【阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし】6話ネタバレと感想、見逃し配信動画まとめ!

この記事では、ドラマ「阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし」第6話ネタバレを含むあらすじと感想、見逃し配信動画に関する情報をまとめていきます!

 

「阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 25万本の動画を配信中!(2022年1月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 
スポンサーリンク

 

【阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし】6話ネタバレを含むあらすじ

 

木村美穂がセミダブルの布団を買った事により、自身の陣地が狭くなった事に対して、渡辺江里子はマネージャーの大高に相談する。そこまでは自身もマネージメント出来ないとして大高は困惑するがらどうにかして欲しいと訴えられて、美穂に何故セミダブルの布団を買ったのか尋ねる。

すると美穂は、以前使っていた布団が古くなった為、買い替えセミダブルを買ったのは特に理由が無い事を伝える。2人が揉めている姿を見て、大高は今よりも広い部屋に引っ越すように勧めるが、江里子はそこまでではないと引っ越しを否定するのだった。

仕事から帰宅する中、江里子は美穂をお茶に誘うが、美穂は1人で買い物をするからと去って行く。江里子は、時々美穂が1人の時間を欲しがる事に対して、寂しさを感じていた。そんな中、2人が行きつけの中華料理店の朝來は未だに休んでおり、江里子は、心配するのだった。

阿佐ヶ谷姉妹がラジオのゲストに登場する中、2人暮らしについて聞かれ、江里子は大変だが楽しいと話す一方で、美穂は微妙な反応を示していた。そして、仕事を終える中、美穂は江里子を置き去りにして、1人足早に帰って行ってしまう。

江里子は自分が何かしたかと心配となり、理由を尋ねると美穂は江里子といる時間が長過ぎて息が詰まっている事を明かす。江里子が、この事を大高に相談すると良くない事だとして、解散する危機があるかもしれないからと引っ越しを再度勧める。

偶然、大家の安澤寛子がこの話を聞いており、2人が気まずそうな表情を浮かべる中、大家は出て行って欲しくない気持ちもあるが良いと思うと伝えるのだった。帰宅した江里子が率直な意見を求めると、美穂は引っ越しに前向きである事を伝える。

しかし、コンビを解散するつもりは無いと聞き、江里子は安堵する。江里子がスーパーで買い物をする中、美穂から連絡が入り、村本孝代が亡くなった事が伝えられる。2人が朝來に向かうと商店街の人々が店に集まっていた。

お世話になった人々に会わせるには自宅よりも店の方が良いと考えて、店に祭壇が作られていた。夫の英明は、妻と出会った時の事を話し始め、妻との思い出を語りながら涙を流し始める。そして、阿佐ヶ谷姉妹について良く話していた事を明かす。

英明の話を聞く中、江里子は涙が止まらなくなる。美穂は店から出ると、その場にしゃがみ込み、必死に堪えていた涙を流し始めるのだった。

その後、1人暮らしをしようとしていた美穂が、自身と暮らす計画を立ていたと知り、江里子は嬉しさを爆発させ、寝ている美穂に話しかけるのだった。

2人が新たな住まいの部屋割りについて想像を膨らませる中、互いの貯金額を確認する。すると、江里子のお金のだらしなさが露わとなるのだった。
 

スポンサーリンク

 
 

【阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし】6話感想

 

 

 

「阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし」を観るなら要チェック!

↓      ↓      ↓

\ 25万本の動画を配信中!(2022年1月1日時点)/

 

>>無料期間中の解約なら0円です<<

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!