【ドラマ阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし動画】見逃し配信は無料視聴できる?再放送情報とまとめて解説!

この記事では、ドラマ「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」の見逃し配信動画をお得に観る方法や、再放送について解説していきます。

 

「NHKのドラマ」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 25万本の動画を配信中!(2022年1月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

【阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし】再放送について

 

ドラマ「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」の再放送についてですが、土曜日の深夜0時20分より最新話の再放送があるようです。

しかし、うっかりして見逃してしまい可能性も考えられるので、下記にてご案内する動画配信サービスを利用することで確実に観られるのでおススメです!

 

【阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし動画】見逃し配信動画をお得に観る方法

 

ドラマ「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」を観られる動画配信サービスは、U-NEXTまたはAmazonプライムビデオ内にあるNHKオンデマンドになります。

NHKオンデマンドは月額料金990円(税込み)なのですが、U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントを貰う事ができてそれを利用料金に充てる事ができるので、実質390円で視聴することができます!

また、U-NEXTでは2か月目以降は1200ポイント貰う事ができるので、2か月目以降はNHKオンデマンドを実質無料で利用することができます!

Amazonプライムビデオでも、NHKオンデマンドの取り扱いはありますが、Amazonプライムビデオの月額料金に加えてまるまる月額990円(税込み)も発生するのであまりおススメできません。

ですから個人的には、「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」以外にもNHKドラマの人気作品を豊富に観られますし、U-NEXTでも様々な作品が楽しめますので、暫くの間(2~3か月程度)は契約更新をされることをおススメします。

※各動画配信サービスの無料期間は、初回登録時のみ適用となりますのでご注意ください。

※この情報は、2021年11月9日の情報です。現時点では配信が終了している可能性もあるので、最新の情報は各動画配信サービスのウェブサイトにてご確認ください。

 

サービス名 配信状況 無料期間と
料金(税込)
U-NEXT内の
NHKオンデマンドにて配信
31日間無料
月額2,189円
U-NEXTで観る
配信なし 2週間無料
月額1,026円
配信なし 2週間無料
月額976円
配信なし 初回お試し無料
月額550円
配信なし 2週間無料
月額960円
NHKオンデマンド
(月額990円:税込み)にて
視聴可能
30日間無料
月額500円
配信なし トライアルなし
月額990円~

 

U-NEXTについて

 

※ご案内している内容は、2022年1月1日時点の情報です。最新の情報はU-NEXTウェブサイトにてご確認ください。

無料期間 31日間
月額料金 2189円(税込)
追加料金
  • 見放題作品の場合は無し
  • 対象の作品は有料
配信作品数 25万本を配信、内22万本が見放題
(2022年1月1日時点)

 

 

日本国内のメジャーな動画配信サービスといえば、「U-NEXT」と名前が挙げられますが、知名度や動画配信数の豊富さ(2022年1月1日時点で24万本を配信中)からも裏付けられると言えるでしょう。

また、動画配信のみならず、(有料ですが)電子書籍の取り扱いもあり、原作漫画も読む事ができます。

これは、FOD PREMIUMを除く他の動画配信サービスにはない特徴なので、アニメと共に原作を読んでみたいという方にはおすすめなサービスです!

月額料金が2,189円と他のサービスと比べると高めですが、有料コンテンツに使えるポイントが毎月1200ポイント貰えるので、実質は989円という価値になります。(初月は600ポイント)

 

また、別の記事でU-NEXTの登録方法や解約方法について解説をしていますので、よろしければお読みください。

U-NEXTの登録方法

【U-NEXT】登録方法や無料トライアル期間~解約までを全解説!【U-NEXT】登録方法や無料トライアル期間~解約までを全解説!

U-NEXTの解約方法

U-NEXTの解約・退会U-NEXTの解約・退会方法の違いと注意点まとめ!無料期間中の方必見!

 

「NHKのドラマ」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 25万本の動画を配信中!(2022年1月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 

【注意事項】違法動画はダメ!絶対!

 

「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」に限った話ではなく、数ある違法サイトでも作品によっては視聴することができます。

しかし、それらのサイトを利用することは、

  • 画質が荒い
  • 怪しい広告が多く、ウイルスに感染するリスクが高い

といったリスクにさらされます。

加えて、電子書籍の海賊版サイトでもあったように、現在では違法サイトを厳しく罰する風潮も強いですし、罰金刑や懲役刑を課される恐れがあります。

「映画館に行こう!」実行委員会日本民間放送連盟という団体が、映画館を中心に違法にアップロードされている動画は観ないようにという警告もしています。

特に、下の動画の「NO MORE 映画泥棒」のCMはご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか?

「映画館に行こう!」実行委員会:「NO MORE映画泥棒」劇場用CM動画

 

引用元「映画館に行こう!」実行委員会 公式YouTube

ですから、個人的にも違法サイト経由で動画視聴することはおススメできません。ですから、この記事にてご案内する動画配信サービスをご利用頂くことが最も安全でおススメできる方法となります!

 

詳しい内容につきましては、各団体のウェブサイトをご覧ください。下記のリンクからアクセスできます。

 

【阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし】感想

 

※1話時点での感想です。

 

30代男性

木村多江、安藤玉恵さんの活躍に注目して、ドラマを観ることができました。2人の演技力は素晴らしく感じました。お笑い芸人として頑張っている中で、アルバイトにも一生懸命になれることは、素敵なことだと考えられました。

2人は疑似姉妹ですが、仲良く頑張ってほしいです。アルバイトをしないで、お笑い芸人1本で生活できるレベルになることを期待していきたいです。エリコがミホと一緒にいると楽しいと感じているシーンを観て、ほっとしました。

 

タイトル通りの、特に大事件も起こらないのほほんとした阿佐ヶ谷姉妹そのままのどらまで、見終わったあとは自然と笑顔になっていました。

過激な描写や不倫などを扱う作風とは違う優しさが心ににいい感じに響いてまた見たいなと思いました。

配役もなかなかで、お姉さん役の木村多江さんがすごく本人に似ていてびっくり。他の作品でいつも見ている木村多江さんの演技とは全く違っていて、

姿かたちだけでなく動き方や話し方などを研究されたんだなぁと感心しました。
脇役の研ナオコさんもいい味が出ていました。

50代女性

 

 

50代女性

2人は初めから仲良しなのだと思っていましたが、少し違いました。ミホはマイペースで素直に話せません。エリコは心配性で少しおせっかいです。

コンビを組んでなかなか売れずにアルバイトをしていた2人は、生活も慎ましいです。でも、近所の人と仲良しで、応援してくれます。

エリコが豆苗好きな理由がわかりました。大家さんが豆苗を見るとエリコを思い出すと持ってきたのです。ミホはエリコの家に頻繁にきますが一緒には住みません。エリコに頼る事が許せなかったのだと思います。

でも、一緒にいると楽しいから住もうと言われて決心しました。ミホが大荷物を持って自転車で引っ越す姿に笑えました。エリコは心から嬉しそうでした。

 

 

木村多江さんと安藤玉恵さんの阿佐ヶ谷姉妹の演技が予想以上のクオリティで本当にすごかったです!

お姉さんのほうがテレビでお見かけすることが多かったのでそのイメージが強かったですが、今回のドラマを見て妹の美穂さんもだいぶ変人なんだなと思いました。

私はそんな彼女と暮らすのは無理そうですが、パンツかして、という申し出も引き受けてしまう絵理子さんの懐の大きさにただ感動すら感じました。初回では絵理子さんが美穂さんを同居に誘う場面が描かれましたが、なかなか承諾しない美穂さんが面白かったです。

30代女性

 

 

40代男性

江里子さん、美穂さん二人の会話が穏やかでユーモアがありずっと聞いていたくなるんだよなと感じました。

自分で小さな人間だとは言うが包み込むような優しさがある江里子さんとちょっと訳のわからないコメントをする美穂さんの日常的会話はクセになってしまうものがありました。

予想もつかない展開というのはあり得ないですが独特な阿佐ヶ谷姉妹のやりとりは本当に面白いんです。特に木村多江が江里子さんの喋り方をよく研究しているなと感じました。むちゃくちゃ似ている時があるんです。

 

 

しっかりしている江里子とちょっとぼーっとしている美穂の、見た目は似ているものの中味は全く違う二人を上手く表現しているなぁと思いました。

とにかく美穂の独特な性格が目につき、よくそんな彼女と一緒に住みたいと思ったなぁと感心しています。

一人暮らしで寂しかったのも大きいのかなぁと感じます。しかし、美穂の打っても響かないような性格にビックリしています。また、ドラマでの久しぶりの研ナオコさんの登場も嬉しい点でした。

50代女性

 

 

50代女性

“自分の部屋に着替えどころか下着のパンツまで借りていつくミホを追い出すどころか「一緒に暮らしましょう」というエリコは偉いです。

確かに二人で住めば家賃・光熱費は半分ですが、ミホって家事をやってくれているんでしょうか? エリコの家が阿佐ヶ谷駅から5分、ミホはそこからさらに15分だと、ミホは確かに自分の部屋に帰るのが億劫でしょう。

ミホはエリコの同居の提案をずっと拒んでいましたが、そこはいつのまにか居つくひも体質の男よりずっとましな感じがしました。

薄幸な役の似合う木村多江ですが、彼女コメディもいけるんだと感心しました。演じるしぐさが阿佐ヶ谷姉妹そっくりで驚きです。

 

 

擬似姉妹である、お笑い芸人の阿佐ヶ谷姉妹の江里子と美穂。心配性な姉江里子と自由気ままな性格である美穂。

一見すると正反対な感じのする2人ですが、とても波長があい、親友というか、本物の姉妹の様だなと感じました。2人が共に過ごしている時間は、とてもゆっくりとした時間が流れ、観ている側もほのぼのとした気持ちになりました。

江里子の推しもあり、一緒に住む事となった2人ですが、これからどんな物語が生まれていくのか楽しみです。

30代女性

 

 

30代男性

そもそもが意表を突いた発案の元で展開する物語である点が面白みになっていると想います。独自の感性を持つタレント二人が人生のなかで得た価値観を反映させて描く物語性には、共感出来る点があります。

また、阿佐ヶ谷姉妹の持つ素朴でいて明るい人間性には好感が持てました。ほんのりとした空気感の中にクスリと笑えるものがあり、それとなく人生教訓を学び取ることも可能な作品性は後味が良いもので好きです。今の御時世を考えても、こういうテーマの作品があって悪くないと思えました。

 

 

ドラマなのに何事もなく淡々と過ぎていく内容とはビックリで、テレビのバラエティー番組で見かける阿佐ヶ谷姉妹のコミカルさは作っているモノとばかり考えていましたが、普段の生活から既にコミカルに過ごしている2人の生活ぶりにはクスクスと笑わせて貰いました。

面倒見のイイお人好しな江里子さん、自由奔放で気の向くままに生きる美穂さんとそれぞれの個性の違いをハッキリとさせてくれたので、今までは区別がつきにくかったのが解消してくれたのは有り難く感じました。

美穂さんが毎晩のように江里子さんの自宅に来ていたのは一緒に暮らそうと言わせるためだった気がして、人のイイ江里子さんはまんまと美穂さんの罠に掛かったなと思います。

30代男性

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!