんが出演していた回が印象に強く残りました。最初は上司の前で媚びを売る見るに堪えない嫌なな女性社員としか思えなかったけれど、観ているうちに彼女は彼女なりに努力してあのような振る舞いを身につけていたのだと分かりました。

誰にでも事情があることを思い知らされてハッとしました。そして、いつも自販機の手軽なコーヒーで済ませている彼女がわざわざ時間のかかるコーヒーを注文して飲んで、どこか安らぎに満ちた落ち着いた表情を浮かべていたのが脳裏に焼き付きました。

元バリスタチャンピオンでコーヒー界の重鎮であるモタエさんから教えて貰えるなんて、ワークショップの生徒さんたちは光栄でしょうねと、コーヒー好きな青山は素直に思ったんだろうけれど、

片道3時間掛けて来ている垣根さん以外の3人は、高級なコーヒーカップに入れられたコーヒーを、やっぱり味に深みがありますねと、いつもと同じコーヒーを飲みながら語っていて、見た目が全ての基準なんだと、コーヒーの味を知りたいんじゃないんだなと、そのことがモタエさんにとって寂しいんだろうなと感じました。

40代女性

40代男性

青山が有名なカフェ店主のモタエに幻のコーヒー豆を持っていった場面が印象的でした。そこに志麻が現れたことで隠れてしまう青山が志麻に顔を会わすことなく去って行こうとしました。一期一会に慣れている青山が黙って去って行くという場面になるんだろうと推測していたらまさかのぺいが現れてしまうというのは想定外でした。それにより志麻にも捕まってしまう青山という流れはびっくりでした。クールな青山が焦り戸惑うというのが新鮮に感じました。

20代男性

中村倫也演じる主人公青山一はキッチンカーで移動販売を行うカフェのバリスタ。いろいろな場所に出店をすることから、ゲストもたくさんの方が出演されておりその人たちにあった注文を受けコーヒーを提供していきます。

ほっと一息つくことのできるコーヒーを飲みながら、仕事の悩みなど普段抱えていることを青山に話しながら少しずつ自分の心のわだかまりがほころんでいくお客さんたち。

仰天のエピソードやハラハラドキドキというよりかは、ほっと心落ち着くようなドラマ。そんな形から始まった1話目でしたが回を重ねるごとに少しずつ環境に変化が。青山の前の職業とは?今後が気になります。

 

「珈琲いかがでしょう」と「珈琲もう一杯いかがでしょう」が無料で観れる!

↓      ↓      ↓

\ ParaviはTBSやテレビ東京の名作ドラマが見放題!/

>>無料期間中(2週間)の解約なら、料金はかかりません<<

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!