NETFLIXをテレビで見る方法7選とデバイスを徹底解説!

NETFLIXをテレビで見る方法7選とデバイスを徹底解説!

Netflixはオリジナルのコンテンツが非常に多く、質の高い作品ばかりで、さまざまなジャンルのコンテンツが楽しめます。せっかくNETFLIXを見るならテレビの大画面で、楽しみたいものです

この記事ではNETFLIXをテレビで見るための方法を紹介し、最も良いのはどの方法なのかを説明していきます。 この記事をお読みいただくことで、NETFLIX をテレビで見る方法がわかるようになりますので、最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

 

NETFLIX をテレビで見る為のデバイスをご紹介!

 

NETFLIXをテレビで見るためのデバイスと価格をまとめました。

  1.  HDMI ケーブル 500円~
  2. Fire TV Stick Fire TV Stick 4980円
  3. Fire TV Stick 4K 6980円
  4.  Chromecast Chromecast 約5000円
  5. Apple TV HD 15800円
  6.  スマートテレビ 5万円以上
  7. ゲーム機 3万円以上
  8. ブルーレイプレイヤー 1万円以上

 

HDMI ケーブル

パソコン、スマホやタブレットを直接テレビに繋いで、スマホやタブレットの画面をテレビに表示させる方法です。

 

Fire Tv Stick

amazonが開発した小さなスティック型のでばいす端末です。便利さ、簡単さ、コスト面で優れています。

 

Chromecast

Googleが開発したChromecastを使えば、NETFLIXをテレビで見ることができます。スマホやタブレット、パソコンをリモコン代わりにして、テレビを操作することになります。

 

Apple TV

Apple TVというデバイスを使うことも可能です。アップル製品でNETFLIXを選び、AirPlayというシステムを使い、Apple TVによってNETFLIXを視聴するという方法です。

 

スマートテレビ (SONY BRAVIA、SHARP AQUOS など Android 搭載のテレビ)

インターネット機能がついたテレビであれば、テレビからNETFLIXにインターネットでつないで視聴可能です。

 

ゲーム機

各ゲーム機をテレビに接続し、NETFLIXのアプリを導入することによってテレビでNETFLIXを楽しめるようになります。

 

ブルーレイプレイヤー

NETFLIXに対応したブルーレイプレイヤーであれば、ブルーレイ機器をインターネットに接続することによりNETFLIXをテレビで視聴できるようになります。

 

NETFLIX をテレビで見るための 7 通りの方法を具体的に解説!

 HDMI ケーブル

 

HDMIケーブルと、パソコンではそのまま、スマホ・タブレットでは変換器を使えば視聴できるので、費用がかからないのが最大の利点です。

HDMIケーブルで直接繋ぐ方法のデメリットは、利用するたびに接続しなければならず手間がかかるという点です。NETFLIXを視聴するたびに、毎回HDMIケーブルとテレビをつながなければならないのです。

その他にも、スマホ・タブレットのパケットの消費がひどいのでWi-Fiを準備しなければなりません。

スマホ・タブレット側に専用のHDMI変換アダプターを接続して、HDMIケーブルで端末とテレビに接続するだけです。変換アダプターは端末の種類によって違いますので、注意しましょう。

 

 Fire TV Stick

 

他社の同じような機能の端末と比較するとコストパフォーマンスが優れています。接続も操作も簡単です。コンパクトなので持ち運びもできます。

Fire TV Stickのデメリットは、Wi-Fi接続ができない環境では利用できないというところです。

Fire TV StickをテレビのHDMIのところに接続します。そして付いてきたアダプターをスティックに接続して、もう一方はコンセントにさします。

 

Chromecast

 

Chromecastのメリットは、設定が容易なことです。スマホなど手持ちの端末がリモコンになるので簡単に操作することができることです。

不便な点は、Wi-Fi接続を必ずしなければならないことです。。4K対応のChromecast Ultraであれば、ケーブルでの接続ができるようになります。 また、リモコンというものがないので、スマホなど操作できる端末を持っていない人は利用できません。

 

Apple TV

 

Apple TVの外観は、とても美しいデザインです。また、NETFLIXの他の動画配信サービスも使うことができます。

Apple TVのデメリットは他の同じような端末に比べて価格がかなり高くなっていることです。NETFLIXを見るためのためだけにデバイスを買うというよりも、アップル製品の連携により利便性を増すということが本来の目的となります。

HDMIケーブルでApple TVとテレビを接続します。 iphoneなどでNETFLIXのアプリをインストールします。好きなコンテンツを流して、AirPlayの使用を開始し、Apple TVを選べばテレビで視聴可能です。

 

 

スマートテレビ

 

スマートテレビのメリットは、他のデバイスを購入する必要がないということです。テレビをシンプルな操作でインターネットに接続させれば、他の端末のように何かを設定したり取り付けたりということもありません。

デメリットは、スマートテレビを購入する場合、その金額が他のデバイスと比べて極めて高額になるということです。Fire TV Stickなどの外部接続デバイスを購入した方がコストパフォーマンスがよいです。またスマートテレビに付いているリモコンでは、インターネットやNETFLIXを思うように操作することが難しいということもデメリットになります。

 

 

ゲーム機

 

PS3、PS4、WiiU、XBOX 360、XBOX ONEでもNETFLIXをテレビで視聴することができます。ゲームをすることも好きな方であれば、ゲームもNETFLIXも楽しめるので非常に便利なデバイスとなります。

しかし、NETFLIXを見るだけのためにもゲーム機を起動しなければならず、ゲーム機自体も他のデバイスと比べると、値段が高いのでゲームをしない方にとっては他のデバイスを選んだ方がコストパフォーマンスがよいと言えるでしょう。

また、任天堂のSWITCHには対応していないので注意が必要です。

 

 

ブルーレイプレイヤー

 

NETFLIXに対応しているブルーレイプレイヤーでも、テレビでNETFLIXを見ることができます。現在のところでは、パナソニックのディーガシリーズやソニーのブルーレイプレイヤーに対応しています。

ブルーレイプレイヤーのリモコンだけで、テレビの操作ができるのでいろいろなリモコンを使わなくてよいので、すっきりするところがアドヴァンテージとなっています。
ただし価格が高いことと対応している機種が少ないところがデメリットとなっています。

 

NETFLIX を観るのに一番おススメなデバイスは?

 

Fire TV Stickはコストパフォーマンスが一番優れています。

Chromecastと比べてみても4K対応モデルではかなりの価格差が出てきてFire TV Stickの方がかなり安いです。Apple TVと比較してみてもかなりの価格差が出てきます。Fire TV Stickはその価格と機能の多様さにおいてきわめて優れているということができます。

NETFLIXをテレビで見るための費用をなるべく抑えてしかも手軽に見たいならば、Fire TV Stickがおすすめです。

価格面だけでなく、使い勝手が素晴らしいのもFire TV Stickの魅力。

リモコンがアレクサに対応しているので、面倒な時にはリモコンに言葉をかけるだけでdアニメストアをテレビで見ることができます。性能も他のデバイスと比べて高くなっているので反応も快適さがあります。

また端末が小さいので、どこかにもっていく場合でも荷物にはなりません。NETFLIXだけでなくても、いろいろな動画配信サービスを利用することができるますし、YouTubeをみたり、インターネット検索をすることも簡単にできるようになります。

低価格で高性能なFire TV Stickはかなりおススメのデバイスです。

この他、パソコンとテレビをつなげられる環境の方であれば、HDMIケーブルを使えば、一番安価にテレビでNETFLIXを楽しむことができます。

まとめ

ここまでをまとめると次のようになります。

・NETFLIXをテレビで見るのには7通りの方法があります

・NETFLIXをテレビで見る方法の中ではAmazon Fire TV Stickが価格面でも安く、その他の機能も豊富なのでおススメです

・パソコンとテレビをHDMIケーブルで接続できるならば、それが一番安価です。

・それぞれのデバイスには必要となるものがあるので事前に準備しておいて、スムーズに視聴できるようにしましょう。

NETFLIXをテレビ画面で視聴する方法を徹底解説してきました。ご自身の通信環境やコストなどを比較して、 テレビの大画面で迫力ある映像を楽しんでくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!